Date/Time


2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 最高の「92年ブルーノート東京」 | トップページ | エヴァンスの『Half Moon Bay』 »

2024年2月10日 (土曜日)

第2期RTF『第7銀河の讃歌』再び

マイルスがエレクトリック・ジャズに手を染めたのが切っ掛けとなって、1970年代前半のジャズのトレンド、「ジャズの電気化」と「ロックとの融合」が進み始める。いわゆる「クロスオーバー・ジャズ」である。マイルスはいち早く電気化を実現、「ファンク」との融合を推し進めた。

そこで、チック・コリアは考える。第1期Return to Forever(RTFと略)では、それまでのジャズのトレンドを集約し、最先端のコンテンポラリーなメインストリーム志向の純ジャズを実現した。かたや、マイルス親分はファンクなエレ・ジャズでブイブイ言わせている。チックもエレ・ジャズをやりたくなった。そして、チックは「ハードなインスト・ロック」との融合を選択する。

Return to Forever『Hymn of the Seventh Galaxy』(写真左)。邦題は『第7銀河の讃歌』。1973年8月レコードプラネットで録音。パーソネルは、Chick Corea (key, p, org), Bill Connors (g), Stanley Clarke (b), Lenny White (ds, per)。第2期RTFのデビュー盤である。

「最先端のコンテンポラリーなメインストリーム志向の純ジャズ」を実現した第1期RTFから、ジャズの象徴的楽器であるサックスを抜いて、代わりに、ロックの象徴であるエレギを導入。バンド・サウンドのロック色を強めて、バンドのサウンド志向を「ジャズ・ロック」に定める。

エレギの担当には、ブルース&ロック畑のギタリスト「ビル・コナーズ」を抜擢。「くすんだ音でちょっとラフな調子」というコナーズのエレギが相当効果的に効いている。速いフレーズを弾き回す時、ビートを崩す感じのラフな弾き回しになるんだが、これがアタッチメントの音と相まって「くすんだ音でちょっとラフな調子」になっている。これが、この盤のジャズロックの音の最大の個性。その個性を全面に押し出して、わざとロックっぽく弾いている雰囲気が実に良い。

そして、この第2期RTFはハードなジャズ・ロックに徹することになる。とにかく「ハード」。ただ、旋律はキャッチャーでメロディアスなものが中心なので、ハードな演奏ではありながら、聴き辛いというものではない。70年代ロックで言うと、プログレ、例えばイエスとかクリムゾン、ELPの演奏が聴けるのならば、全く問題の無いハードさである。
 

Hymn_seventh_galaxy_1

 
主役のチックのエレクトリック・キーボードについては申し分無い。これほどまでに、エレクトリック・キーボードを弾きこなせるミュージシャンはいないと思う。それぞれのキーボード&シンセに精通し、それぞれのキーボード&シンセの個性をしっかり踏まえた使い分けについては素晴らしい限り。

もう一つ、チックの凄いところは、この盤に収録されている自作曲の出来の良さ。旋律はキャッチャーで、ロマンティックでメロディアス。スパニッシュ・フレーバーが隠し味。この様な「印象的な旋律」を持った曲を中心に構成されている。

故に、この盤はアレンジも良く考えられていて、聴きやすく親しみ易く、聴いていて楽しく「ノリ易い」。この辺りが、同時代、トニーが率いた「ライフタイム」や、マクラフリンが率いた「マハヴィシュヌ・オーケストラ」との違いだろう。

他のメンバーも素晴らしいパフォーマンスを披露する。クラークのベースはブンブン唸りを上げ、ホワイトのドラミングは重爆撃機の如く重低音ビートを供給する。この超重量級のビート&リズムも、この第2期RTFの特徴。

あの千変万化のチックの重力級キーボードと、ビル・コナーズの重量級エレキギターを相手にするには、これくらいの「超重量級」のリズム・セクションで迎え撃たないと、バンド演奏全体のバランスが取れない。

エレギがコナーズなので、なんとなく、第2期RTFの諸作の中で、評価が一段だけ低めだが、どうしてどうして、収録された曲やグループ・サウンズ全体の雰囲気など、総合的に見渡すと、なかなかに優れた、相当に尖った「ハードなジャズロック」だと思う。

ハードな演奏内容ではあるが、収録されている演奏の旋律は「キャッチャーでメロディアス」。これがこのバンド独特の個性となって、このチック率いる第2期RTFは、当時最高の部類の「ジャズロック」バンドとして人気を獲得していく。今の耳にも、強烈な「ハードなジャズロック」として訴求力抜群である。
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!

 ★ AORの風に吹かれて 

  ・『AirPlay』(ロマンチック) 1980

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2024.01.07 更新

    ・西海岸ロックの雄、イーグルス・メンバーのソロ盤の
   記事をアップ。

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2024.01.08 更新

  ・チューリップ『ぼくが作った愛のうた』『無限軌道』
   の記事をアップ。

Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から12年10ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« 最高の「92年ブルーノート東京」 | トップページ | エヴァンスの『Half Moon Bay』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最高の「92年ブルーノート東京」 | トップページ | エヴァンスの『Half Moon Bay』 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  

カテゴリー