2021年10月17日 (日曜日)

フュージョン・ジャズの完成形

米国シカゴ出身のピアニストのレジェンド、ラムゼイ・ルイス(Ramsey Lewis)。2018年、音楽界からの引退を表明した。う〜ん、惜しいなあ。でも、引退の記事を読むと、83歳となった今「移動が前に比べて困難になってしまった」とのこと。寄る年波には勝てない、ということだが、ジャズ者初心者の頃からお世話になったレジェンドの1人なので、この引退の報には万感の想いがあった。

ラムゼイ・ルイスと言えば、1965年の『The 'In' Crowd』。このファンキー・ジャズ、ソウル・ジャズの究極形ライヴ盤は、ジャズ者初心者の頃、良く聴いた。そして、フュージョン・ファンク、R&B系フュージョンに転身して、アース・ウインド & ファイアーのモーリス・ホワイトとともに制作『Sun Goddess(太陽の女神)』や『Salongo』『Tequila Mockingbird』は学生時代に良く聴いた盤である。

Ramsey Lewis『Ivory Pyramid』(写真左)。1992年の作品。GRPレーベル移籍第一弾。ちなみにパーソネルは、Ramsey Lewis (ac-p). Mike Logan (el-p), Charles Webb (b), Steve Cobb (ds, perc), Henry Johnson (g)。フュージョン・ジャズの完成形を思わせる、演奏良し、曲良し、録音良し、の3拍子揃った好盤である。
 

Ivory-pyramid_1

 
まず、とにかく音が抜群に良い。オーディオのリファレンス盤として、活用している方々がかなりいるという話も頷ける。まず、重低音で腹を揺さぶる様なベースの音が生々しい。ピアノの音の鮮度の良さと響きの豊かさが極上で、ドラムの臨場感が半端ない。ギターのサスティーンの伸びとボーカル・コーラスの倍音の響きが心地良い。

当然、それぞれの曲の演奏も素晴らしい。1992年の作品なので、一聴した時点での演奏のテイストは、深いエコーのかかり方と併せて「スムース・ジャズ」かな、と思うのだが、聴き進めて行くうちに、リズム&ビートのファンクネス、エレギのアドリブ・フレーズの作り方、ラムゼイ・ルイスのアコピのテイスト、どれもがしっかり「フュージョン・ジャズ」していることに気が付いて、何だか嬉しくなる。

心地良さを前面に押し出したスムース・ジャズでは無い、楽器それぞれの演奏テクニックと「音」、そして、アドリブ・パートの展開の「妙」が聴きどころの「フュージョン・ジャズ」の完成形がこの盤に詰まっている。ラムゼイ・ルイスの音の基本である「ファンクネス&ソウルフル」な要素もしっかりと織り込まれていて、なかなか聴き応えのある、1990年代のフュージョン好盤である。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年7ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

2021年10月 9日 (土曜日)

エレ・マイルスを進化させる者

高校1年生の頃だったか、マイルス・ディヴィスが来日、とてつもないエレ・ファンクをかましていった、その大阪フェスティバル・ホールの実況ライブ録音をFMで聴いて「スゲぇー」。まず「エレ・マイルス」のファンになった。その4年後、本格的にジャズを聴き初めてから、まず、エレ・マイルスのアルバムを買い漁ることとなる。

このエレ・マイルスのバンドのメンバーって、殆どがマイルスが目に留めた無名の新人を選んでいることを知る。そして、マイルスに鍛えられた新人が、マイルスの下を離れ、後に一国一城の主として、リーダーを張れる一流ジャズマンに育っていく。その「マイルス・スクール」出身の一流ジャズマンのリーダー作を聴くのが楽しみになる。

Kenny Garrett『Sounds from the Ancestors』(写真)。ちなみにパーソネルは、以下の通り。Kenny Garrett (as, vo, el-p), Vernell Brown, Jr. (p), Corcoran Holt (b), Ronald Bruner (ds), Rudy Bird (per) が、メインのメンバー。

ここに以下のメンバーがゲスト参加する。Jean Baylor, Linny Smith, Chris Ashley Anthony, Sheherazade Holman, Dwight Trible (vo), Dreiser Durruthy (bata, vo), Maurice Brown (tp), Johnny Mercier (p, org, Rhodes), Lenny White (snare), Pedrito Martinez (vo, congas)。
 

Sounds-from-the-ancestors_kenny-garrett

 
リーダーのケニー・ギャレットは、1986年から1991年にかけて帝王マイルス・デイヴィスのバンドに在籍。その後、自身のグループを中心に活動する中で、マイルスの遺伝子を受け継ぐ、エキサイティングでスピリチュアルな、エレ・ファンクな音世界をメインに展開している。ストレート・アヘッドなギャレットも素晴らしいが、やはり、マイルスの遺伝子を継ぐ、エレ・ファンクなギャレットが一番だと僕は思う。

今回のこの『Sounds from the Ancestors(先祖からの音)』には、マイルス譲りのエレ・ファンクの音世界が濃厚。そのエレ・ファンクの中に、ヒップホップ、ゴスペル、アフリカ音楽、デトロイトのモータウン・サウンド等を融合して、今までの音世界を一気に拡げ、ポップでスピリチュアルな要素も加え、よりステップアップした「ケニー・ギャレットのエレ・ファンク」を聴かせてくれる。

これが聴いていてとても心地良い。バックバンドのクールでファンキーなリズム&ビートに乗った、スピリチュアルなエレ・ファンクは聴き応えがある。アメリカン・ルーツ・ミュージックの響きが郷愁をそそり、ヒップホップなビートは、ジャズの「今」を感じさせてくれる。ビートはシンプル&クールで、意外とさりげない雰囲気のエレ・ファンクだが、内容はかなり充実している。

どこか、マイルス・ミュージックの「肝」の部分が見え隠れしてる雰囲気が凄く魅力的。ギャレットはマイルス門下生として、ジャズの得意技である「融合」をキーワードに、マイルス・ミュージックを進化させているようだ。上質のエレ・ファンク、上質のコンテンポラリーな純ジャズである。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年6ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

2021年8月29日 (日曜日)

ゲイリー・バーツの異色盤です

ゲイリー・バーツ(Gary Bartz)は、スピリチャル・ジャズ系のアルト・サックス奏者。1970年にマイルス・バンドに抜擢されたことで、メジャーな存在になった。アフリカ回帰的なスピリチャル・ジャズがメインの音楽性を推し進め、1980年代後半以降のレア・グルーヴ・ムーブメントからヒップホップ、クラブジャズにおいて、バーツの作品がしばしばサンプリングされていて、バーツ再評価の動きが高まっている。

僕がジャズを聴き始めた1970年代後半、ゲイリー・バーツはまだまだ尖っていて、バーツのアフロ回帰なスピリチュアル・ジャズは、アフリカン・ネイティヴな響きが心地良いながら、そのスピリチュアルなアルト・サックスは何となく「強面」で、すぐには手を出すことが出来なかった。バーツのスピリチュアルなジャズを抵抗なく聴き始めたのは、ここ20年位かな。

Gary Bartz『Love Affair』(写真)。1978年の作品。ゲイリー・バーツのソフト&メロウ・フュージョン期の一枚。ちなみにパーソネルはおおよそ以下の通り。

Gary Bartz (as, ss, cl, per, vo), Juewett Bostick, Wah Wah Watson, John Rowin (g), George Cables (key), Nate Morgan (syn), Welton Gite (b), Curtis Robertson (b), Tony Robertson, Howard King (ds), Bill Summers (perc, congas), Vince Charles (perc, timbale) Dorothy Ashby (harp), Beloyd Taylor, Patryce "Chocolate" Banks, Sybil Thomas (vo) 等々。
 

Love-affair-1

 
スピリチュアル・ジャズの闘士的アルト・サックス奏者が、ソフト&メロウなフュージョンに手を染めた訳だから、聴く前は半信半疑。聴いて思わず苦笑い。ヴォーカルをフィーチャーした、流麗でスピリチュアルな「フュージョン風ジャズ・ファンク」がてんこ盛り。硬派で尖ったスピリチュアルな要素はどっかへ行ってしまった(笑)。しかし、この音世界を「フュージョン・ジャズ」とするには、ちょっと乱暴かと思う。あくまで、フュージョン風のジャズ・ファンクである。

冒頭「Big Apple Love」は、重厚なホーンのグルーヴにゴスペルチックなコーラスが絡むソウルフルなジャズ・ファンク。4曲目の「At Last」は、チョッパー・ベースが黒く、ブラック・フィーリング効きまくり、ラストの「Giant Steps」は、コルトレーンの名曲だが、ここではブラジリアン・フュージョンなアレンジの「ソフト&メロウなフュージョン・ファンク」曲に変身していて、思わずビックリ。

2曲目では、我が国ではポールモーリア楽団で有名なイージーリスニング曲「エーゲ海の真珠」をカヴァーしていて、これはやり過ぎやろう、と思いきや、バーツの切れ味良く流麗なアルト・サックスを堪能できる、ソフト&メロウなフュージョン調の仕上がりで、意外と聴かせてくれる。

純粋に流麗でスピリチュアルな「ソフト&メロウなフュージョン・ファンク」盤として聴くと、なかなかの内容。バーツのアルト・サックスは、切れ味良く流麗。ファンクネスを湛えつつ、印象的でリリカルなフレーズを連発している。加えて、ドロシー・アシュビーのドリーミーなハープが要所要所で効いている。意外と出来映えの良いフュージョン・ファンク盤である。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年5ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

 

 

2021年8月28日 (土曜日)

ジャズ喫茶で流したい・216

Arthur Blythe(アーサー・ブライス)。自分のジャズ盤のコレクションを確認していて、この人の名前を思い出した。黒人ロフト系のサックス奏者。1970年代〜1980年代に最も輝いたサックス奏者の1人。僕がジャズを本格的に聴き始めた頃、1970年代後半、メジャーな存在となり、我が国でもジャズ雑誌中心に、ブライスのアルバムが紹介されていたので、ブライスの名前には馴染みがある。

1940年、米国LA生まれ、2017年に鬼籍に入っている。1970年代中期にNYに移住後、ジャック・ディジョネットのSpecial Editionのフロントとして世界的知名度を獲得。初リーダー作は、1977年、アバンギャルド・ジャズ専門レーベルから。以降、2003年まで、年1枚程度のペースでリーダー作をリリースしている。

Arthur Blythe『Lenox Avenue Breakdown』(写真左)。1979年のリリース。ちなみにパーソネルは、Arthur Blythe (as), James Newton (fl), Bob Stewart (tuba), James "Blood" Ulmer (g), Cecil McBee (b), Jack DeJohnette (ds), Guillermo Franco (perc)。フロント楽器は、ブライスのアルト・サックスをメインに、フルートとチューバが脇を固める。ギターに鬼才ジェームス・ブラッド・ウルマー、ベースにセシル・マクビー、ドラムにジャック・デジョネットの名前が確認できる。

このパーソネルを見ただけで、まず、旧来の純ジャズ系の内容では絶対無い、ということが判る。ギターにウルマーの存在が実に不穏で(笑)、ベース+ドラムのリズム隊はニュー・ジャズな8ビートを叩き出す。音的には、8ビートがメインの、黒人ロフト系の「フュージョン・ファンク」。今の耳で聴いても、ほとんど古さを感じない「コンテンポラリーなジャズ・ファンク」である。
 

Lenox-avenue-breakdown1

 
これが、むっちゃ格好良い。まず、リーダーのブライスのアルト・サックスが弾けまくっている。8ビートに乗って、格好良いクールなフレーズを連発する。そして、ウルマーの妖しげなコード弾きがアバンギャルドな雰囲気を漂わせ、切れ味の良いコンテンポラリーなグルーヴ感を醸し出す。フルートのフランコはエモーショナルで飛翔感溢れる吹き回し、スチュワートのチューバは魅力的な低音フレーズを撒き散らす。

そして、何と言っても、セシル・マクビーのベース、ジャック・デジョネットのドラムによるニュー・ジャズな8ビートが素晴らしく格好良い。特に、デジョネットの叩き出す8ビートには惚れ惚れするほどだ。このリズム隊の8ビートがこの盤の演奏全体の「要」になっている。そして、時々、8ビートから4ビートへリズム・チェンジするのだが、これがまた格好良い。これだけ気持ち良いリズム・チェンジはそうそう無い。

タイトル曲「Lenox Avenue Breakdown」などは、適度な緊張感を伴ったロック系の8ビートなリフが特徴的で、マクビーとデジョネットの叩き出す8ビートなリズム&ビートがジャジーなので、演奏全体の雰囲気はジャズに留まっているが、ほとんど「ロック」と言っても良いユニークな内容が面白い。一方、ラストの「Odessa」は、フリー・ジャズの要素が濃いが、個々のソロは充実の内容。

ジャジーでコンテンポラリーなリズム&ビートと、それに乗った魅力的なアドリブ展開で、この盤は、とても素敵な「コンテンポラリーなジャズ・ファンク」満載。チューバの低音とギターの妖しげなコードがファンクネスに拍車をかける。ジャズ・ファンクが基調のエレクトリック・ジャズと評価しても良い内容。とにかく「コンテンポラリーな純ジャズ者」にとっては、とっても聴いて楽しい「ブライス盤」である。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年5ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

2021年8月13日 (金曜日)

デイヴ・ホランドのエレベが凄い

この新盤を聴いた時、「この人、幾つになったんだっけ」と思った。1946年10月、英国生まれなので今年で75歳になる。75歳と言えば、もはや「ジャズ・レジェンド」である。僕がジャズを聴き始めた1970年代後半には、ECMレーベルをメインに先鋭的なフリー・ジャズやコンテンポラリーな純ジャズを展開していた。なんだか、強面のベーシスト、というイメージが強かった。それは今でもその印象が強い。

Dave Holland『Another Land』。2019年9月10-11日、NYでの録音。つい先月のリリース。ちなみにパーソネルは、Dave Holland (b), Kevin Eubanks (g), Obed Calvaire (ds)。音が分厚い演奏であるが、なんとギター、ベース、ドラムのいわゆる「ギター・トリオ」である。リーダーのデイブ・ホランドは、アコースティック、エレクトリック、両方のベースをガンガンに弾きまくっている。

演奏は、全て非4ビートのいわゆる「コンテンポラリーな純ジャズ」。1970年代後半から1980年代前半の、ECMレーベルお得意の「ニュー・ジャズ」な雰囲気が満載。しっかりと切れ味の良いファンクネスが入っているところから、エレ・マイルスの延長線上にある「エレ・ジャズ・ファンク」な雰囲気も濃厚。ただ音作りはスマートでシンプルなので、ファンクネスが耳にもたれることは無い。
 

Another-land-1

 
さすが、リーダーのホランドのベースが凄い。アコースティック・ベースは、いつもの、ホランドならではの重力感と鋼性溢れる骨太なものだが、この盤では、とりわけ、エレクトリック・ベースの弾きっぷりが凄い。ソリッドで切れ味の良いエレクトリック・ベースは、その重力感がホランドならではのもの。他のエレベには、この丸く固まった様な鋼性溢れるエレベの重量感は無い。

ケヴィン・ユーバンクスのエレギも「ワン・アンド・オンリー」な弾きっぷりが素敵で、過去のジャズ・エレギ、例えば、マクラフリンやディメオラあたりを引用して良さそうなものだが、ユーバンクスはそれを絶対にやらない。それと、この新盤を聴いて思ったのは、ホランドのベースとの相性の良さ。ギター・トリオというシンプルな編成で、これだけの厚みをある音を出すのだから脱帽である。

ドラムのカルヴェールも、アイデア豊富でアグレッシブなドラミングが魅力的。ホランドのベースとユーバンクスのギターに押されていないところが立派。円熟の非4ビートのエレトリックな「コンテンポラリーな純ジャズ」。何となく1970年代後半から1980年代前半のニュー・ジャズの雰囲気が漂うが、決して音やビートは古くない。その辺りは、このギター・トリオは良く心得たもので、今の「聴く耳」を飽きさせないところはさすがである。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年5ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

2021年7月13日 (火曜日)

ラムゼイの異色フュージョン盤

ジャズ盤には、ジャズ盤紹介本を賑わす「歴史にその名を留める名盤」もあるが、逆にジャズ盤紹介本にその名が挙がることは少ないが、ジャズ者ベテランの方々を中心に愛聴される「小粋なジャズ盤」というのもある。

意外とこの「小粋なジャズ盤」って、隠れた人気盤だったりする。公に「この盤好きだ」というと、硬派なジャズ者としてちょっと差し障りのある「曰く付き」のリーダーだったり内容だったりするのだが、この「小粋なジャズ盤」って、とてもジャズとして「愛らしい」内容で、皆、密かに愛聴していたりする。

Ramsey Lewis『Love Notes』(写真左)。1977年の作品。ちなみにパーソネルは、Ramsey Lewis (key), Stevie Wonder (syn, key), Jimmy Bryant (key, vo, clarinet), Michael Davis (tp, vo), Rahmlee Michael Davis (horn), Terry Fryer (sun, key), Byron Gregory (g), Ron Harris (b), Keith Howard (ds), Zuri Raheem (vo), Derf Reklaw-Raheem (fl, perc, bongos, conga, el-p, as, vo)。
 

Love-notes

 
なんとこの盤、スティーヴィー・ワンダーが参加している。このアルバムのために2曲、書き下ろしをしていて、しかもレコーディングに参加している。この盤、このスティーヴィー・ワンダーをフィーチャーした、内容的にはジャズ・ファンク、若しくは、フュージョン・ラテン&ファンク。

冒頭のスティーヴィー書き下ろしの1曲「Spring High」が、この盤の象徴的な1曲。ラムゼイのピアノとスティーヴィーのシンセが上品に絡み合うテーマを聴くだけで、思わずウットリしてしまいます。もう1曲は「Love Notes」。スティーヴィー独特の極上のメロディーが素敵すぎる。このスティーヴィー書き下ろしの2曲で、この盤全体の雰囲気がグッと締まっています。

他の曲も良い曲ばかりで、どファンキーな曲あり、ラテンのリズムが素敵な曲あり、ラムゼイ・ルイスのクロスオーバーでファンクな音世界がてんこ盛り。それでもこの盤、意外とシュッとしていて、ジャズ・ファンク独特の下世話な粘りが希薄な分、どこかポップでエレガントな、極上のフュージョン・ファンクなアルバムに仕上がっています。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》

 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・Santana『Inner Secrets』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・イエスの原点となるアルバム

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・この熱い魂を伝えたいんや

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年4ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

2021年6月15日 (火曜日)

オルガン・ジャズの新しい融合

う〜ん、実に雰囲気のあるジャケットだなあ。タイポグラフィーも秀逸。まるで往年のブルーノート・レーベルのアルバムのよう。ジャズ者であれば、パッと見ただけで「ああ、これはジャズ盤のジャケやなあ」と思う。ジャケの文字をたどると「ジャズ・オルガン」がメインのアルバムだと判る。思わず「ジャケ買い」風にポチッである(笑)。

Delvon Lamarr Organ Trio『I Told You So』(写真左)。2021年1月のリリース。シアトルで活動するオルガン・ジャズ・ファンク・トリオの3枚目のアルバム。Delvon Lamarr (key), Jimmy James (gt), David McGraw (ds) の3人によって2015年にシアトルにて結成、ローカルシーンから全米に名を馳せていった実力派トリオのヴィンテージでポップなジャズ・ファンク。

全8曲、オルガン・ジャズを収録したインスト・アルバム。まず、グルーヴ感が半端ない。オルガン・ジャズは抑揚を付けるにはコツがあって、下手すると単調ポップで平凡な演奏になるのだが、この盤はそうはならない。アルバム全体がグルーヴの塊の様で、冒頭の「Hole In One」から、ラストの「I Don't Know」まで、ファンクネス滴る、こってこてのグルーヴ感が満載。
 

I-told-you-so

 
旧来のオルガン・ジャズを踏襲していない。基本はあくまで「オルガン・ジャズ」。しかし、リズム&ビートが今までに無い響き。フレーズやビートの展開にはヒップホップの要素を融合していて、独特の「ループ感」が漂っているところなど、今までの「オルガン・ジャズ」には無かった音の要素が耳に刺さって、ついつい引き込まれてしまう。

とにかく、オルガンがユニーク。伝統的なジャズ・オルガンの音なのですが、濁りが軽くて切れ味良く軽快、そして、反復が執拗なのと、ちょっと捻れたフレーズが癖になる。このオルガンは唯一無二。過去にこの音は無かった。エレギは、これも面白くて「こってこての従来のジャズ・ファンク」なギター。これが、ユニークなオルガンと絡んで、独特のグルーヴ感を生み出しているのだ。

オルガン・ジャズって、我が国ではあまり人気が無かった様に思う。オルガン・ジャズ独特のグルーヴ感が「俗っぽい」とされ、ちょっと横に置かれてきた様に思う。しかし、ジャズは「融合」の音楽である。この盤の様に「ヒップホップ」と融合して独特のグルーヴ感を生み出し、今までに無い新しい「オルガン・ジャズ」を創造する。いやはや、ジャズはまだまだ深化しているなあ、と思わず感心した次第。好盤です。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》

 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・Santana『Inner Secrets』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・イエスの原点となるアルバム

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・この熱い魂を伝えたいんや

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年3ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

2021年5月 2日 (日曜日)

現代のエレ・ファンク・ジャズ

ジャズは多様化し深化している。21世紀に入ってからも、新人が頭角を現し、様々な形で新しい響きのジャズが出現している。昔、1970年代、ジャズは死んだ、などとまことしやかに言われたが、どうして、21世紀になった今でもジャズは生きて、深化している。まあ、何をもって「ジャズ」とするかによって、見解は異なるのだろう。

Christian Scott『Axiom』(写真左)。2020年3月10日、ニューヨークのブルーノートにてライヴ録音。クリスチャン・スコットの3回目のライブ盤リリース。ちなみにパーソネルは、Adjuah (tp), Elena Pinderhughes (fl), Alex Han (sax), Weedie Braimah (djembe), Lawrence Fields (p), Kris Funn (b), Corey Fonville (ds)。

このライヴに詰まっている音は「エレ・マイルス」。エレ・マイルスや、初期サンタナを彷彿とさせる土臭いドロドロとした現代のエレ・ジャズ。ヒップでクールでエロチックなエレ・ジャズ。エレ・マイルスより、リズム&ビートが洗練され、加えて重低音の密度が濃くなっている。エレ・ファンクなビートの切れ味が増している。
 

Axiom

 
エレ・マイルスの重要要素は「リズム&ビート」だったが、このクリスチャン・スコットのエレ・ジャズについても、パフォーマンスの「要」は「リズム&ビート」。奔放、統制、怒濤、躍動、しなやか、そんな形容をごった煮したファンク・ビートは聴き掘れるばかり。ジャンベのパーカッシヴな音が前面に出てくると、一気にテンションが増幅される。

そんな「リズム&ビート」をバックに吹き上げるクリスチャン・スコットのトランペットは絶品。オープンにイコライジングに、縦横無尽に変幻自在に、スコットのトランペットが駆け巡る。奔放、統制、怒濤、躍動、しなやか、そんな形容をごった煮したファンク・ビートをバックに、フルートのソロ、サックスのソロも印象的で素晴らしい。

この10年の間、最も注目すべきジャズマンの一人とされる、若手カリスマ・トランペッターのクリスチャン・スコット。とある評論によると「未だに評価が定まらない」トランペッターらしいが、どうして、現代におけるエレ・マイルスの深化の担い手として、現代のエレクトリック・ジャズにおけるカリスマ・トランペッターとして、その力量と才能は大いに評価されるものである。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年1ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

2021年3月18日 (木曜日)

現在進行形ジャズの最先端

ブルーノート・レーベルは、創立当初からずっとそうなんだが、それぞれの時代時代のジャズの最先端の音を捉えてアルバム化している。創立当初から活動中断までは、やはり創立者のアルフレッド・ライオンの慧眼のなせる技であり、復活後については、前社長のブルース・ランドヴァル、そして、現社長のドン・ウォズの慧眼の成せる技であろう。

Derrick Hodge『Color of Noize』(写真左)。2020年6月のリリース。ちなみにパーソネルは、Derrick Hodge (b, key, g, vo), Jahari Stampley (org, p), Justin Tyson (ds), Michael Aaberg (key, synth), Michael Mitchell (ds), DJ Jahi Sundance (turntable)。パーソネルからして穏やかでは無い。ターンテーブル担当のDJが入っていたりする。

パーソネルを見渡してワクワクしながら、このアルバムを聴き始めると、絵に描いた様な「融合音楽」なジャズがブワッと拡がる。コンテンポラリーなジャズを基本としつつ、ヒップホップのグルーヴ感、深みのあるソウル感、重厚なスピリチュアル・ジャズな音が融合して渾然一体となった音世界。

 
Color-of-noize

 
この演奏をジャズと定義付ける「即興演奏」と「ファンキーなリズム&ビート」。規律と自由、そして混沌。エレクトリックな揺らぐビート感、幽玄な音と響きの拡がり、そして多様性。ジャズの行き着く先の1つを示すような「流動的で融合的な音世界」。現在進行形ジャズの最先端の1つがここにある。

ロバート・グラスパーのベーシストとしても知られるデレク・ホッジ。ベーシストのリーダー作として、自らの音の志向をバンド演奏に反映させ、リードする。そのリード手段は「唄う様なベース」。ヴォーカリストが唄う様にベース・ラインが練り歩く。明確にバンド・サウンドの方向性を指し示す、唯一無二なベース・ライン。

この盤の音世界は、マイルス・ディヴィスに端を発し、ウェザー・リポート、RTF、マハヴィシュヌ・オーケストラ、ビリー・コブバム、トニー・ウィリアムズ・ライフタイムなど、エレクトリックな「融合音楽」志向の、その延長線上にある。プロデュースは、ブルーノートの社長でもある重鎮ドン・ウォズ。ブルーノート・レーベルの面目躍如である。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

2021年3月12日 (金曜日)

バーツとメイシャとの化学反応

エレクトリック・マイルスは衝撃的だった。それまでジャズはアコースティックなもの。しかし、1960年代、ロックの台頭により、電気楽器が使われるようになる。音が大きい、電気的にエフェクトをかませる、そして、電気楽器ならではの奏法というものが現れ出でた。

そこにジャズの世界の中でいち早く着目したのが「マイルス・デイヴィス」。ハービーにローズを弾かせ、ロンにエレベを持たせた。バンドの中にエレキキターを導入し、「ジミヘンの様に弾け」と命令した。そして、マイルス・バンドは、アコースティックの時代とは全く違う、エレクトリックならではのメンバー構成になった。

Gary Bartz & Maisha『Night Dreamer Direct-To-Disc Sessions』(写真左)。2019年10月の録音。ちなみにパーソネルは、Gary Bartz (ss,as), Jake Long (ds), Shirley Tetteh (g), Al MacSween (key), Twm Dylan (b), Axel Kaner-Lidstrom (tp), Tim Doyle (per)。ゲーリー・バーツと英国のスピリチュアル・ジャズ・アンサンブル、メイシャとのセッション。優れた新旧アーティストの共演である。


Night-dreamer-directtodisc-sessions-1

 
ゲイリー・バーツは特に1970年代以降、ちょっとアウトローな存在。エレ・マイルスとは半分だけ方向性が合致した様な、バーツならではのエレクトリック&ジャズ・ファンク。マイルスとはビート感が異なり、バーツの方がファンクネスが「ディープ」。ちょっと危ない暗さを伴うファンクネス漂うエレ&ジャズ・ファンク。この盤でもその個性は溢れんばかり。

かたや、UKジャズ注目のグループの一つ、ドラマーでリーダーのジェイク・ロング、女性版カマシ・ワシントンとして新世代ジャズ・シーンをリードするサックス奏者、ヌビア・ガルシアを中心に率いる「メイシャ」は、アフロビートやブロークンビートからペルシャ音楽までを融合したスピリチュアルな音が個性。バーツのエレ&ジャズ・ファンクにピッタリと合うのだから、音楽って面白い。

現代のエレクトリック・ジャズがこの盤に詰まっている。バーツをメインとする「温故知新」的なエレ&ジャズ・ファンクと現代最先端の多国籍なワールド・ミュージック的なスピリチュアル・ジャズとの邂逅。バーツとメイシャとの素晴らしい邂逅が、こんなに「こってこて」な現代最先端のスピリチュアル・ジャズを生み出したと言える。現代のスピリチュアル・ジャズの好盤です。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AOR Blue Note LTシリーズ Blue Noteレーベル CTIレーベル ECMレーベル Enjaレーベル jazz Miles Reimaginedな好盤 Pabloレーベル Pops R&B Riversideレーベル rock Savoyレーベル SteepleChaseレーベル T-スクエア The Great Jazz Trio TRIX Venusレコード Yellow Magic Orchestra 「松和・別館」の更新 こんなアルバムあったんや ながら聴きのジャズも良い アキコ・グレース アダムス=ピューレン4 アブドゥーラ・イブラヒム アラウンド・マイルス アラン・ホールズワース アル・ディ・メオラ アンドリュー・ヒル アート・アンサンブル・オブ・シカゴ アート・ファーマー アート・ブレイキー アート・ペッパー アーマッド・ジャマル イエス イエロージャケッツ イスラエル・ジャズ イタリアン・ジャズ イタリアン・プログレ インパルス!レコード イーグルス ウィントン・ケリー ウィントン・マルサリス ウェイン・ショーター ウェザー・リポート ウェス・モンゴメリー ウエストコースト・ジャズ ウディ・ショウ ウラ名盤 エディ・ハリス エリック・クラプトン エリック・ドルフィー エルトン・ジョン エルヴィン・ジョーンズ エンリコ・ピエラヌンツィ オスカー・ピーターソン オーネット・コールマン カウント・ベイシー カシオペア カーティス・フラー カーラ・ブレイ キャノンボール・アダレイ キャンディド・レーベル キング・クリムゾン キース・ジャレット ギル・エバンス クインシー・ジョーンズ クイーン クリスチャン・マクブライド クリスマスにピッタリの盤 クリフォード・ブラオン クロスオーバー・ジャズ グラント・グリーン グレイトフル・デッド グローバー・ワシントンJr ケイコ・リー ケニー・ドリュー ケニー・ドーハム ケニー・バレル ゲイリー・バートン コンテンポラリーな純ジャズ サイケデリック・ジャズ サザンロック サド=メル楽団 サム・リヴァース サンタナ ザ・クルセイダーズ ザ・バンド ジャケ買い「海外女性編」 ジェフ・ベック ジミ・ヘンドリックス ジミー・スミス ジャキー・マクリーン ジャコ・パストリアス ジャズ ジャズの合間の耳休め ジャズロック ジャズ・アルト ジャズ・オルガン ジャズ・ギター ジャズ・テナー ジャズ・トランペット ジャズ・トロンボーン ジャズ・ドラム ジャズ・ピアノ ジャズ・ファンク ジャズ・フルート ジャズ・ベース ジャズ・ボーカル ジャズ・レジェンド ジャズ・ヴァイオリン ジャズ・ヴァイブ ジャズ喫茶で流したい ジャック・デジョネット ジャン=リュック・ポンティ ジュニア・マンス ジョシュア・レッドマン ジョニ・ミッチェル ジョン・アバークロンビー ジョン・コルトレーン ジョン・スコフィールド ジョン・マクラフリン ジョン・レノン ジョージ・ケイブルス ジョージ・ハリソン ジョージ・ベンソン ジョー・ヘンダーソン スタンリー・タレンタイン スタン・ゲッツ スティング スティング+ポリス スティービー・ワンダー スティーブ・カーン スピリチュアル・ジャズ スムース・ジャズ スリー・サウンズ セロニアス・モンク ソウル・ジャズ ソウル・ミュージック ソニー・クラーク ソニー・ロリンズ ソロ・ピアノ タンジェリン・ドリーム ダスコ・ゴイコヴィッチ チェット・ベイカー チック・コリア チャーリー・パーカー チャールズ・ミンガス チャールズ・ロイド チューリップ テテ・モントリュー ディジー・ガレスピー デイブ・ブルーベック デイヴィッド・サンボーン デイヴィッド・ベノワ デクスター・ゴードン デュオ盤 デューク・エリントン デューク・ジョーダン デヴィッド・ボウイ トミー・フラナガン トランペットの隠れ名盤 トリオ・レコード ドゥービー・ブラザース ドナルド・バード ナット・アダレイ ネオ・ハードバップ ハロルド・メイバーン ハンク・ジョーンズ ハンク・モブレー ハンプトン・ホーズ ハービー・ハンコック バド・パウエル バリトン・サックス パット・メセニー ビッグバンド・ジャズは楽し ビリー・チャイルズ ビル・エバンス ビル・チャーラップ ビル・フリゼール ビートルズ ビートルズのカヴァー集 ピアノ・トリオの代表的名盤 ファラオ・サンダース ファンキー・ジャズ フィニアス・ニューボーンJr フィル・ウッズ フェンダー・ローズを愛でる フュージョン・ジャズの優秀盤 フリー フリー・ジャズ フレディー・ハバード ブッカー・リトル ブラッド・メルドー ブランフォード・マルサリス ブルース・スプリングスティーン ブレッカー・ブラザース プレスティッジ・レーベル プログレッシブ・ロックの名盤 ベイビー・フェイス・ウィレット ベニー・ゴルソン ホレス・シルバー ホレス・パーラン ボサノバ・ジャズ ボビー・ハッチャーソン ボブ・ジェームス ポップス ポール・サイモン ポール・マッカートニー マイケル・ブレッカー マイルス・デイヴィス マッコイ・タイナー マル・ウォルドロン マンハッタン・ジャズ・クインテット マンハッタン・トランスファー マーカス・ミラー ミシェル・ペトルチアーニ ミルト・ジャクソン モダン・ジャズ・カルテット モード・ジャズ ヤン・ハマー ユセフ・ラティーフ ラテン・ジャズ ラリー・カールトン リッチー・バイラーク リトル・フィート リンダ・ロンシュタット リー・コニッツ リー・モーガン リー・リトナー ルー・ドナルドソン レア・グルーヴ レイ・ブライアント レジェンドなロック盤 レッド・ガーランド レッド・ツェッペリン ロイ・ハーグローヴ ロック ロッド・スチュワート ローランド・カーク ワン・フォー・オール 上原ひろみ 僕なりの超名盤研究 北欧ジャズ 吉田拓郎 和ジャズの優れもの 四人囃子 夜の静寂にクールなジャズ 大江千里 天文 天文関連のジャズ盤ジャケ 太田裕美 寺井尚子 小粋なジャズ 尾崎亜美 山下洋輔 山下達郎 山中千尋 敏子=タバキンBB 旅行・地域 日本のロック 日本男子もここまで弾く 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 桑原あい 欧州ジャズ 歌謡ロック 渡辺貞夫 渡辺香津美 米国ルーツ・ロック 英国ジャズ 荒井由実・松任谷由実 西海岸ロックの優れもの 趣味 青春のかけら達・アーカイブ 音楽 音楽喫茶『松和』の昼下がり 高中正義 70年代のロック 70年代のJポップ

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー