« ジャズ喫茶で流したい・219 | トップページ | 硬派で先進的なスリー・サウンズ »

2021年9月26日 (日曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・95

我が国は「ジャズ先進国」である。太平洋戦争に負けて、米国駐留軍が我が国にやってきて、軍専用のバーやレストラン中心に、米国の音楽文化のひとつである「ジャズ」を我が国で広めた。朝鮮戦争終戦辺りで、そのムーヴメントは頂点に達し、1950年代半ばには、日本人だけで「ビ・バップ」なジャズを演奏し始める。1960年代にはジャズが我が国で定着した。

そのジャズ文化を支えた大きな「柱」がジャズ喫茶。ジャズ喫茶のマスターは、その時代時代のジャズに精通し、客のジャズ者が知らない「小粋なジャズ」を率先してかけていた。このジャズ喫茶のアルバムの選定については、我が国独特の視点があって実にユニーク。我が国では結構メジャーな盤であるものが、本場米国ではそうでもない盤は「ごまん」とある。

Dodo Marmarosa『Dodo's Back!』(写真左)。1961年5月9日~10日の録音。ちなみにパーソネルは、Dodo Marmarosa (p), Richard Evans (b), Marshall Thompson (ds)。伝説のバップ・ピアニスト、ドド・マーマローサのトリオ盤。端正でバップなマーマローサのピアノ。ベース、ドラムはほぼ無名。これがまあ、味わい深い「バップで小粋なトリオ演奏」に仕上がっているのだから、ジャズって面白い。

ドド・マーマローサ(Dodo Marmarosa)は、1925年生まれの米国の白人ピアニスト。1940年代初頭からプロとしての活動を始め、ビ・バップ・ムーヴィメントの中、レスター・ヤングやチャーリー・パーカーとも共演している。
 

Dodos-back

 
だが、1950年以降、麻薬に手を染めジャンキー化。その後、中毒症状の悪化、麻薬からくる精神病の治療の為の電気ショック療法などを経て、1950年代中盤から後半にかけては、心身ともにボロボロ状態。ところが、ドドは10年後にカムバックした。

カムバック後、1961年に吹き込まれたのが、この盤でタイトルが「ドドのカムバック」。そうした経緯を踏まえて聴くと、この盤は更に味わい深い。明らかにビ・バップのマナーに溢れた、マーマローサのゴツゴツとした力感溢れる、それでいて意外と洒脱なタッチは良い意味で「ユニーク」。正統派なビ・バップなピアノの弾き回しはフレーズが明確で、ドライブ感が溢れている。

バリバリ弾きまくる、ビ・バップなピアノなんだが、どこか寂寞感が漂うところが、我が国のジャズ者の方々の「心の吟線」に響くのかもしれない。この寂寞感が漂うアドリブ・フレーズが何ともはや、しみじみと聴き入ってしまうのだ。この「寂寞感」が、本来のビ・バップなピアノには無い要素。この要素だけで、ドドのピアノは記憶に留まっているのだ。

本盤の後、翌年にも2作ほど録音を行っているが、その後は、再びジャズ・シーンから姿を消す。精神的な病は癒えることは無かったのだろう。ドドのトリオ作はこの1作のみ。ドドのピアノの個性はこの盤が一番良く判る。通常のピアノ・トリオ盤としても良好な内容。謹んで「ピアノ・トリオの代表的名盤」入りをさせていただきたい。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年6ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« ジャズ喫茶で流したい・219 | トップページ | 硬派で先進的なスリー・サウンズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャズ喫茶で流したい・219 | トップページ | 硬派で先進的なスリー・サウンズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー