« 躍動感溢れるブレイクの新盤 | トップページ | リトルの考える「新しいジャズ」 »

2022年3月21日 (月曜日)

ボシレフスキ・トリオの新作

2017年以降、キース・ジャレットが引退状態になってから、既に5年が経つ。2018年に脳卒中を2回発症して麻痺状態となり、まだ左半身が部分的に麻痺しており、ピアノ演奏に復帰できる可能性が低いとのこと。実に残念なことではあるが、ジャズは生きている。キースのフォロワーなジャズ・ピアニストが幾人か現れ出でて、とても内容のあるリーダー作をリリースしている。

Marcin Wasilewski(マルチン・ボシレフスキ)。1975年生まれ。ポーランド出身のピアニスト。今年47歳の中堅ピアニスト。13歳の時に手に入れたキース・ジャレットのアルバムに感銘し、強い影響を受ける、とある。確かに、ボシレフスキのピアノはキースの影響が感じられる。しかし、それだけでは無い。彼は彼なりの独特の個性がある。僕はそこに惹かれている。

Marcin Wasilewski『En attendant』(写真左)。2019年8月の録音。ちなみにパーソネルは、Marcin Wasilewski (p), Slawomir Kurkiewicz (b), Michal Miskiewicz (ds)。ECMレーベルの7枚目。とてもECMレーベルらしいトリオ盤。ECMレーベル独特のエコーと残響が、ボシレフスキのピアノの音を引き立てる。クルキエヴィッツのベース音とミスキエヴィッチのドラミングが、ECMエコーに映えて、クールな躍動感を演出する。
 

En-attendant_marcin-wasilewski

 
このポーランドのトリオの表現はより多面的に、より広範囲な志向のトリオ演奏を実現している。ボシレフスキのピアノは、ベースは「キース・ジャレット」。しかし、キースの様な鋭角でアブストラクトな面は希薄、より耽美的でリリカルな、丸みを帯びたフレーズがボシレフスキの独特の個性。どこかキースかな、と思えるところが微笑ましい。さすが、良い意味でキースのフォロワーである。
 
収録曲は全部で7曲。ピアノ・トリオへのアレンジが素晴らしい、カーラ・ブレイの名曲「Vashkar」、そしてバッハの「Goldberg Variations」からのセレクト。また、ボシレフスキのどこかゴスペルチックな「Glimmer of Hope」、ドアーズの「Riders On The Storm」の秀逸なカヴァーなど、ボシレフスキの耽美的でリリカルで、丸みを帯びたフレーズが個性のピアノが「映える」選曲とアレンジが実に粋だ。

耽美的でリリカルに留まらず、時に「ゴスペル」風に仄かな躍動感を伴ってインタープレイを展開するマルチン・ボシレフスキ・トリオは魅力的だ。このトリオの持つ「透明感」は欧州ジャズならではのもの。現代の欧州のピアノ・トリオを代表する存在になってきたなあ、と感慨深さを感じる、マルチン・ボシレフスキ・トリオの新作である。
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2022.03.13 更新。

  ・『AirPlay』(ロマンチック) 1980

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2022.03.13 更新。

  ・遠い昔、懐かしの『地底探検』

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2022.03.13 更新。

  ・四人囃子の『Golden Picnics』

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から11年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« 躍動感溢れるブレイクの新盤 | トップページ | リトルの考える「新しいジャズ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 躍動感溢れるブレイクの新盤 | トップページ | リトルの考える「新しいジャズ」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー