« ガッド・ギャング再び、である。 | トップページ | 聴いて楽しいソウル・ジャズ盤 »

2023年5月16日 (火曜日)

硬派でモーダルなモブレー盤 『No Room for Squares』

ハンク・モブレーは、自身のリーダー作については、ほとんどが、ブルーノート・レーベルからリリースされている、いわゆる「ブルーノート専属」のテナー・マン。モブレーのパフォーマンの個性は、ブルーノートからリリースされたリーダー作を追うことで、しっかりと理解出来る。

Hank Mobley『No Room for Squares』(写真左)。1963年3月7日と1963年10月2日、2つの異なるセッションのカップリング。ブルーノートの4149番。アルバム・タイトルは「四角四面なヤツお断り」という意味。

ちなみにパーソネルは、Hank Mobley (ts), Philly Joe Jones (ds), は2つのセッション共通。トランペットとピアノとベースが交代していて、1963年3月7日(#3 & 6)は、Donald Byrd (tp), Herbie Hancock (p), Butch Warren (b)、1963年10月2日(# 1, 2, 4, 5, 7 & 8)は、Lee Morgan (tp), Andrew Hill (p), John Ore (b) が担当している。

録音年は1963年。ジャズはハードバップが成熟し、そのハードバップをベースとした「多様化」の時代に突入していた。ポップスとしてのジャズに追従した「ファンキー・ジャズ」「ソウル・ジャズ」、ジャズの芸術性を追求した「モード・ジャズ」「フリー・ジャズ」と、モダン・ジャズは両極端な演奏志向に二分されて、更なる進化をしていた時代である。

そこで、ハンク・モブレーである。モブレーは「ポップスとしてジャズ」を良しとしなかった様で、硬派にも「ジャズの芸術性を追求」する志向を突き進む。後にエレ・ジャズやジャズロックにも殆ど手を染めなかった様で、どうもモブレーは「硬派な志向のジャズマン」だった様な気がする。
 

Hank-mobley-no-room-for-squares

 
このアルバムも、2つのセッションに分かれているが、どちらも、こってこてのモード・ジャズである。2つのセッションに参加しているメンバーは、皆、モード・ジャズに精通しているメンバーばかりなので、これはこれで統一感があって良い。リーダーのモブレー自身、モーダルなテナーは得意中の得意なので、このアルバムのモブレーは堂々と思索溢れるフレーズを吹きまくっている。

1963年3月7日のセッション(#3 & 6)では、ハンコックが素晴らしい。こってこてモーダルなフレーズをガンガンに連発する。間の取り方といい、フレーズの拡げ方といい、絶妙としか言いようのない弾き回し。

1963年10月2日のセッションでは、モーガンのトランペットとモブレーのテナーの「モーダルなフロント2管」が格好良くって、モーガンもモブレーも、こってこてモーダルなフレーズをガンガンに吹きまくっている。しかし、モブレーのテナーって、モーガンのトランペットとの相性がとても良いよね。

タイトルの「四角四面なヤツお断り」というよりは「軟弱なヤツお断り」ってな感じの、筋金入りのモード・ジャズ盤。この盤を初めて聴いた時、モブレーがこんなに硬派な、こだわりのあるジャズマンだとは思わなかった。

偉大なるB級テナー・マンとか、ミドル級のテナー・マンとか、はたまた「バップ時代で最も過小評価されているミュージシャンの一人」(wikipediaより引用)とか、あまり芳しい評価が無いモブレーだが、モード・ジャズをガンガンに吹きまくるモブレーは無敵。モブレーはウェイン・ショーターに比肩する「こってこてモーダルなテナー・マン」と僕は解釈している。
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!

 ★ AORの風に吹かれて 

  ・『AirPlay』(ロマンチック) 1980

 ★ まだまだロックキッズ    【New】 2022.12.06 更新

    ・本館から、プログレのハイテク集団「イエス」関連の記事を全て移行。

 ★ 松和の「青春のかけら達」

  ・四人囃子の『Golden Picnics
 

Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から12年2ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« ガッド・ギャング再び、である。 | トップページ | 聴いて楽しいソウル・ジャズ盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ガッド・ギャング再び、である。 | トップページ | 聴いて楽しいソウル・ジャズ盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  

カテゴリー