« ミンガスの名盤 『メキシコの想い出』 | トップページ | 1980年の新感覚のアコ・ジャズ »

2024年3月29日 (金曜日)

音志向の転換点・Samurai Samba

1970年代後半から1980年代前半のフュージョン・ブームの真っ只中、後に伝説となる人気グループが多く出た。パッと頭に浮かんだだけでも、「スタッフ」「ジェントル・ソウツ」「クルセイダーズ」「ブレッカー・ブラザーズ」「ステップス・アヘッド」「スパイロ・ジャイラ」「イエロージャケッツ」など、個性溢れるバカテク集団がずらり。

Yellowjackets『Samurai Samba』(写真左)。1985年のリリース。ちなみにパーソネルは、Russell Ferrante (key), Marc Russo (as), Jimmy Haslip (5-string bass), Ricky Lawson (ds)。後に伝説となる人気グループの一つ、イエロージャケッツの3枚目のアルバム。オリジナル・メンバーのギタリスト、ロベン・フォードが完全に抜けて、ギター抜きのカルテット体制が確立した、最初のアルバム。

バンド・サウンドとしては、バンド当初のテクニカルで軽快でポップ、爽快なL.A.フュージョン志向から、AORを抱き込んだ、エレクトリックでアーバンなコンテンポラリー・ジャズへと変化し始めている。ギターの代わりに、マーク・ルッソのサックスが入り、アーバンな雰囲気を醸し出す。
 

Yellowjacketssamurai-samba

 
そして、ボーカルのゲストに、AORの貴公子「ボビー・コールドウェル」がゲスト参加して、ソフト&メロウなボーカルを披露している。このコールドウェルのボーカルが、アダルト・コンテンポラリーな雰囲気を増長し、デビュー当時の「爽快なL.A.フュージョン」を過去のものにしている。

それでも、「爽快なL.A.フュージョン」の名残りの「キャッチーで歯切れの良いリズム&ビート」はそこはかとなく残っていて、曲によっては、エレクトリックでアーバンなコンテンポラリー・ジャズに完全に変化しきっていないところが、この盤の「肝」。

この「爽快なL.A.フュージョン」の名残りの「キャッチーで歯切れの良いリズム&ビート」は以降もバンドの個性として残り、イエロージャケッツの個性の一つである「スカッとしたフュージョン・ジャズ」として定着する。以降、イエロージャケッツは、エレクトリックでアーバンなコンテンポラリー・ジャズと、スカッとしたフュージョン・ジャズのハイブリッドなサウンドを個性として、「深化」を続けていく。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!

 ★ AORの風に吹かれて 

  ・『AirPlay』(ロマンチック) 1980

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2024.01.07 更新

    ・西海岸ロックの雄、イーグルス・メンバーのソロ盤の
   記事をアップ。

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2024.01.08 更新

  ・チューリップ『ぼくが作った愛のうた』『無限軌道』
   の記事をアップ。

Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から13年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« ミンガスの名盤 『メキシコの想い出』 | トップページ | 1980年の新感覚のアコ・ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミンガスの名盤 『メキシコの想い出』 | トップページ | 1980年の新感覚のアコ・ジャズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  

カテゴリー