« WRトリビュートのアルバムです | トップページ | フュージョン・ジャズの完成形 »

2021年10月16日 (土曜日)

最近の日本のフュージョン事情

1970年半ば以降、日本のフュージョン・ジャズは充実してきた。我が国のフュージョン・ジャズは、ファンクネスがかなり希薄で、テクニックはかなり優秀、演奏内容に破綻は無く、アドリブ・フレーズの展開は流麗。米国本場のフュージョン・ジャズに十分対抗できる、グローバル・レベルで見て、遜色の無い、高度で内容のあるフュージョン・ジャズ。                   

ADAM at『Silent Hill Re-Record』(写真)。日本発のピアノがメインのインスト・バンド「ADAM at」が、2014年に発表した幻のインディーズ作品『Silent Hill』の収録曲5曲をそのままリイシュー。加えて、その『Silent Hill』の収録曲5曲を、2021年ヴァージョンとして新録音した新装盤。

ASIAN KUNG-FU GENERATION / PHONO TONESの伊地知潔や、UKミクスチャー・バンド=SKINDREDのBenji Webbeなどが参加したピアノ・メインのインスト・バンドで、ダイナミック・レンジの広い、音の切れ味の良いフュージョン・ジャズである。ストレートなエレ・ジャズで、変に捻ったり、コマーシャルに走ったりしない、質実剛健なピアノ中心のインストルメンタルがとても潔い。
 

Silent-hill-rerecord-adam-at

 
どの曲もキャッチャーなフレーズが溢れていて、インスト曲として、とても聴き易い。レンジが広くダイナミズムも十分、リズム&ビートをバッチリ決まっていて、演奏テクニックも非常に高くて、どの曲も聴いていて疲れない。ピアノがメインのフュージョン・ジャズや、1970年代のプログレッシヴ・ロックが好きな方々には、全く違和感無く聴き通すことが出来る内容。

ほとんど「スタジオ・ライヴ」の様な、一発勝負のかっとび演奏が良い。グイグイとアップテンポで押しまくるが、強引では無く、切れ味の良い疾走感が実に良い。というか、音の重ね方とか、アドリブ展開の節回しは、ADAM at ならではの「音」があるようで、他のインストバンドの音とは一線を画する。とにかく、聴いていて感じる爽快感は半端ないレベルだ。

日本のフュージョン・ジャズは1970年代から、高いレベルにあると認識しているが、このADAM at のピアノがメインのインスト・フュージョンの演奏レベルは、21世紀の日本のフュージョン・ジャズのレベルの高さを維持している証に他ならない。このADAM at や TRI4TH など、我が国のフュージョン・ジャズの明日は明るいなあ、と感じる今日この頃である。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年7ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« WRトリビュートのアルバムです | トップページ | フュージョン・ジャズの完成形 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« WRトリビュートのアルバムです | トップページ | フュージョン・ジャズの完成形 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー