« 遅れてきた「才能」の秀作です | トップページ | ボブ・ジェームスの最新ライヴ盤 »

2022年2月 8日 (火曜日)

「ライオンの狂気」第三弾である

ブルーノート・レーベルには、その音を聴いて驚愕するアルバムが幾枚かある。オーナー&プロデューサーのアルフレッド・ライオンのたっての希望で実現した「ライオンの狂気」と呼ばれるアルバム群。ジャズの原風景である「リズム&ビートの洪水」がメインの内容で、ジャズというよりは、今で言う「ワールド・ミュージック」なアルバム群である。

「ライオンの狂気」と呼ばれるアルバムは、まず、ブルーノートの1554番・1555番の、Art Blakey『Orgy In Rhythm, Vol.1&2』(1957年3月録音)。その次に、ブルーノートの4004番・4005番の、Art Blakey『Holiday for Skins vol.1 & 2』(1958年11月9日録音)。そして、今回ご紹介するこの盤の3種類。

Art Blakey『The African Beat』(写真左)。1962年1月24日の録音。ブルーノートの4097番。ちなみにパーソネルは、

Art Blakey(ds, timpani, telegraph drum, gong),
Ahmed Abdul-Malik (b),
Yusef Lateef (cow horn, fl, ts, mbira, oboe),
Curtis Fuller (timpani),
Chief Bey (double gong, conga, telegraph drum),
Robert Crowder (Batá drum, conga)
James Ola. Folami (conga)
Solomon G. Ilori (vo, talking drum, pennywhistle),
Montego Joe (corboro drum, log drum, bambara drum, double gong)
Garvin Masseaux (shekere, African maracas, conga)
 

The-african-beat

 
パーソネルを見渡すと、ジャズではあまりお目にかからない打楽器が多数、使用されている。それら珍しい打楽器の大本は「アフリカ」。タイトル通り、アフリカの打楽器中心の、アフリカン・ネイティヴな、ワールド・ミュージックど真ん中な即興演奏が繰り広げられている。

録音時期は1962年。まだハードバップが多様化し始めた時代に、このような、後の「ワールド・ミュージック」を先取りした演奏が記録されていたとは、驚きでしか無い。さすがは、ブルーノートの総帥プロデューサーのアルフレッド・ライオンである。ジャズの「源」である、アフリカン・ネイティヴなパーッカッション・ミュージックをしっかりと企画し、録音している。

この盤は「ライオンの狂気」と呼ばれる前2作に比べ、単なるリズム合戦からは脱却した、アフリカン・ネイティヴな、リード、パーカッション、ボイスの饗宴となっていて、しっかりとメロディーもあり、リズム&ビートも整ったもので、野趣溢れるパーッカシヴな音世界ではあるが、ワールド・ミュージックとして、今の耳にも十分に訴求する内容である。

アフリカの台地に響く音、草原を吹き抜ける風、人々の生活する雰囲気、動物たちのざわめき、そんなイメージが脳裏をよぎる、古さを感じさせない、ワールド・ミュージックど真ん中な即興演奏は実に魅力的。この「ワールド・ミュージック」志向の音世界が好きな方々には堪らない内容である。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年10ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

 

« 遅れてきた「才能」の秀作です | トップページ | ボブ・ジェームスの最新ライヴ盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遅れてきた「才能」の秀作です | トップページ | ボブ・ジェームスの最新ライヴ盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー