« 神保彰『SORA』を聴いて思う | トップページ | TRIXの「アニソン」カヴァー盤 »

2022年2月22日 (火曜日)

神保彰のユニークなドラムソロ盤

我が国のフュージョン・ジャズにおける、伝説的ドラマー神保彰。今までは「ファンク、そしてラテン」がメインの音世界。が、今回は新志向であるAORフィーリングなアルバム『SORA』(昨日ご紹介)と、もう一枚、前作の『30 TOKYO Yellow』からの新志向、ドラムソロにフォーカスしたアルバムを同時リリースしている。

神保彰『アメアガリ』(写真左)。2021年12月のリリース。このアルバムは、ドラムは神保自身が叩いているが、その他の音はすべてプログラミングで対応している。つまりは、神保彰のソロ・アルバムであり、ドラムソロのアルバムでもある。ドラム以外のその他の音は、神保のドラムを引き立たせる為にあると捉えた方が判り易い。

この新作『アメアガリ』は「ドラム以外、すべてプログラミング」というコンセプトについては賛否両論だろう。プログラミングのメロディーやフレーズを「無機質」と捉えるか否かで、評価は分かれるだろう。「無機質」と捉えれば、当然、ドラム以外のメロディーやフレーズも、人が演奏するべき、そうじゃないと平板で飽きる、という評価になるだろう。
 

Ameagari

 
しかし、である。神保彰のドラミングにフォーカスを当てて、そのドラミングを引き立たせる為に、プログラミングされたメロディーやフレーズがある、という切り口で考えると、これはこれで「アリ」と思うのだ。全てが自分1人が考える演奏する音世界で完結する。ソロアルバムの究極の姿ではある、と思ったりする。

神保彰いわく「『アメアガリ』の曲は、歌モノような“A・B・サビ”という構成ではなく、1つのグルーヴが最初から最後までずっと続いていて、メロディはすごくシンプルな1つのモチーフが提示され、それが変化していく」。なるほど、納得の説明である。この盤はあくまで、神保のドラミングを愛で、神保独特のリズム&ビートを感じるアルバムなのだ。

どの曲でも、神保のドラミングは興味深く面白い。とても色彩豊かで、様々なグルーヴ感が聴いていて楽しい。そんな様々なグルーヴ感に応じて、プログラミングされた「彼ならでは」のメロディーやフレーズが効果的に挿入される。神保のドラミングが多彩なので、意外と飽きない。面白いチャレンジ、面白いドラムソロ盤である。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年11ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« 神保彰『SORA』を聴いて思う | トップページ | TRIXの「アニソン」カヴァー盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神保彰『SORA』を聴いて思う | トップページ | TRIXの「アニソン」カヴァー盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー