2006年4月27日 (木曜日)

パワー全開、グランド・ファンク・レイルロード

朝から雨で鬱陶しかったが、今日は、青森へ日帰り出張。青森へは、飛行機で往復。まあ、これだけ、出張で飛行機に乗っていると、窓際の席で景色を楽しむよりは、トイレに行ったり、着いたとき、早く、荷物を下ろせるように、つまりは、出入りが自由な通路側で、しかも、クラスJの席が満席で取れない時は、非常口のある席に限る。小さな飛行機は駄目だけど、中型機以上は、そこには、CAさんが座る席があるので、足下が広い。エコノミー席なのに、とにかく、座りやすい。しかも、運が良ければ、CAさんとお話も出来るし、目の保養にもなる(オイオイ、コラコラ・・・笑)。

青森は、やはり、東京に比べて寒い。最高気温が、12〜3度かな。まあ、冬の背広を着ていったので、震えることは無く、「やっぱり、ちょっと寒いね〜」って感じだった。今日、訪問した会社の方の話によると、あと2〜3日で、弘前の桜が咲くとか。春の足取りは、はや、みちのくまで伸びてきているのだ。GW明けは、北海道上陸だな。

Caught

今日は、出張と言うことで、朝から、気合いをいれる意味で、グランド・ファンク・レイルロード(以下GFRと略す)の「グランド・ファンク・ツアー'75」を聴きながら、空港へ。いや〜、いいねえ。GFRって。もう、これって、我こそはアメリカン・バンドって感じ。単純なリフ、単純な歌詞、単純なリズム、でこれらを、パワー全開でぶっ飛ばしまくるのだ。単純だからと、バカに出来ないそのパワー。

う〜ん、痛快。単純・単細胞なのに、LPにして2枚組のボリュームを一気に聴かせてしまうパワーって、すごいぞ、GFR。ちなみに、GFRって、カバー曲が良いよね(オリジナルも良いけどね)。ストーンズの「ギミー・シェルター」、アニマルズの「インサイド・ルックイング・アウト」、加えて、リトル・エヴァの「ロコ・モーション」。すべてGFRの代表曲だ。それと、なんとも懐かしい、今でもノリノリの「アメリカン・バンド」。マーク・ファーナーの艶のある高音ボーカル、ドン・ブリューアーのドスの利いたボーカル、メル・サッチャーのブンブンなベース。単純明快、パワー全開。これぞ、アメリカン・バンド!

でも、今日のフライト、天気が悪かったけど、あんまり揺れなくて良かった〜。

2006年4月26日 (水曜日)

嫌なことがあったら、ジャズでリセット

今日は、ほぼ体調も回復し、まあまあ気分が良い。朝から、天気も良く(ちょっと冷え込んだけど)、ワクワク気分で会社へ。でも、こういう気分の良い時に限って、面白くないことが起こるもんで、言われのない、訳の分からない理由で(何回聞いても判らんかったなあ、その理由・・・)、会社の中で、公衆の面前で罵倒された。会社の中で、公衆の面前で、机を叩いて罵倒するなんて、まあ、おおよそ、まともな大人のやることでは無いので、やられた方としてはたまったもんじゃない。後で謝ってきたが、公衆の面前で罵倒されて、好き勝手言われて、それから謝られたからって、直ぐにニコニコ笑って、仲直りなんて、子供でもしない。

Tntそうすると、謝っているそばから、批判再開。「あんたは間違っている」。もういいよ、評論家的で気に入らないのだったらそれでいい。僕は僕のスタイルを変えるつもりはないから。文句を言うなら、言うなりの最低限のマナーってものがあるよな。声を荒げて高圧的に出れば、人は恐れ反省し、自分の思い通りになるって思ってるのかな。こんなくだらん事で時間を浪費していることが、アホくさくなった。


嫌なことがあった後、それをリセットするには、音楽に限る。僕の場合、こんな時は、ジャズだ。ジャズに限る。ロックは駄目。エキサイトして、嫌なことが再び蘇り、カーッとするからな。落ち着いてリセットするには、ジャズに限る。

実は、最近、ジャズのビック・バンドが密かに気に入ってきているのだが、今、お気に入りの一枚が、Diva Jazz Orchestraの「TNT: Tommy Newsom Tribute」。ニューヨークでの、女性のプロミュージシャンばかりのビック・バンドである。これが、なかなかの内容なのだ。日本でブレイクした、山中千尋もピアノで参加。ビッグ・バンドという枠内で腕をふるう山中千尋のピアノが聴ける、珍しいアルバムである。

やはり、全て女性ミュージシャンという特性なんだろうか、そこはかとなく音がまろやかで、ゆったりとしている。包み込むような柔らかさが漂う、品位あるビッグ・バンド・ジャズである。う〜ん、癒されるなあ。このアルバムを聴きながら帰宅したら、もう、嫌な思いは、ほぼ無くなって、後に引かなくなった。はっはっはっ、こんなくだらないことで、気に病むなんてまっぴら御免。

音楽は、ぼくの精神的な窮地を、いつもいつも救ってくれる。

2006年4月25日 (火曜日)

朝から体調が悪く、鈴蘭咲いて、ウィントン・ケリー?

朝から体調が悪く、今日は仕事は休み。なんだか、朝から眩暈がして、起きあがって歩くとクラクラする。まあ、昔から、春もしくは秋に良くあるので、もう諦めているが、寝ていると我慢できるので、しばらくはゴロゴロ寝ていた。今日は天気もコロコロ変わる天気で、朝は雨、途中、日がさしたと思ったら、昼頃、ちょっと強い雨と雷。午後2時過ぎからは、晴れ間が広がって、ちょっと肌寒いが、清々しい日和になった。体調もその頃には、まあまあ復調してきた。明日は、たぶん、仕事に行けるだろう。

Suzuran_1_10夕方、バルコニーを見ると、鈴蘭が咲き始めている。昔、10年くらい前に、新聞代の集金のおばちゃんに一株だけ貰って、それが、ドンドン増殖、今では、大きめのプランター5個を埋め尽くすまでに。小さくて、白くて、愛らしい花で、僕は大好きだ。この花が咲くと、春たけなわ。今年は例年より2週間ほど遅い。

体調が持ち直し、気分も良くなったので、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」の更新の準備を始めた。今回の更新は、久しぶりの「ジャズ・ピアノ」のコーナー。僕は、ピアノが弾けるので、いきおい、ジャズでも得意なジャンルは「ジャズ・ピアノ」。ロックでは「キーボード」となるんだが、今回は、僕のFavorite Pianistの一人、ウイントン・ケリーについて、語りたいと思っている。

このウイントン・ケリーって、個性の強いピアニストの一人で、喫茶店やバーで、BGMとしてかかっていても、すぐ彼と判る特徴を持ったピアニストだ。ちょっと粘って弾むような、明るい音。ケリーのピアノを聴くと、毎回、ああジャズってええなあ、って、心から感じることが出来る。ドライブの効いた優雅なラインを弾きこなし、それでいて、音と音の間の取り方が絶妙。彼のアルバムから、僕のお気に入りを4枚ほど、ご紹介しようと思っています。乞う、ご期待。

しかし、いつもと違う体調の悪さって、嫌だよね。今日は、早く寝よ。

2006年4月24日 (月曜日)

ティル・ブレナーの最新作は良いですよ

酔っぱらっている。今日は、久しぶりに、まずい酒を飲んだ。非常に気分が悪い。あんな奴らに自分の社会人人生を左右されるのかと思うと反吐が出る。人を安く見るのも休み休み言え! と怒りをぶちまけて、今日のトピックを・・・(笑)。

さて、今日は、ティル・ブレナーの最新作「オセアーナ」を聴いた。ジョニ・ミッチェルのパートナーとして知られる名匠ラリー・クラインをプロデュースに迎えた、2年ぶりとなるアルバム。マデリン・ペルー、カーラ・ブルーニをゲストに迎えた極上のバラード・アルバム。

これが、とても良い。パット・メセニー&チャーリー・ヘイデンの「ミズーリの空高く」のトランペット版みたいな、とても叙情的で、とても耽美的なアルバム。バラード・アルバムだけあって、スローな曲ばかりなんだけど、それ故に、ティル・ブレナーのトランペットのテクニックの素晴らしさが溢れ出て、テンションが高い演奏ばかりで、バラード一色のアルバムなのに、最後まで聴き通してしまう。久々に、ゆったりと落ち着いて、じっくり耳を傾けるアルバムが来た〜、って感じ。大々的にお勧めです。

嫌なことがあった時こそ、優れたバラード・アルバムが心を癒すんだよな。

2006年4月23日 (日曜日)

キース・ジャレットの「ケルン」を聴く

いや〜、いらっしゃい。バーチャル音楽喫茶「松和」へようこそ(笑)。

朝から、どんより曇り空。朝のうち、少し日差しもあったが、昼前からは、蕭々と雨が降り出した。4月も23日というのに、雨が降り出してからというもの、またまた、少し肌寒い気候に・・・。鬱陶しいなあ。ほんまに4月も下旬か?

今日は、午前中に買い物に出かけ、車を出したので、重いもの中心に買い物。午後からは、昨日からの偏頭痛が悪化したので、バッファリンを飲んで、様子を見ながら、ハードディスクに溜まった録画モノを片っ端から見る。2時間ほど経つと、さすがバッファリン、偏頭痛が和らいだので、昨日できなかったホームページの更新へ。

今日は、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャス・フュージョン館」の「マスターのひとりごと」のコーナーと、「懐かしの70年代館」の「まだまだロックキッズ」のコーナーを更新。どちらも、それぞれのジャンルに関する音楽の話題提供のコーナーで、今回は、どちらも書籍に関する情報を一つずつ。どちらのコーナーもリニューアルして2ヶ月になるが、毎週1回の更新ペースに落ち着いてきて、なんとか軌道に乗った感じがある。

ホームページの更新をしながら、今日は、キース・ジャレットの「ケルン・コンサート」をジックリと聴いた。スイング・ジャーナルの4月号にも特集が組まれているが、このキース・ジャレットの「ケルン」は、ジャズのジャンルで、ソロ・ピアノのジャンルを定着させた名盤中の名盤である。

ただし、この「ケルン」の第一印象は、ジャズ・ピアニストのキースが弾いているにも関わらず、その雰囲気はクラシック的な香りを感じる、おおよそ、ビートの効いたジャズとは、ほど遠い演奏だったので、当時は「これはジャズにあらず」と、一部で叩かれまくったアルバムである。今の耳で聴くと、十分にジャズの要素が感じ取られ、この「ケルン」は、ジャズ・ピアノの歴史的なスタイルを集約して、即興というスチュエーションの下で演奏されたもので、これは十分にジャズの範疇内にある演奏である。

この「ケルン」、全ての演奏が素晴らしいのだが、その中でも、ラストのアンコール演奏「ケルン,1975年1月24日・パート2c」は絶品。僕は、この演奏を聴く度に、音楽の美しさと儚さを感じる。その美しさと儚さ故に、しみじみと感じ入って、胸がジーンとしてくる。音楽の美しさをダイレクトに体験できる、優れた演奏の一つである。

春に聴くキースの「ケルン」は、聴く人をセンチメンタルにさせる。

その他のカテゴリー

AOR Blue Note LTシリーズ Blue Noteレーベル Candidレーベル CTIレーベル ECMレーベル Enjaレーベル jazz Miles Reimaginedな好盤 Pabloレーベル Pops Prestigeレーベル R&B Riversideレーベル rock Savoyレーベル Smoke Sessions Records SteepleChaseレーベル T-スクエア The Great Jazz Trio TRIX Venusレコード Yellow Magic Orchestra 「松和・別館」の更新 こんなアルバムあったんや ながら聴きのジャズも良い アイク・ケベック アキコ・グレース アダムス=ピューレン4 アブドゥーラ・イブラヒム アラウンド・マイルス アラン・ホールズワース アル・ディ・メオラ アンドリュー・ヒル アート・アンサンブル・オブ・シカゴ アート・ファーマー アート・ブレイキー アート・ペッパー アーネット・コブ アーマッド・ジャマル アーロン・パークス イエス イエロージャケッツ イスラエル・ジャズ イタリアン・ジャズ イタリアン・プログレ インパルス!レコード イーグルス ウィントン・ケリー ウィントン・マルサリス ウェイン・ショーター ウェザー・リポート ウェス・モンゴメリー ウエストコースト・ジャズ ウディ・ショウ ウラ名盤 エディ・ハリス エリック・クラプトン エリック・ドルフィー エルトン・ジョン エルヴィン・ジョーンズ エンリコ・ピエラヌンツィ オスカー・ピーターソン オーネット・コールマン カウント・ベイシー カシオペア カーティス・フラー カーラ・ブレイ キャノンボール・アダレイ キング・クリムゾン キース・ジャレット ギラッド・ヘクセルマン ギル・エバンス クインシー・ジョーンズ クイーン クリスチャン・マクブライド クリスマスにピッタリの盤 クリフォード・ブラウン クロスオーバー・ジャズ グラント・グリーン グレイトフル・デッド グローバー・ワシントンJr ケイコ・リー ケニー・ドリュー ケニー・ドーハム ケニー・バレル ケニー・バロン ゲイリー・バートン コンテンポラリーな純ジャズ ゴンサロ・ルバルカバ サイケデリック・ジャズ サイラス・チェスナット サザンロック サド=メル楽団 サム・リヴァース サンタナ ザ・クルセイダーズ ザ・バンド ジャケ買い「海外女性編」 シャイ・マエストロ ジェフ・ベック ジミ・ヘンドリックス ジミー・スミス ジャキー・マクリーン ジャコ・パストリアス ジャズ ジャズの合間の耳休め ジャズロック ジャズ・アルト ジャズ・オルガン ジャズ・ギター ジャズ・テナー ジャズ・トランペット ジャズ・トロンボーン ジャズ・ドラム ジャズ・ピアノ ジャズ・ファンク ジャズ・フルート ジャズ・ベース ジャズ・ボーカル ジャズ・レジェンド ジャズ・ヴァイオリン ジャズ・ヴァイブ ジャズ喫茶で流したい ジャック・デジョネット ジャン=リュック・ポンティ ジュニア・マンス ジョシュア・レッドマン ジョニ・ミッチェル ジョニー・グリフィン ジョン・アバークロンビー ジョン・コルトレーン ジョン・スコフィールド ジョン・マクラフリン ジョン・レノン ジョーイ・デフランセスコ ジョージ・ケイブルス ジョージ・ハリソン ジョージ・ベンソン ジョー・サンプル ジョー・ヘンダーソン スタッフ スタンリー・タレンタイン スタン・ゲッツ スティング スティング+ポリス スティービー・ワンダー スティーヴ・カーン スティーヴ・ガッド スティーヴ・キューン スパイロ・ジャイラ スピリチュアル・ジャズ スムース・ジャズ スリー・サウンズ ズート・シムス セロニアス・モンク ソウル・ジャズ ソウル・ミュージック ソニー・クラーク ソニー・ロリンズ ソロ・ピアノ タンジェリン・ドリーム ダスコ・ゴイコヴィッチ チェット・ベイカー チック・コリア チック・コリア(再) チャーリー・パーカー チャールズ・ミンガス チャールズ・ロイド チューリップ テテ・モントリュー ディジー・ガレスピー デイブ・ブルーベック デイヴィッド・サンボーン デイヴィッド・ベノワ デクスター・ゴードン デュオ盤 デューク・エリントン デューク・ジョーダン デューク・ピアソン デヴィッド・ボウイ デヴィッド・マレイ トニー・ウィリアムス トミー・フラナガン トランペットの隠れ名盤 トリオ・レコード ドゥービー・ブラザース ドナルド・バード ナット・アダレイ ネイティブ・サン ネオ・ハードバップ ハロルド・メイバーン ハンク・ジョーンズ ハンク・モブレー ハンプトン・ホーズ ハービー・ハンコック バディ・リッチ バド・パウエル バリトン・サックス バリー・ハリス バーバラ・ディナーリン パット・マルティーノ パット・メセニー ビッグバンド・ジャズは楽し ビッグ・ジョン・パットン ビリー・チャイルズ ビル・エバンス ビル・チャーラップ ビル・フリゼール ビートルズ ビートルズのカヴァー集 ピアノ・トリオの代表的名盤 ファラオ・サンダース ファンキー・ジャズ フィニアス・ニューボーンJr フィル・ウッズ フェンダー・ローズを愛でる フュージョン・ジャズの優秀盤 フリー フリー・ジャズ フレディー・ハバード ブッカー・リトル ブラッド・メルドー ブランフォード・マルサリス ブルース・スプリングスティーン ブルー・ミッチェル ブレッカー・ブラザース プログレッシブ・ロックの名盤 ベイビー・フェイス・ウィレット ベニー・グリーン (p) ベニー・グリーン (tb) ベニー・ゴルソン ホレス・シルバー ホレス・パーラン ボサノバ・ジャズ ボビー・ティモンズ ボビー・ハッチャーソン ボブ・ジェームス ポップス ポール・サイモン ポール・ブレイ ポール・マッカートニー マイケル・ブレッカー マイルス・デイヴィス マイルス(エレ) マッコイ・タイナー マル・ウォルドロン マンハッタン・ジャズ・クインテット マンハッタン・トランスファー マーカス・ミラー ミシェル・ペトルチアーニ ミルト・ジャクソン モダン・ジャズ・カルテット モード・ジャズ ヤン・ガルバレク ヤン・ハマー ユセフ・ラティーフ ラテン・ジャズ ラリー・カールトン ラリー・コリエル ラルフ・タウナー リッチー・バイラーク リトル・フィート リンダ・ロンシュタット リー・コニッツ リー・モーガン リー・リトナー ルー・ドナルドソン レア・グルーヴ レイ・ブライアント レジェンドなロック盤 レッド・ガーランド レッド・ツェッペリン ロイ・ハーグローヴ ロック ロッド・スチュワート ロン・カーター ローランド・カーク ワン・フォー・オール ヴィジェイ・アイヤー 上原ひろみ 僕なりの超名盤研究 北欧ジャズ 吉田拓郎 和ジャズの優れもの 和フュージョンの優秀盤 四人囃子 増尾好秋 夜の静寂にクールなジャズ 大江千里 天文 天文関連のジャズ盤ジャケ 太田裕美 寺井尚子 小粋なジャズ 尾崎亜美 山下洋輔 山下達郎 山中千尋 敏子=タバキンBB 旅行・地域 日本のロック 日本男子もここまで弾く 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 本多俊之 桑原あい 欧州ジャズ 歌謡ロック 深町純 渡辺貞夫 渡辺香津美 米国ルーツ・ロック 英国ジャズ 荒井由実・松任谷由実 西海岸ロックの優れもの 趣味 青春のかけら達・アーカイブ 音楽 音楽喫茶『松和』の昼下がり 高中正義 70年代のロック 70年代のJポップ

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー