« ジャズ喫茶で流したい・220 | トップページ | Full Moonってバンド知ってる? »

2021年10月 3日 (日曜日)

将来のピアノ・トリオ名盤候補

これは最近の「ジャケ買い」の一枚。年齢の入った大ベテラン・ジャズマンの風情。それも「まだまだ現役」風に気合いの入った目。タイポグラフィーがシンプル過ぎてイマイチだが、実にインパクトのあるジャケット写真。しかし、これ誰だったけ。ジャケットの表面にはリーダー名が無い。でも、どっかで見た顔なんだよな〜。

Albert "Tootie" Heath Trio『Philadelphia Beat』(写真)。2014年10月5&7日、フィラデルフィアの「Turtle Studio」での録音。ちなみにパーソネルは、Albert "Tootie" Heath(ds), Ethan Iverson(p), Ben Street(b)。ベテラン・レジェンド級のドラマー、アルバート・ヒースがリーダーのピアノ・トリオ盤。ヒースは1935年生まれなので、この盤、79歳でのリーダー作になる。ジャケ写の主はこの「アルバート・ヒース」でした。

冒頭のスタンダード曲「Bag’s Groove」の曲名を見て、いやはや、懐メロ・ハードバップな演奏集か、と思いきや、静かなパーカッションのソロから入って、テーマ部の主旋律をベースに弾かせて、やっとピアノが出てくるという、一癖も二癖もあるアレンジに、この盤は只者では無い雰囲気が色濃く漂う。さすが、ドラマーがリーダーの盤だけあって、随所にドラミングの妙が聴き応え十分。
 

Philadelphia-beat-1

 
で、これまた、音を選び、間を活かした流麗なセロニアス・モンクの様な癖のあるピアノは誰あろう、イーサン・アイバーソンは、バッド・プラスの中心人物。このアイバーソンのピアノが実にユニーク。今までに無い個性のピアノで、どの曲でも、彼のピアノは、聴いていて実にユニーク。いや〜、このピアノ、癖になるなあ。

3曲目の有名ディスコ曲「I Will Survive(恋のサバイバル)」のカヴァーでのアイバーソンのピアノを聴けば、そのユニークさが良く判る。そんなユニークなピアノに、ほど良く絡んで、間を埋めるベン・ストリートのベースも見事。当然、リーダーのレジェンド、ヒースのドラミングは変幻自在、硬軟自在、緩急自在にアイバーソンのピアノを支え、時に、技を繰り出して前面に踊り出る。

結構、有名スタンダード曲を選んでいるのだが、曲毎のアレンジがユニークなのと、アイバーソンのピアノがユニークなのとで、「手垢の付いた」感や「またか」感が全く無い。どころか、あまりのユニークさに、気が付けばスピーカーに対峙して、じっくり聴き入っている自分がいる。ポップ感や懐メロ感も全く無く、内容的には実に新しいネオ・ハードバップな盤である。これって、将来、ピアノ・トリオの名盤扱いになるんじゃなかろうか、と思ってます。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年6ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« ジャズ喫茶で流したい・220 | トップページ | Full Moonってバンド知ってる? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャズ喫茶で流したい・220 | トップページ | Full Moonってバンド知ってる? »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー