« スミスの「ウォーラー愛奏曲集」 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・228 »

2022年2月18日 (金曜日)

「現代のサッチモ」が息づく盤

時々、スイング・ジャズ等のオールド・スタイルのジャズが聴きたくなる。今回の切っ掛けは、NHKの朝の連ドラ『カムカムエヴリバディ』。昭和・平成・令和の3時代を、ラジオ英語講座と共に生きた母娘孫3世代のヒロインの一世紀におよぶ家族物語を描くドラマ。このドラマにジャズが出てくるのだ。

ルイ・アームストロング(愛称「サッチモ」)の「On the Sunny Side of the Street」がたびたび流れる。しかも、サッチモのファースト・ネームを取って、二代目ヒロインの名前が「るい」、ニックネームが「サッチモちゃん」(笑)。他、戦前のジャズ喫茶が出てきたり、戦後のジャズのライヴハウスが出てきたり、で、朝の連ドラには珍しく、ジャズに関する事柄は結構出てくる。

Wonderful World Of Louis Armstrong All Stars『A Gift To Pops』(写真左)。2021年9月のリリース。ルイと妻のルシールが1969年に設立したニューヨークの組織LAEF(ルイ・アームストロング教育財団)の50周年を記念して、LAEFのエグゼクティブ・ディレクターであるジャッキー・ハリスの推薦により、ルイ・アームストロング教育財団によって2018年に発案された「オール・スターズ」のパフォーマンスの記録。
 

A-gift-to-pops

 
サッチモのアルバムを、と思ってネットを徘徊していたら、この話題盤に出会った。昨年、生誕120年、没後50年を迎えたジャズの生みの親であり、アメリカ・ポピュラー音楽史上屈指のエンターテイナーであるサッチモへのオマージュを込めたアルバム。アレンジは現代風だが、サッチモ現役時の雰囲気をしっかりと反映していて、聴いていて楽しい。

1930年録音の「The Peanut Vendor」から、1968年録音の、サッチモのキャリアの中で最も有名な「What a Wonderful World」まで、トランペッター兼ヴォーカリストのサッチモの50年にわたるキャリアから、特に印象的な曲を14曲チョイスしている。どの曲も印象的なアレンジが施され、参加ミュージシャンのレベルも高く、演奏はとても「格調高い」。

現代のサッチモがこの盤に息づいている。それぞれの演奏の充実度がかなり高いので、53分の収録時間があっと言う間。サッチモの活躍した時代がちょっと古いので、当時、録音された音源は、どれもが今の耳で聴くと「イマイチ」の音源。しかし、この盤は「今」の録音。サッチモゆかりのパフォーマンスが、現代の音で聴ける。これはこれで「アリ」だと思う。とにかく、聴いていて楽しい。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年11ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« スミスの「ウォーラー愛奏曲集」 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・228 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スミスの「ウォーラー愛奏曲集」 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・228 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー