« レッド・ガーランドの遺作です | トップページ | 硬派グリーンのポップな異色盤 »

2022年2月12日 (土曜日)

往年のメセニーが戻ってきた。

久し振りに、パット・メセニーらしいパフォーマンスに出会った気がした。メセニーの新たな取り組みである「Side-Eye プロジェクト」。これは、メセニーが選んだ新進気鋭のジャズマンを招聘、新たなアレンジの過去の楽曲や新メンバーのための新曲を演奏するというもの。このところ、メセニーのパフォーマンスは「頭でっかち」な、人工的な演奏が多かっただけに、この「SIDE EYE プロジェクト」には心が躍った。

Pat Metheny『Side-Eye NYC(V1.IV)』(写真左)。2019年9月12, 13日、NYの「Sony Hall」でのライヴ録音とスタジオ録音。ちなみにパーソネルは、Pat Metheny (g, g-bass, orchestrionic), James Francies (org, p, syn), Marcus Gilmore (ds)。ベースレスの、ギター、キーボード、ドラムの珍しいトリオ編成。

Side-Eyeプロジェクトは、近年活躍している若手アーティストに焦点を当てながら新たなサウンドを創り出していくプロジェクト。本作のタイトルには「V1.IV」という記号のようなものがついているが、これはユニットを組んだミュージシャンの組み合わせを示している。メセニーとキーボードのフランシーズを固定メンバーとして、ドラマーが少しずつ変化したユニット編成となっている。この「V1.IV」は、ドラマーがマーカス・ギルモアが担当している。
 

Sideeye-nyc

 
アルバムに収録されているのは、パンデミックで全米がロックダウンとなる直前にニューヨークで録音されたライヴ・レコーディングが4曲に、スタジオ録音が4曲。いずれの演奏も素晴らしい。往年のパット・メセニー・グループ(PMG)のサウンドが戻ってきた様な印象だ。ライル・メイズ亡き後、PMGのサウンドを再び聴くことは叶わないだろうと思っていただけに、今回のこの「Side-Eye プロジェクト」の音には驚くやら嬉しいやら。

聴く前は、ベースレスが気になったが、パットのギターの音の太さからすると、ベースは意外と邪魔なのかもしれない。今回のベースレスの変則トリオの演奏を聴くにつけ、ベースレスは全く気にならなかった。例えば、ジャコと共演した「Bright Size Life」を聴けば、あのジャコとの共演イメージと、今回のプロジェクトのイメージと比較して違和感は無い。音の響きはPMGサウンドに通じる、クリアでスピード感のあるリリカルな音。

ロック・ビートあり、ブルースあり、コンテンポラリーなストレート・アヘッドなジャズが新鮮。そして、セルフカバーはオリジナルとは異なる新たなアレンジが施されて、生まれ変わった感じがする。往年のPMGのサウンドが戻ってきて、メセニーのギターも往年の輝きを取り戻した感が強くする。往年のパット・メセニーのファンとしては、嬉しい「Side-Eye プロジェクト」である。これから続くであろうアルバムが楽しみである。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年11ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« レッド・ガーランドの遺作です | トップページ | 硬派グリーンのポップな異色盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レッド・ガーランドの遺作です | トップページ | 硬派グリーンのポップな異色盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー