« 後期パウエルの「いいところ」 | トップページ | スターンの13th.盤は「当たり」 »

2022年2月28日 (月曜日)

バドの最終スタジオ録音盤

バド・パウエルは、1959年、フランシス・ポードラの世話の下、パリに移住する。そして、正式盤として「A Tribute to Cannonball」「A Portrait of Thelonious」(共に1961年)、そして、1963年、パリにて、公式に発表されたスタジオ盤としては、最後の作品を録音する。その後、1964年に米国に戻り、1966年7月31日、鬼籍に入ることになる。

『Bud Powell in Paris』(写真)。1963年2月の録音。ちなみにパーソネルは、Bud Powell (p), Gilbert Rovere (b), Kansas Fields (ds)。プロデューサーは、かのジャズ・ジャイアント、デューク・エリントン。パウエル作の「Parisian Thoroughfare」以外、ジャズ・スタンダード曲で占められたピアノ・トリオ盤。

バドは、リラックスして楽しそうに演奏している風に聴こえる。演奏する曲は、おなじみのジャズ・スタンダード曲。イマージネーションは未だに豊か。その豊かなイマージネーションに指がついていかない部分が散見され、閃いたイメージを弾き切りたい、という前向きな気持ちが出過ぎて、タイム感がふらつく場面が散見されるが、出てくるピアノのタッチ、フレーズは紛れも無く「バド・パウエル」のピアノである。 
 

Bud-powell-in-paris_1_20220228202501

 
1963年と言えば、逝去する3年前。既に健康状態は最悪だった様な気がするのだが、スタンダード曲を弾かせると、やはりバドは凄い。イントロの展開、テーマの崩し方、アドリブ・フレーズの閃き、指がついていかない部分があるとはいえ、やはりバドはバド。一定以上の水準を維持しているから凄い。しかもこの盤でのバドのピアノは「明るい」。ポジティヴにリラックスして弾きまくる。

完璧だったバドが「ミスりヨレる」からこそ良い、なんていうのは余りにセンチな評論だと思う。聴けば判るが、確かにバドは「ミスるヨレる」、タイム感がところどころ「ズレる」のだが、バドの表現しようとする「閃いたフレーズ」が、そのバドの「ミスるヨレるズレる」まで全てをひっくるめて、バド・パウエルの当時、最新のパフォーマンスなのだ。この盤の演奏の全てが「バド」なのだ。それが心に沁みる。

僕は、この盤のバドの、明るくポジティヴにリラックスして弾きまくる音が好きだ。確かにミスタッチはある。確かにタイム感はところどころズレる。しかし、紡ぎ出すフレーズは、紛れも無く「バドの即興フレーズ」なのだ。この唯一無二の個性的な即興パフォーマンスはいつ聴いても良い。特に、彼独特のそこはかと漂う哀愁感が堪らない。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年11ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« 後期パウエルの「いいところ」 | トップページ | スターンの13th.盤は「当たり」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 後期パウエルの「いいところ」 | トップページ | スターンの13th.盤は「当たり」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー