2017年9月 9日 (土曜日)

伝説のジミヘンのファースト盤

ジミ・ヘンドリックスを最近、聴き直している。ジミ・ヘンドリックス、略して「ジミヘン」。ジミヘンはロック・ギタリストとして、そのプレイ・スタイルとパフォーマンスは、後継のロック・ミュージシャンに多大な影響を与えた。しかし、1970年9月18日、デビューからわずか4年、27歳でこの世を去っている。疾風の様なイノベーターであった。

僕はジミヘンのプレイをこの目で見たのは、ウッドストック・ロックフェスのドキュメント映画だったと思う。見た瞬間、違和感が思いっきりあって、何でかなあ、と思って見ていたら、右利き用のギターを逆さまにして左利きの構えで演奏しているのだ。つまり、ストラトの天地が逆。ビックリした。どうやって弾くんや、スゲーなーと思った。

ジミヘンを初めて体験したアルバムは、The Jimi Hendrix Experience『Are You Experienced』(写真左)。1967年の作品。この盤は、ジミ・ヘンドリックスのファースト盤にあたる。ちなみにパーソネルは、Jimi Hendrix (g, vo), Noel Redding (b), Mitch Mitchell (ds)。実にシンプルなギター・トリオ。

僕はこの盤を聴いた時、激しい衝撃を受けたことを覚えている。今までに聴いたことの無い音。その頃は、僕はまだロックを聴き始めて、1年にも満たない頃。その激しい衝撃とともに、ジミヘンは一旦、封印した。封印した理由は、ジミヘンのギターの「暴力性」である。これだけ暴力性を持った楽器の演奏を僕は知らなかった。というか、ジミヘンのデビュー時、恐らく、世界がその独特の「暴力性」を知らなかったと思う。
 

Are_you_experienced

 
しかし、最近、聴き直していて、この「暴力性」が、ストレスを覚える「暴力性」では無いことに気がついた。ストレスを覚えず、心地良い、スカッとする「暴力性」。その暴力性を底に忍ばせたロックな演奏ではあるが、その暴力性は「ビート」という名で、我々の脳髄の響いてくる。重量級の爽快なビートが効きまくった、シンプルなブルース・ロック。

ジミヘンの暴力性は「破壊」を伴わない。ジミヘンのロックが、エレギが伝説として残り、後継のロック・ミュージシャンに多大な影響を与えたのは、このストレスを覚えず、心地良い、スカッとする「暴力性」だろう。後のレッド・ツェッペリンが上手くこの「暴力性」を引き継いでいる。

そして、意外と話題に上らないが、ミッチ・ミッチェルのドラミングが実に効いている。センスが良いというか、ジミヘンの爽快な暴力性のあるエレギを邪魔すること無く、演奏全体を鼓舞する。演奏全体の推進力は、このミッチ・ミッチェルのドラミングに負うところが大きいと思う。そして、ベースのノエル・レディングのベースも見事。よくまあ、この破天荒なギターフレーズにぴったりと寄り添うようなベースラインを叩き出せるもんだ。

このジミヘンのデビュー盤は、今の耳で聴いても、それはそれは素晴らしい内容である。1967年という、楽器も録音環境も発展途上の時代に、これだけの訴求力のある音を叩き出せるとは驚きである。ジミヘンのエレギは、ストレスを覚えず、心地良い、スカッとする「暴力性」にその魅力が凝縮される。その魅力がこのファースト盤にギッシリと詰まっているのだ。

 
 

東日本大震災から6年5ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

2016年11月 5日 (土曜日)

ジミ・ヘンのライブ音源・1

この木曜日から今日にかけて、16年ほど前に早逝した高校時代からの親友の墓参りで帰阪していました。2日ほどブログをお休みしました。今日再開です。

さて、高校時代からの親友達と再会して色々な話をしていると、当時、聴いていた音楽の話題にもなります。そういうことで、往き帰りの新幹線の中では、60〜70年代のロックを中心に、最近リリースされた音源を聴きこみました。

その1枚がこれ。Jimi Hendrix『Machine Gun : Live at the Fillmore East 12/31/1969(First Show)』(写真左)。つい先日、今年の9月末にリリースされた、ジミ・ヘンドリックスの未発表ライブ音源です。伝説の「1969年12月31日から1970年1月1日のフィルモアイーストのコンサート」の一部です。

オール黒人ミュージシャンによるバンド、Band Of Gypsys名義の演奏で、タイトできっちりまとまったパフォーマンスでちょっとビックリ。ジミのエレギだけだ突出して、バックの演奏はラフで未熟な演奏を想像していたので、この充実したバンド全体のライブ・パフォーマンスについては「目から鱗」状態です。
 

Jimi_hendrix_machine_gun

 
ジミのエレギも破綻が全く無い、ブルージーでジャジーなアドリブ・フレーズを淀みなく止めどなく弾き上げていきます。平凡なフレーズが全く無いのには驚くばかり。しかも整然としていてメリハリも効いて流麗、速弾きテクニックも優秀。ジミ・ヘンドリックスの伝説のエレギを余すこと無く体感できます。

今までのジミ・ヘンドリックスのパフォーマンスについては、音的にちょっと古い感じがしていたのですが、このライブ盤は違う。リマスターがバッチリ効いていて、Band of Gypsysのリズム&ビートが思いっきりタイトに響いて、充実かつ密度の濃いライブ・パフォーマンスに仕上がっています。そう、とにかく、今回のこのライブ盤は音が良い。

ExperienceからBand Of Gypsysへ移行。音世界も、ハードでサイケデリックなロックから、R&B・ファンクに軸足を移したものに変化している。そのR&B・ファンクに軸足を移した音世界が、この今回のライブ盤に詰まっている。ファンキーというよりは、ブルージーでジャジーに感じるこのジミ・ヘンドリックスのアドリブ・フレーズはなかなかに味わい深い。

今回の、1969年12月31日の初回公演を当時の曲順のまま初めて完全な形で収録したライブ音源。かなり濃い内容で、聴いて充実のライブ音源で「嬉しい不意打ち」でした。続編が楽しみです。

 
 

震災から5年7ヶ月。決して忘れない。まだ5年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

その他のカテゴリー

AOR CTIレーベル ECMレーベル Enjaレーベル jazz Miles Reimaginedな好盤 Pops R&B rock SteepleChaseレーベル T-スクエア The Great Jazz Trio TRIX Yellow Magic Orchestra 「松和・別館」の更新 こんなアルバムあったんや ながら聴きのジャズも良い アキコ・グレース アダムス=ピューレン4 アブドゥーラ・イブラヒム アラウンド・マイルス アラン・ホールズワース アル・ディ・メオラ アンドリュー・ヒル アート・アンサンブル・オブ・シカゴ アート・ファーマー アート・ブレイキー アート・ペッパー イエス イエロージャケッツ イスラエル・ジャズ イタリアン・ジャズ イタリアン・プログレ インパルス!レコード イーグルス ウィントン・ケリー ウィントン・マルサリス ウェイン・ショーター ウェザー・リポート ウェス・モンゴメリー ウエストコースト・ジャズ ウディ・ショウ ウラ名盤 エディ・ハリス エリック・クラプトン エリック・ドルフィー エルトン・ジョン エルヴィン・ジョーンズ エンリコ・ピエラヌンツィ オスカー・ピーターソン オーネット・コールマン カウント・ベイシー カシオペア カーティス・フラー カーラ・ブレイ キャノンボール・アダレイ キャンディド・レーベル キング・クリムゾン キース・ジャレット ギル・エバンス クインシー・ジョーンズ クイーン クリスマスにピッタリの盤 クリフォード・ブラオン クロスオーバー・ジャズ グラント・グリーン グレイトフル・デッド グローバー・ワシントンJr ケニー・ドリュー ケニー・ドーハム ゲイリー・バートン コンテンポラリーな純ジャズ サイケデリック・ジャズ サザンロック サド=メル楽団 サム・リヴァース サンタナ ザ・クルセイダーズ ザ・バンド ジャケ買い「海外女性編」 ジェフ・ベック ジミ・ヘンドリックス ジミー・スミス ジャキー・マクリーン ジャコ・パストリアス ジャズ ジャズの合間の耳休め ジャズロック ジャズ・アルト ジャズ・オルガン ジャズ・ギター ジャズ・テナー ジャズ・トランペット ジャズ・トロンボーン ジャズ・ドラム ジャズ・ピアノ ジャズ・ファンク ジャズ・フルート ジャズ・ボーカル ジャズ・レジェンド ジャズ・ヴァイオリン ジャズ・ヴァイブ ジャズ喫茶で流したい ジャック・デジョネット ジョシュア・レッドマン ジョニ・ミッチェル ジョン・コルトレーン ジョン・スコフィールド ジョン・レノン ジョージ・ハリソン ジョージ・ベンソン ジョー・ヘンダーソン スタンリー・タレンタイン スタン・ゲッツ スティング スティング+ポリス スティービー・ワンダー スティーブ・カーン スピリチュアル・ジャズ セロニアス・モンク ソウル・ジャズ ソウル・ミュージック ソニー・クラーク ソニー・ロリンズ ソロ・ピアノ タンジェリン・ドリーム ダスコ・ゴイコヴィッチ チェット・ベイカー チック・コリア チャーリー・パーカー チャールズ・ミンガス チャールズ・ロイド チューリップ テテ・モントリュー ディジー・ガレスピー デイブ・ブルーベック デイヴィッド・サンボーン デイヴィッド・ベノワ デクスター・ゴードン デュオ盤 デューク・エリントン デューク・ジョーダン デヴィッド・ボウイ トミー・フラナガン トランペットの隠れ名盤 ドゥービー・ブラザース ドナルド・バード ハロルド・メイバーン ハンク・ジョーンズ ハンク・モブレー ハンプトン・ホーズ ハービー・ハンコック バリトン・サックス パット・メセニー ビッグバンド・ジャズは楽し ビル・エバンス ビル・フリゼール ビートルズ ビートルズのカヴァー集 ピアノ・トリオの代表的名盤 ファンキー・ジャズ フィニアス・ニューボーンJr フィル・ウッズ フェンダー・ローズを愛でる フュージョン・ジャズの優秀盤 フリー フリー・ジャズ フレディー・ハバード ブッカー・リトル ブラッド・メルドー ブランフォード・マルサリス ブルース・スプリングスティーン ブルーノート ブルーノート LTシリーズ ブレッカー・ブラザース プレスティッジ・レーベル プログレッシブ・ロックの名盤 ベニー・ゴルソン ベーシストのリーダー作 ホレス・シルバー ホレス・パーラン ボサノバ・ジャズ ボビー・ハッチャーソン ボブ・ジェームス ポップス ポール・サイモン ポール・マッカートニー マイケル・ブレッカー マイルス・デイヴィス マッコイ・タイナー マル・ウォルドロン マンハッタン・ジャズ・クインテット マンハッタン・トランスファー マーカス・ミラー ミシェル・ペトルチアーニ ミルト・ジャクソン モダン・ジャズ・カルテット モード・ジャズ ヤン・ハマー ユセフ・ラティーフ ラテン・ジャズ ラリー・カールトン リッチー・バイラーク リトル・フィート リバーサイド・レーベル リンダ・ロンシュタット リー・モーガン リー・リトナー ルー・ドナルドソン レア・グルーヴ レイ・ブライアント レジェンドなロック盤 レッド・ガーランド レッド・ツェッペリン ロイ・ハーグローヴ ロック ロッド・スチュワート ローランド・カーク ヴィーナス・レコード 上原ひろみ 北欧ジャズ 吉田拓郎 和ジャズの優れもの 四人囃子 夜の静寂にクールなジャズ 天文 天文関連のジャズ盤ジャケ 太田裕美 寺井尚子 尾崎亜美 山下達郎 山中千尋 旅行・地域 日本のロック 日本男子もここまで弾く 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 桑原あい 欧州ジャズ 歌謡ロック 渡辺貞夫 渡辺香津美 米国ルーツ・ロック 英国ジャズ 荒井由実・松任谷由実 西海岸ロックの優れもの 趣味 青春のかけら達・アーカイブ 音楽 音楽喫茶『松和』の昼下がり 高中正義 70年代のロック 70年代のJポップ

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー