2019年10月25日 (金曜日)

70年代タイナーの魅力的な音世界

1970年代のマッコイ・タイナーは、コルトレーン・ジャズの継承者としての演奏がメインだった。どの辺りのコルトレーン・ジャズか、というと、インパルス・レコードに移籍した時点の、自由度の高い「モード・ジャズ」なコルトレーン・ジャズがベース。加えて、コルトレーンが演奏していた自由度の高い「モード・ジャズ」より、シンプルで判り易い。

演奏の形態としてはコルトレーンの『アフリカ/ブラス』のビッグバンド編成の音作りを踏襲している。音の響きは、アフリカン・ネイティヴなルーツ・ミュージック。特にサックスについては、コルトレーンのフォロワーの優秀どころをどしどし採用しては、タイナーのリーダー盤でデビューさせている。そして、自らは、例の「ガーン、ゴーン」といったハンマー奏法に磨きをかけている。

McCoy Tyner『Focal Point』(写真)。1976年8月の録音。ちなみにパーソネルは、McCoy Tyner (p, dulcimer), Joe Ford (as, ss, fl), Gary Bartz (as, ss, cl), Ron Bridgewater (ts, ss), Charles Fambrough (b), Eric Gravatt (ds), Guilherme Franco (perc, conga, tabla)。3サックス+ピアノ・トリオ+パーカッションの7人編成、セプテットである。
 
 
Focal-point-mccoy-tyner
 
 
冒頭の「Mes Trois Fils」から、モーダルなスピリチュアル・ジャズ全開である。フロントのサックス3管の音が分厚い。タイナーのハンマー打法なピアノも音も分厚く、セプテットではあるが、工夫されたアレンジも相まって、演奏全体の音の厚さはビッグバンド級。コルトレーン・ライクなスピリチュアルなモード・ジャズが万華鏡の様に、様々なニュアンスを持って展開される。

1970年代のマッコイ・タイナーの音楽には欠かせない「ソプラノ・サックス、フルート、コンガ」が大活躍。そこにクッキリと浮かぶ、マッコイのメリハリが効いたエネルギッシュなピアノ。特に打楽器隊が「ミソ」。エリック・グラヴァットの豪快に冴えわたるドラム、ギレルミ・フランコは、軽快なリズムに乗ったコンガ。特に、この「コンガ」の音が印象的。アフリカン・ネイティヴな響きが心地良い。

この盤、コンセプトの良く判らない、ボンヤリした地味なジャケットで損をしている。ジャズ盤紹介本やジャズ雑誌では、まず採り上げられない盤ではあるなあ。でも聴くと判るのだが、ダイナミックで破綻無く、内容的にカッチリまとまった、1970年代マッコイ・タイナーの好盤だと思います。ジャケットに怯まずに手に取って一度は聴いて頂きたい、1970年代タイナーの魅力的な音世界です。
 
 
 
東日本大震災から8年7ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

2019年5月 4日 (土曜日)

聴いて楽しいモード・ジャズ

大型連休である。先月末から昨日まで、栃木路に逗留していた。栃木路に逗留している間は、基本的に音楽は聴かない。自然の中で、自然の音を聴いてノンビリ過ごしている。さすがに3日も音楽を聴かずにいると禁断症状が出てくる。断食みたいなものなので、今日、久し振りに聴いたジャズは、どこか新鮮な響きがしている様に感じる。
 
ブルーノートの4300番台である。今日の盤は、McCoy Tyner『Time For Tyner』(写真左)。1968年5月17日の録音。ブルーノートの4307番。ちなみにパーソネルは、McCoy Tyner (p), Bobby Hutcherson (vib), Herbie Lewis (b), Freddie Waits (ds)。 コルトレーン亡き後、タイナーのピアノ・トリオ+ヴァイブのカルテット編成で、コルトレーン・ライクなモード・ジャズを展開している。
 
Elvin Jones『The Ultimate』をご紹介した時に、エルヴィンは「インパルス・レーベルに移籍したばかりの頃のコルトレーン・カルテットの音世界が一番良かったと思っていたのではないか。あの頃の演奏が、一番やりたかった演奏ではないのか」と想像した。今回、このマッコイ・タイナーのアルバムを聴くと、やはりタイナーもエルヴィンと同じ事を考えていたのではないか、と思うのだ。
 
 
Time-for-tyner-mccoy  
 
 
この『Time For Tyner』に詰まっている演奏は、どれもが「モード・ジャズ」。ピアノを担当するタイナーは、明らかに「インパルス・レーベルに移籍したばかりの頃のコルトレーン・カルテット」の時のタイナーのピアノそのもの。演奏のアレンジ自体もコルトレーン・カルテットのモード・ジャズのアレンジの雰囲気を忠実に踏襲している。
 
タイナーのピアノ・トリオをリズム・セクションとしてフロントを張るハッチャーソンのヴァイブがこれまたコルトレーンの雰囲気を踏襲している。ヴァイブの速弾きによる「シーツ・オブ・サウンド」、アドリブ・フレーズの「モーダルな展開」、いずれもコルトレーンか、と思ってしまう。実際、ヴァイブの音をテナーの音に置き換えたら、コルトレーンになるだろう、と強く感じるのだ。
 
タイナーのモード・ジャズは、コルトレーンよりもコルトレーンらしい響きに満ちていて、コルトレーンが目指したモード・ジャズの最終形の1つがこの盤に集約されている様に感じる。モード・ジャズの好盤としてお勧めである。しかし、ブルーノートの4300番台のジャケットで酷いジャケットが多いなあ。タイトルからのイメージがこの「時計の文字盤の真ん中にタイナーの顔」。デザインセンスがなさ過ぎである。
 
 
 
東日本大震災から8年1ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

2018年2月 9日 (金曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・68

1970年代のマッコイ・タイナーは絶好調。次々と壮大な大作をリリースしていった訳だが、僕がジャズを本格的に聴き始めたのが、1978年。マッコイ・タイナーの人気がほぼ一段落し、ジャズの世界はフュージョン・ジャズの大ブーム。当時は、リアルタイムではなかなかマッコイ・タイナーのアルバムを聴き込むことは無かった思い出がある。

僕は21世紀になって、この盤を聴いた。McCoy Tyner『Trident』(写真左)。1975年2月、カルフォルニアのバークレーのファンタジースタジオでの録音。ちなみにパーソネルは、McCoy Tyner (p, harpsichord, celeste), Ron Carter (b), Elvin Jones (ds)。待望のトリオ編成。しかも、コルトレーンの「黄金のカルテット」で共にしたエルヴィン・ジョーンズがドラムに据わる。そして、ベースにはロン・カーター。珍しい。

このアルバムでのハープシコードやセレステの使用にはビックリするが、目先を変える意味では、なかなかの工夫。「タイナーのガーン・ゴーンのハンマー奏法はワンパターン」という揶揄を笑い飛ばすには、ちょっとジョークが過ぎるかな(笑)。耳新しさにはちょっとだけ効果はあるかもしれないが、ハープシコードやセレステの使用が、演奏全体に大きな影響を与えているかといえば、そうではない。
 

Trident

 
しかし、このアルバムは、マッコイ・タイナーのピアノ・トリオ盤として秀逸の出来である。フロントの管楽器が無い分、タイナーのピアノが堪能できる。タイナーもそれを心得てか、ガーンゴーンと左手のハンマー奏法をかましつつ、右手のシーツ・オブ・サウンドが疾走する。いつものスタイルなのだが、トリオという編成が功を奏してか、何時にも増して迫力が凄い。火の玉の様なハンマー奏法に思わず仰け反る。

重厚かつスピリチュアルな演奏。コルトレーン・ジャズの継承であるが、ドラムのエルヴィン・ジョーンズはそれを良く心得ていて、限りなく自由度の高いポリリズムを叩き出しつつける。そして、ちょっと驚いたのだが、ロン・カーターのベースが、マッコイ・タイナーのピアノに良く合っている。幅広のロンのベースって、タイナーの右手のシーツ・オブ・サウンドとの相性がとても良い感じなのだ。

タイナーのトリオ編成のアルバムの中でも屈指の出来。地味で見栄えのしないジャケットで損をしているみたいだが、怯まずに手にすべき、ピアノ・トリオの好盤だと思います。トリオ演奏と思えないほどの、重厚かつ壮大な音の展開と音の重なり。ピアノ・トリオの可能性と限界を一度に聴かせてくれる優れものです。

 
 

東日本大震災から6年10ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

2018年2月 8日 (木曜日)

「コルトレーン」の正統な後継

1970年代のタイナーは絶好調。相当数のリーダー作をリリースし、人気も上々。ソロからトリオ、カルテットからクインテット、ジャズ・オーケストラからアコースティック・フュージョン。様々な演奏形態で、優れた演奏力とアレンジ力を武器に、コンスタントに秀作をリリースし続けた。

McCoy Tyner『Atlantis』(写真)。1974年8月31日から9月1日、サンフランシスコのキーストンコーナーでのライブ録音。LP時代は2枚組の重厚な内容。ちなみにパーソネルは、McCoy Tyner (p, perc), Azar Lawrence (ts, ss), Joony Booth (b), Wilby Fletcher (ds), Guilherme Franco (perc)。パーカッション入りのオーソドックスなカルテット構成である。

が、出てくる音が凄い。重厚なのだ。最初、聴いていたら、ビッグバンドの音かしら、と思う位の重厚さ。タイナー独特の壮大なアレンジに加えて、アフロ・ジャズの色濃いフレーズ満載の「コルトレーン・ジャズ」の音世界。このアルバムの演奏は、1970年代、タイナーがコルトレーン・ジャズの正統な後継者であったことを感じさせる。
 

Atlantis

 
呪術的でスピリチュアルなフレーズ、官能的で高揚感が印象的なリフ、躍動感溢れ、疾走感漲るリズムが混在し、合体し、交錯する。オーソドックスなカルテット構成の音とは思えぬ、壮大で拡がりのある、奥行きのある重厚な音世界。圧巻である。圧巻な展開が、発売当時LP2枚組、圧倒的なボリューム感で、アフロなコルトレーン・ジャズを展開している。

そんな重厚なコルトレーン・ジャズの音の洪水の中、タイナーのガーン・ゴーンのハンマー奏法はクッキリと浮かび上がる。左手のハンマー奏法、右手の「シーツ・オブ・サウンド」、目眩く音符の羅列。それに続く高揚感。現代のハードで硬派なスピリチュアルなジャズの「源」のひとつがここにある。

フロントの弱さが玉に瑕ではあるが、逆に、タイナーのピアノは良く聴こえ、タイナーのハンマー奏法を愛でるには格好のライブ盤である。「タイナーのガーン・ゴーンのハンマー奏法はワンパターン」という揶揄はあるが「言わば言え」である。この盤を聴いていて思う。1970年代、コルトレーン・ジャズを継承したタイナーの音世界は、やはり当時、最強であった。

 
 

東日本大震災から6年10ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

2018年2月 7日 (水曜日)

マッコイ・タイナーの隠れ好盤

今週は「ジャズ・レジェンド」の週間。熟々とジャズ・レジェンドの名前を見ていて、この人のリーダー作、そう言えば最近、聴いて無かったなあ、と思い立ったレジェンドがもう一人。マッコイ・タイナー(McCoy Tyner)である。ガーン・ゴーンのハンマー奏法の元祖。テナーの聖人=コルトレーンの懐刀。コルトレーン・ミュージックの伝道師。

1970年代のタイナーは絶好調。相当数のリーダー作をリリースしている。ソロからトリオ、カルテットからクインテット、ジャズ・オーケストラからアコースティック・フュージョン。様々な演奏形態で、優れたアレンジ能力を武器に、コンスタントに秀作をリリースし続けた。当時、人気もあって、タイナーは絶好調であった。

そんなタイナーがバリバリにピアノを弾きまくったアルバムがある。McCoy Tyner『Song for My Lady』(写真)。1972年9月6日と11月27日の録音。ちなみにパーソネルは、McCoy Tyner (p, perc), Sonny Fortune (as, ss, fl), Calvin Hill (b), Alphonse Mouzon (ds), Michael White (vln),  Charles Tolliver (flh), Mtume (congas, perc)。タイナー+フォーチュン+ヒル+ムザーンのカルテットがベース。2曲のみ、バイオリン、フリューゲルホーン、コンガが加わる。
 

Song_for_my_lady

 
一言で言うと「ピアノで自由度溢れるモーダルなコルトレーンをやる」。左手ガーン、右手ガーンと入って疾走するシーツ・オブ・サウンド。ちょうど、インパルス・レーベルに移籍して以降、限りなくフリーな、相当に自由度の高いモード演奏をやりまくっていた頃のコルトレーンのアドリブ・フレーズをピアノに置き換えた様なフレーズの嵐。

どの曲でも、タイナーのピアノでの「シーツ・オブ・サウンド」は疾走感溢れ、爽快感、そして躍動感溢れる必殺技。聴いていて、そして聴き終えてスカッとする。フォーチュンのサックスも良い、フルートも良い。しかし、サックスを吹くフォーチュンがコルトレーンをフォーチュンの個性でアレンジしていて、忠実にフォローしていないのが面白い。

しかし、このアルバムって、タイナーの数あるリーダー作の中でも地味な存在。ジャズ紹介本でも採り上げられることがほとんど無い盤です。でも、僕にとっては「お気に入り盤」。現代ジャズでいう「スピリチュアル・ジャズ」の先駆的内容で、聴いていて心揺さぶられ、聴き終えて、スカッと爽快。タイナーのリーダー作の中での「隠れ好盤」。

 
 

東日本大震災から6年10ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

2018年1月29日 (月曜日)

こんなアルバムあったんや・96

久し振りに「マッコイ・タイナー」が聴きたくなった。マッコイ・タイナーと言えば、1960年代、ジョン・コルトレーンの「黄金のカルテット」のピアニストとして、その名を轟かせ、コルトレーン亡き後、特に1970年代は、そのメリハリの効いた、力強いタッチの「ハンマー奏法」によって、大人気ピアニストとなった。

1980年代以降、ジャズ者に飽きられたのか、その人気は鳴りを潜めたが、ピアニストとしての力量は昔のまま。奏法も買えること無く、流行に迎合することも無く、コルトレーンの「黄金のカルテット」からの、メリハリの効いた、力強いタッチの「ハンマー奏法」は一切、変えることは無い。実に硬派で実直な職人的ピアニストである。

そんなタイナーにも若かりし頃はあった訳で、まだまだ、彼の個性である、メリハリの効いた、力強いタッチの「ハンマー奏法」の萌芽は聴かれるには聴かれるが、まだ個性として確立していない、発展途上のタイナーもなかなかに味わい深いところがある。若々しいというか、瑞々しい堅実なタッチのタイナーが、1962年から1964年の「Impulse! レーベル」の諸作に聴くことが出来る。
 

Mccoy_tyner_plays_ellington

 
このアルバムは、そんな「Impulse! レーベル」の諸作の最後のリーダー作になる。McCoy Tyner『Plays Ellington』(写真左)。1964年12月の録音。ちなみにパーソネルは、McCoy Tyner (p), Jimmy Garrison (b), Elvin Jones (ds), Willie Rodriguez, Johnny Pacheco (Latin-perc)。コルトレーンの「黄金のカルテット」からコルトレーンを抜いた、リズム・セクションの演奏。

1964年12月と言えば、コルトレーンの「黄金のカルテット」は、かの傑作『A Love Supreme』を録音した時期、この『Plays Ellington』は、この『至上の愛』を録音する直前のリズム・セクションの演奏を捉えたものになる。この直後、『至上の愛』を録音するとは思えないほど、堅実でオーソドックスなピアノ・トリオ演奏。エリントンの曲を十分に理解し、タイナーなりに個性を活かしつつ上手くアレンジした、実に趣味の良い演奏が繰り広げられている。

特に尖ったところはないんだけど、とっても誠実で堅実なピアノ・トリオの演奏で、エリントン・トリビュートの企画盤としても、優れた内容の盤になっている。が、我が国では、なかなかジャズ盤紹介本などで採り上げられることが殆ど無い、知る人ぞ知る「隠れ好盤」である。いかついジャケットに怯まず、一度は耳にして欲しい好盤である。

 
 

東日本大震災から6年10ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

2016年4月 5日 (火曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・52

マッコイ・タイナーの初期のリーダー盤の聴き直し。あと2枚、感想文を書かせていただきたい。あと2枚で、Impulse!レーベル時代のマッコイのリーダー盤の聴き直しが完結する。実は2枚目と6枚目のリーダー盤をまだストックしているのだ。

このリーダー作は初期のマッコイの代表盤と言い切って良いだろう。初リーダー盤『Inception』の次のセカンド盤になる。このセカンド盤も初リーダー盤に次いでトリオでのチャレンジになる。素直に自らのピアノの個性を開花させた、サラリとした爽快感溢れる、若かりしマッコイの傑作である。

そのセカンド盤とは、McCoy Tyner『Reaching Fourth』(写真左)。1962年11月の録音。ちなみにパーソネルは、McCoy Tyner (p), Henry Grimes (b), Roy Haynes (ds)。ベースのヘンリー・グライムスの名前に「えっ」と思う。後のジャズ盤に名を連ねることが希少なベーシストである。逆に、ドラムのロイ・ヘインズの名前には「おっ」と思う。名盤請負人なドラマーの一人である。

さて、このセカンド盤には、マッコイのピアノの個性が満開である。リーダー盤に聴かれた緊張感もほぐれて、リラックスしながら、ケレン味無く弾きまくるマッコイのピアノは凄い。しかし、マッコイのピアノは、コルトレーンのシーツ・オブ・サウンドをピアノに置き換えたものでは無いことがこのアルバムで良く判る。
 

Reaching_fourth

 
どちらかと言えば、現代ジャズの基本スタイルである「ビ・バップ」の高速アドリブ・フレーズをモードに置き換えた様な感じかな。マッコイのピアノの基本は明らかに「モード」であり、伝統に根ざした「ハードバップ」である。ただ、高速に弾きまくるのでは無い。柔らかいフレーズの展開と、切れ味の良さと相対する「甘さ」を仄かに感じさせるところがニクイ。

バックを勤める二人、ドラムのロイ・ヘインズ、ベースのヘンリー・グライムス。この二人の貢献も特筆に値する。あまり録音の多く無い、どちらかと言えば無名に近い、ベースのグライムスが良い。多弁なマッコイの右手に絡む、グライムスのメロディアスにうねるようなベースライン。このベースラインがマッコイのピアノに推進力を与えている。

ヘインズのドラミングも特筆に値する。多彩なスティック捌きで、ポリリズムとはちょっと異なる響きを供給する。これが、トリオ全体のビートをガッチリと支え、落ち着きを与えている。良きテンションを与えてくれるドラミング。バップ出身のドラマーなのに、この柔軟性と適応力はどうだ。

理屈っぽく弾き回したり、コルトレーンの影を追い回したりしない、モーダルなピアノを爽やかに弾きまくるマッコイは良い。このリーダー作2枚目で、マッコイのピアノの個性は確立されていた、と思って良いだろう。マッコイのピアノを知るにはマスト・アイテム。ピアノ・トリオの代表的名盤としてもお勧め出来る好盤である。

 
 

震災から5年。決して忘れない。まだ5年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

2016年4月 3日 (日曜日)

マッコイの「変わり種」な盤

マッコイ・タイナーの初期のリーダー作を聴き直しているんだが、マッコイ初期のリーダー作はどれもがマッコイのキャリア・個性にとって、重要なアルバムばかりである。後のマッコイの基本となる、ピアノの個性、アレンジの才のいずれもが、初リーダー作から5〜6枚程度で確立されていたことを再認識出来て興味深い。

このリーダー作も聴けば実に興味深い内容である。McCoy Tyner『Live At Newport』(写真左)。1963年7月5日、Newport Jazz Festival, Newport でのライブ録音である。ちなみにパーソネルは、McCoy Tyner (p), Bob Cranshaw (b), Mickey Roker (ds), Clark Terry (tp), Charlie Mariano (as)。

まず、パーソネルが面白い。リーダーのマッコイ・タイナーは1938年生まれで、当時25歳。ベースのボブ・クランショウは1932年生まれで、当時31歳。ドラムのミッキー・ローカーは同じく1932生まれで、当時31歳。しかしながら、アルトのチャーリー・マリアーノは1923年生まれで、当時41歳。そして、トラペットのクラーク・テリーは1920年生まれなので当時43歳。

リーダーのマッコイが圧倒的に若い。リズム・セクションを一緒に担うベースのクランショウ、ドラムのローカーは30歳そこそこの中堅。フロントのアルトとトランペットは40歳代のベテラン。マッコイ以外は、ビ・バップからハードバップを生き抜いて来た強者ジャズメンばかりである。
 

Live_at_nerport

 
ニューポート・ジャズ・フェスでの1回きりの共演である。そうなれば、やはり「年功序列」という意味合いで、マッコイが他の先輩メンバーに合わせて、ハードバップな演奏をやってしまいそうなものなんだが、そこはマッコイ、そうはならない(笑)。1963年という時代背景もあるだろう。ジャズ界はファンキー・ジャズなどのポップなジャズの流れと、モード奏法をベースとしたアートなジャズの流れが主流となっていた。

このライブでは基本が「モード・ジャズ」。マッコイからみれば大先輩のアルトのマリアーノとトランペットのテリーが必死になってモーダルなフレーズを吹きまくっている。で、これが不思議とかなり真っ当な「モード・ジャズ」になっていて、当時の一流ジャズメンの力量たるや、かなり高度なものがあったんやなあ、と心底感心する。

とにかく、マッコイは周りの先輩ジャズメンを差し置いて、徹頭徹尾「モード・ジャズ」で突っ走る。リズム・セクションを一緒に担っているベースのクランショウとドラムのローカーは、冒険すること無く、無難にモード・ジャズに追従しているので、リズム&ビート的には化学反応は起きていないが、フロントの大先輩二人のお陰で、なんとか、しっかりとした「モード・ジャズ」で完結している。

面白いライブ盤です。この面子でもしっかりとモード・ジャズになっているってことは、1963年当時、モード・ジャズはジャズの基本的な奏法のひとつとして定着していたことが窺い知れて、実に興味深いです。特に、クラーク・テリーがモードの適応するなんて、思ってもみなかった。当時の一流ジャズメンの力量をみくびっていました。ゴメンナサイ(笑)。

 
 

震災から5年。決して忘れない。まだ5年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

2016年4月 2日 (土曜日)

マッコイの作曲&アレンジの才能

マッコイ・タイナーは、ジョン・コルトレーンの黄金のカルテットのレギュラー・ピアニストとして有名。しかし、マッコイは単なるピアニストでは無い。その作曲能力、そしてアレンジの能力は素晴らしいものがある。

そのマッコイの優れた作曲能力、アレンジ能力は、マッコイのキャリアのどの辺りから発揮されていたのか。それはこの彼のリーダー作を聴けば判る。このアルバムは、マッコイのリーダー作の第2弾。つまりは、マッコイは彼のキャリアの初期の頃から、その作曲能力、そしてアレンジの能力は既に発揮されていたことになる。

そのアルバムとは、McCoy Tyner『Today and Tomorrow』(写真左)。1963年6月と1964年2月の録音のカップリング。ちなみにパーソネルは、1963年6月録音時はトリオ編成で、McCoy Tyner (p), Jimmy Garrison (b),Albert Heath (ds)。1964年2月録音時はセクステット編成で、McCoy Tyner (p), Butch Warren (b), Elvin Jones (ds), John Gilmore (ts), Thad Jones (tp), Frank Strozier (as)。

このアルバムに収録された曲は全てマッコイの作曲になっている。聴けば良く判るのだが、確かにマッコイ独特の曲想、節回し。既にこの時点で、マッコイの作曲の個性は確立されていたことになる。特にモーダルな曲に偏っている様な気もするが、これもマッコイ独特の個性として捉えるべきだろう。
 

Today_and_tommorow

 
そして、1曲目から3曲目は、テナー、アルト、トランペットの3管がフロントに立ったセクステット編成の演奏なのだが、このセクステットの演奏のアレンジがこれまた良い。しかも、マッコイ独特の響き、音符の重ね方を聴きとることが出来て、なるほど、既にこの時点で、マッコイのアレンジの個性は確立されていたことになる。

1964年と言えば、マッコイは26歳。この盤での作曲能力、アレンジ能力を聴けば、いかにマッコイが早熟だったかが判る。曲想や節回し、音の響き、音符の重ね方等々、後は如何にこなれていくか、だけの状態で、マッコイの個性の基本はもうこのアルバムで確立されている。

モーダルなジャズがメインの、その時代のトレンドを捉えたマッコイの初期の好盤だと思います。マッコイのファンである「マッコイ者」にはマスト・アイテム、そして、モード・ジャズとは如何なるものか、の問いに答える、モード・ジャズ初期のサンプルとしても有効な盤だと思います。

明らかに、それまでのビ・バップな、ハードバップなピアニストとは一線を画する、明らかに異なる奏法と響き、そしてフレーズ。もちろん、マッコイのピアノは実に良く鳴っています。

 
 

震災から5年。決して忘れない。まだ5年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

2016年4月 1日 (金曜日)

マッコイの初リーダー作である

いつの頃からか、マッコイ・タイナーのピアノが意外と好みである。テクニック良く多弁でモーダルな右手、ハンマー打法と呼んでピッタリの「ガーン、ゴーン」と打ち付ける様に弾く左手。とにかく明確で良い。

マッコイ・タイナーは、ジョン・コルトレーンの黄金のカルテットのレギュラー・ピアニスト。しかしながら、僕はコルトレーンのカルテットでバックに回ったマッコイよりも、独立してリーダーとして、ならではの個性的なピアノを弾きまくるマッコイの方が好みである。ということで、マッコイ・タイナーのリーダー作の聴き直しを進めることにした。

まずは初リーダー作である。McCoy Tyner『Inception』(写真左)。1962年1月の録音。1960年にジョン・コルトレーンのカルテットに参入しているので、コルトレーンと共演していた時期に、初リーダー作をリリースしたことになる。

第一印象は、バリバリ硬派のピアノ・トリオである。ちなみにパーソネルは、McCoy Tyner (p), Elvin Jones (ds), Art Davis (b)。3人ともコルトレーン門下生の優秀どころ。演奏全体の雰囲気は明らかに「コルトレーン・ミュージック」である。しかも、フリーに傾いていない、モーダルな雰囲気。
 

Inception

 
ベースにアート・デイビス、ドラムにエルビン・ジョーンズという超弩級のトリオで、迫力のあるピアノ・トリオが聴ける。特に、エルビンのドラミングは迫力十分、超絶技巧の極み。アート・デイビスのベースは重量感溢れ、迫力十分。タイナーのピアノは、初リーダー作とはいえ、バリバリに弾きこなしていて立派。

奏法としては、既に「シーツ・オブ・サウンド」のピアノ版的な、音符を敷き詰めた様な、テクニックとスピード溢れる奏法は、コルトレーンをピアノに置き換えた様な雰囲気。それでも、冒頭の「インセプション」などは、初リーダー作ゆえ、前がかり気味な早弾きになりがちで、タイナーの緊張と意気込みが伝わってくるようで微笑ましい。

まだまだこなれていないところもあって、マッコイの個性の確立というところまではいかないが、マッコイのピアノの個性については、この初リーダー盤で十分に聴いて取れる。明らかに、それまでのビ・バップな、ハードバップなピアニストとは一線を画する、明らかに異なる奏法と響き、そしてフレーズ。

当時、このアルバムがリリースされた時、当時のジャズ者の皆さんは、結構驚愕したか戸惑ったか、したんでは無いでしょうか。それほど、この初リーダー作には、新しいジャズ・ピアノの響きが充満しています。ジャズ・ピアノ好きにはマスト・アイテムでしょうか。

 
 

震災から5年。決して忘れない。まだ5年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

その他のカテゴリー

AOR CTIレーベル ECMレーベル Enjaレーベル jazz Miles Reimaginedな好盤 Pops R&B rock SteepleChaseレーベル T-スクエア The Great Jazz Trio Yellow Magic Orchestra こんなアルバムあったんや ながら聴きのジャズも良い アキコ・グレース アダムス=ピューレン4 アブドゥーラ・イブラヒム アラウンド・マイルス アル・ディ・メオラ アンドリュー・ヒル アート・ブレイキー アート・ペッパー イエス イエロージャケッツ イスラエル・ジャズ イタリアン・ジャズ イタリアン・プログレ インパルス!レコード イーグルス ウィントン・ケリー ウィントン・マルサリス ウェイン・ショーター ウェザー・リポート ウェス・モンゴメリー ウエストコースト・ジャズ ウディ・ショウ ウラ名盤 エリック・クラプトン エリック・ドルフィー エルトン・ジョン エンリコ・ピエラヌンツィ オスカー・ピーターソン オーネット・コールマン カウント・ベイシー カシオペア カーティス・フラー カーラ・ブレイ キャノンボール・アダレイ キャンディド・レーベル キング・クリムゾン キース・ジャレット ギル・エバンス クインシー・ジョーンズ クイーン クリスマスにピッタリの盤 クロスオーバー・ジャズ グラント・グリーン グレイトフル・デッド グローバー・ワシントンJr ゲイリー・バートン コンテンポラリーな純ジャズ サイケデリック・ジャズ サザンロック サム・リヴァース サンタナ ザ・クルセイダーズ ザ・バンド ジャケ買い「海外女性編」 ジェフ・ベック ジミ・ヘンドリックス ジミー・スミス ジャキー・マクリーン ジャコ・パストリアス ジャズ ジャズの合間の耳休め ジャズロック ジャズ・アルト ジャズ・オルガン ジャズ・ギター ジャズ・テナー ジャズ・トランペット ジャズ・トロンボーン ジャズ・ドラム ジャズ・ピアノ ジャズ・ファンク ジャズ・フルート ジャズ・ボーカル ジャズ・レジェンド ジャズ・ヴァイオリン ジャズ・ヴァイブ ジャズ喫茶で流したい ジョシュア・レッドマン ジョニ・ミッチェル ジョン・コルトレーン ジョン・スコフィールド ジョン・レノン ジョージ・ハリソン ジョー・ヘンダーソン スタンリー・タレンタイン スタン・ゲッツ スティング スティング+ポリス スティービー・ワンダー スティーブ・カーン スピリチュアル・ジャズ セロニアス・モンク ソウル・ジャズ ソウル・ミュージック ソニー・クラーク ソニー・ロリンズ ソロ・ピアノ タンジェリン・ドリーム ダスコ・ゴイコヴィッチ チック・コリア チャールズ・ミンガス チューリップ テテ・モントリュー デイブ・ブルーベック デイヴィッド・サンボーン デクスター・ゴードン デュオ盤 デューク・エリントン デューク・ジョーダン デヴィッド・ボウイ トミー・フラナガン トランペットの隠れ名盤 ドゥービー・ブラザース ドナルド・バード ハンク・ジョーンズ ハンク・モブレー ハンプトン・ホーズ ハービー・ハンコック バリトン・サックス パット・メセニー ビッグバンド・ジャズは楽し ビル・エバンス ビートルズ ビートルズのカヴァー集 ピアノ・トリオの代表的名盤 ファンキー・ジャズ フィニアス・ニューボーンJr フィル・ウッズ フェンダー・ローズを愛でる フュージョン・ジャズの優秀盤 フリー フリー・ジャズ フレディー・ハバード ブッカー・リトル ブラッド・メルドー ブランフォード・マルサリス ブルース・スプリングスティーン ブルーノート ブレッカー・ブラザース プレスティッジ・レーベル プログレッシブ・ロックの名盤 ベニー・ゴルソン ベーシストのリーダー作 ホレス・シルバー ホレス・パーラン ボサノバ・ジャズ ボビー・ハッチャーソン ボブ・ジェームス ポップス ポール・サイモン ポール・マッカートニー マイケル・ブレッカー マイルス・デイヴィス マッコイ・タイナー マル・ウォルドロン マンハッタン・ジャズ・クインテット マンハッタン・トランスファー ミシェル・ペトルチアーニ ミルト・ジャクソン モダン・ジャズ・カルテット モード・ジャズ ヤン・ハマー ユセフ・ラティーフ ラテン・ジャズ ラリー・カールトン リッチー・バイラーク リトル・フィート リバーサイド・レーベル リンダ・ロンシュタット リー・モーガン リー・リトナー ルー・ドナルドソン レア・グルーヴ レイ・ブライアント レジェンドなロック盤 レッド・ガーランド レッド・ツェッペリン ロック ロッド・スチュワート ローランド・カーク ヴィーナス・レコード 上原ひろみ 北欧ジャズ 吉田拓郎 和ジャズの優れもの 四人囃子 夜の静寂にクールなジャズ 天文 天文関連のジャズ盤ジャケ 太田裕美 寺井尚子 尾崎亜美 山下達郎 山中千尋 旅行・地域 日本のロック 日本男子もここまで弾く 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 桑原あい 欧州ジャズ 歌謡ロック 渡辺貞夫 渡辺香津美 米国ルーツ・ロック 荒井由実・松任谷由実 西海岸ロックの優れもの 趣味 青春のかけら達・アーカイブ 音楽 音楽喫茶『松和』の昼下がり 高中正義 70年代のロック 70年代のJポップ

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー