« ジョンアバの個性が良く判る盤 | トップページ | ECMだがジャジーなジョンアバ »

2022年9月 4日 (日曜日)

グリーンのメジャー・デビュー

ベニー・グリーンというピアニストは隅に置けない。日本人好みのピアノを弾くと評されるが、意外と我が国では人気はイマイチ。最近のジャズ・ピアニストの特集などで、現代のジャズ・ピアニストのお勧めで、ベニー・グリーンという名前を見かけたことが無い。しかし、このピアニスト、ネオ・ハードバップにおけるモーダル・ピアノの先駆者として、実に優れたパフォーマンスを聴かせてくれているのだ。

Benny Green『Lineage』(写真左)。1990年1月30日、2月1日の録音。ちなみにパーソネルは、Benny Green(p), Ray Drummond (b), Victor Lewis (ds)。ブルーノート・レコードからのリリース。ネオ・ハードバップのバップ・ピアノを先取りしたピアニスト、ベニー・グリーンのメジャー・デビュー作になる。初リーダー作から3作目にして、メジャー・デビューである。その才能がいかに着目され、期待されていたかが判る。

そして、さすが、ブルーノートである。Matt Pierson(マット・ピアソン)のプロデュースによって、ベニー・グリーンのピアノの個性であ「明るく判り易く、どこかポップな、過去のモード・ジャズな演奏を下敷きにしていない、ネオ・ハードバップのバップ・ピアノを先取りしたモーダルな弾きっぷり」をしっかりと記録している。

Criss Cross時代の2枚のリーダー作と比べて、ベニー・グリーンのピアノ全体の雰囲気は「明るい」。明るくシンプルで端正なモード・ジャズ。この辺りも意外と当時としてはユニーク。1960年代のモード・ジャズが持つ、硬派で真摯でテンションが高い雰囲気の微塵も無い。
 

Benny-greenlineage

 
バックを司る、ベースのレイ・ドラモンド、ドラムのビクター・ルイスのリズム&ビートについても、1960年代のモード・ジャズ独特のリズム&ビートの影を一切反映していない。ベースとドラム、1990年時代で、二人が考える、将来のモーダルなリズム&ビートを叩きだしている。これが、グリーンのネオ・ハードバップのバップ・ピアノを先取りしたモーダルなピアノにぴったり合っているから堪らない。

収録曲は、ボビー・ティモンズ、セロニアス・モンク、エルモ・ホープ、バド・パウエルなど、ジャズのピアニストの歴史を彩る「スタイリスト」達の曲を選んでいる。それぞれ、演奏スタイル、踏襲するトレンド、どれも異なるのだが、その個性は強烈。そんなピアニスト達の自作曲を、グリーンは、グリーンの感覚でモーダルにアレンジし、モーダルに表現し直している。

これって、簡単な様で結構難しいアレンジと弾き回しかと思うのだが、この難度の高いアレンジを、グリーンは「明るく判り易く、どこかポップな、ネオ・ハードバップのバップ・ピアノを先取りしたモーダルな弾きっぷり」で、事も無げに対応している。

今までのジャズ雑誌でのジャズ・ピアノ盤の紹介記事や、ネットでのピアノ・トリオのお気に入り評についても、このベニー・グリーンのメジャー・デビュー作について、そのタイトルが挙がることはまず無い。でも、このトリオ盤は、現代のネオ・ハードバップのモード・ジャズに通じる、「ベニー・グリーンの考えるモード・ジャズ」をしっかりと記録している。ベニー・グリーンを理解する上では避けては通れないメジャー。デビュー盤だと思います。
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!

 ★ AORの風に吹かれて        【New】 2022.03.13 更新。

  ・『AirPlay』(ロマンチック) 1980

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2022.03.13 更新。

   ・遠い昔、懐かしの『地底探検』

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2022.03.13 更新。

   ・四人囃子の『Golden Picnics』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から11年5ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« ジョンアバの個性が良く判る盤 | トップページ | ECMだがジャジーなジョンアバ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョンアバの個性が良く判る盤 | トップページ | ECMだがジャジーなジョンアバ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー