« Full Moonってバンド知ってる? | トップページ | 僕なりのジャズ超名盤研究・6 »

2021年10月 5日 (火曜日)

バップ・ドラミングの伸びしろ

Joe Farnsworth(ジョー・ファンズワース)。1968年、米国マサチューセッツ州生まれのジャズ・ドラマーである。10歳の頃からドラムを習い始め、大学在学時に出会ったエリック・アレキサンダーとは頻繁に共演している。それから、ベニー・ゴルソン、ファラオ・サンダース、ハロルド・メイバーンのリーダー作に参加しているのを聴いている。

僕は、このアレキサンダーのリーダー作で、ファンズワースの名前を知った。明らかに伝統的なバップ・ドラミングだが、変幻自在、硬軟自在、緩急自在な、新しい響きのするドラミングで、伝統的なバップ・ドラミングの可能性について、認識を改めた思い出がある。

堅実でシンプルなドラミングである。ファンズワースのドラム・セットを写真で見たことがあるが、至ってシンプルな構成。数多くのシンバル類やタムタムを使用するドラマーも多々いて、音の変化やスピード感を、セット数の多さでカヴァーしている。しかし、ファンズワースはこのシンプルなセットで、変幻自在、硬軟自在、緩急自在なドラミングを披露する。相当高度なテクニックの持ち主である。

Joe Farnsworth『Time to Swing』(写真左)。2019年12月17日の録音。ちなみにパーソネルは、Joe Farnsworth (ds), Kenny Barron (p), Peter Washington (b), Wynton Marsalis (tp)。ファンズワースのトリオに、トランペットの巨匠、ウィントン・マルサリスが冒頭の「The Good Shepherd」から、4曲目の「Down by the Riverside」までの4曲にのみに客演する編成。
 

Time-to-swing-joe-farnsworth

 
ファンズワースのトラミングは伝統的なバップ・ドラミング。伝統的な響きで実に味のあるドラミング。伝統的なドラミングであるが、その変幻自在、硬軟自在、緩急自在なドラミングは見事の一言。こうやってファンズワースのドラミングを聴くと、モダン・ジャズのドラミングは「かくあるべし」という気分になる。このドラミングをバックにすると、フロント楽器もさぞ吹きやすいだろうと強く思うのだ。

そういう観点で聴き耳を立てると、まず、ウィントンのトランペットが実に良い感じで吹きまくっている。もともとサイドマンに回ったウィントンは素晴らしいパフォーマンスを披露する傾向にあるのだが、このファンズワース+バロン+ワシントンのリズム・セクションのバッキングが素晴らしい分、フロント1管のウィントンが実に気持ちよさそうに、トランペットを吹き上げている。この盤でのウィントンは「文句無し」。

で、このバックのリズム・セクションのみとなった5曲以降の演奏を聴くと、これまた、ピアノのバロンとベースのワシントンが気持ちよさそうに弾きまくる。ファンズワースのドラミングがとても伴奏上手であり、「鼓舞」上手なのだ。叩き出すリズム&ビートが、決して他の楽器の邪魔をしない。

このピアノ・トリオの演奏も実に味わい深いものがある。そんな中、やはり、ファンズワースのドラミングに耳がいく。何の変哲も無い「伝統的な」バップ・ドラミングだが、その高い表現力が故、実に新しい響きに感じる。まだまだ可能性のあるバップ・ドラミングの「伸びしろ」。こういう盤の存在、実に頼もしく感じる。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年6ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« Full Moonってバンド知ってる? | トップページ | 僕なりのジャズ超名盤研究・6 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Full Moonってバンド知ってる? | トップページ | 僕なりのジャズ超名盤研究・6 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー