« ファーマーのハードバップの成熟 | トップページ | ジャズテットの魅力を再認識する »

2022年8月 3日 (水曜日)

オズ・ノイの新盤は「推し」です

酷暑の日が続く。午前中でも、用事があって外を歩いていると、5分も経たないうちに、被っている帽子の表面が暑くなってくるのが判る。10分も日なたを歩いていると、両腕の皮膚がジリジリ焼けてくるのを感じる。これは確かに「危険な暑さ」だ。こういう酷暑の日は、エアコンをつけた部屋でジッとしているのが良い。そして、ジャズを聴くのが良い。

Oz Noy, Ugonna Okegwo, Ray Marchica『Riverside』(写真左)。ちなみにパーソネルは、Oz Noy (g), Ugonna Okegwo (b), Ray Marchica (ds)。現代のシングルトーン&ファンキーなギタリスト、オズ・ノイがリーダーのバリバリ硬派なギター・トリオ編成。定番の有名スタンダード曲を多く取り上げた「小粋なジャズ盤」。

オズ・ノイ(Oz Noy)は、1971年、イスラエル生まれ。今年で51歳になる。イスラエルでトップ・ミュージシャンとなり、1996年にNYへ移住。人気、実力ともにトップクラスのギタリストとなる。2003年、初リーダー作をリリースして以来、コンスタントにリーダー作を発表し続け、本作はリーダー作として12作目になる。
 

Oz-noyriverside

 
オズ・ノイのギターは、グラント・グリーンやパット・マルティーノの様な、流麗でファンキーなシングル・トーンが身上。ピッキングはエッジは円やかだが力強いもの。ブルース・フィーリングが見え隠れするところが独特の個性。対位法的フレーズもユニークで、聴けばすぐ判るくらい個性的なギター。この魅惑的なシングル・トーンで、往年の有名スタンダード曲をやると、とにかく「映える」。

冒頭の「All The Things You Are」、続くビ・バップの名曲「Anthropology」を聴くだけで、この盤は「只者では無い」ことが実感出来る。続く「Have You Met Miss Jones」でもうメロメロ、これもビ・バップの名曲「Billie's Bounce」で、オズ・ノイに「最敬礼」である。しかも、これら有名スタンダード曲を、あまり今までに聴いたこともないアレンジとフレーズで弾き回すから、この盤には「新しさ」が溢れているのだ。

このオズ・ノイのギター・トリオ、コロナ禍による都市封鎖の中、ハドソン川を見下ろす公園でジャム・セッションを重ね、演奏の精度を上げて、スタジオ録音に臨んだとのこと。確かに、良くリハーサルされた、精度の良い演奏であることが聴いていて良く判る。それほどまでに出来の良い、内容の濃い、現代のギター・トリオ盤。今年のジャズ・ギター盤の中で「推し」の一枚です。
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!

 ★ AORの風に吹かれて        【New】 2022.03.13 更新。

      ・『AirPlay』(ロマンチック) 1980

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2022.03.13 更新。

  ・遠い昔、懐かしの『地底探検』
 
 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2022.03.13 更新。

  ・四人囃子の『Golden Picnics』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から11年4ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4 
 

« ファーマーのハードバップの成熟 | トップページ | ジャズテットの魅力を再認識する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ファーマーのハードバップの成熟 | トップページ | ジャズテットの魅力を再認識する »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー