« バリバリ弾きまくるトリオ盤 | トップページ | ゲイリー・バーツの異色盤です »

2021年8月28日 (土曜日)

ジャズ喫茶で流したい・216

Arthur Blythe(アーサー・ブライス)。自分のジャズ盤のコレクションを確認していて、この人の名前を思い出した。黒人ロフト系のサックス奏者。1970年代〜1980年代に最も輝いたサックス奏者の1人。僕がジャズを本格的に聴き始めた頃、1970年代後半、メジャーな存在となり、我が国でもジャズ雑誌中心に、ブライスのアルバムが紹介されていたので、ブライスの名前には馴染みがある。

1940年、米国LA生まれ、2017年に鬼籍に入っている。1970年代中期にNYに移住後、ジャック・ディジョネットのSpecial Editionのフロントとして世界的知名度を獲得。初リーダー作は、1977年、アバンギャルド・ジャズ専門レーベルから。以降、2003年まで、年1枚程度のペースでリーダー作をリリースしている。

Arthur Blythe『Lenox Avenue Breakdown』(写真左)。1979年のリリース。ちなみにパーソネルは、Arthur Blythe (as), James Newton (fl), Bob Stewart (tuba), James "Blood" Ulmer (g), Cecil McBee (b), Jack DeJohnette (ds), Guillermo Franco (perc)。フロント楽器は、ブライスのアルト・サックスをメインに、フルートとチューバが脇を固める。ギターに鬼才ジェームス・ブラッド・ウルマー、ベースにセシル・マクビー、ドラムにジャック・デジョネットの名前が確認できる。

このパーソネルを見ただけで、まず、旧来の純ジャズ系の内容では絶対無い、ということが判る。ギターにウルマーの存在が実に不穏で(笑)、ベース+ドラムのリズム隊はニュー・ジャズな8ビートを叩き出す。音的には、8ビートがメインの、黒人ロフト系の「フュージョン・ファンク」。今の耳で聴いても、ほとんど古さを感じない「コンテンポラリーなジャズ・ファンク」である。
 

Lenox-avenue-breakdown1

 
これが、むっちゃ格好良い。まず、リーダーのブライスのアルト・サックスが弾けまくっている。8ビートに乗って、格好良いクールなフレーズを連発する。そして、ウルマーの妖しげなコード弾きがアバンギャルドな雰囲気を漂わせ、切れ味の良いコンテンポラリーなグルーヴ感を醸し出す。フルートのフランコはエモーショナルで飛翔感溢れる吹き回し、スチュワートのチューバは魅力的な低音フレーズを撒き散らす。

そして、何と言っても、セシル・マクビーのベース、ジャック・デジョネットのドラムによるニュー・ジャズな8ビートが素晴らしく格好良い。特に、デジョネットの叩き出す8ビートには惚れ惚れするほどだ。このリズム隊の8ビートがこの盤の演奏全体の「要」になっている。そして、時々、8ビートから4ビートへリズム・チェンジするのだが、これがまた格好良い。これだけ気持ち良いリズム・チェンジはそうそう無い。

タイトル曲「Lenox Avenue Breakdown」などは、適度な緊張感を伴ったロック系の8ビートなリフが特徴的で、マクビーとデジョネットの叩き出す8ビートなリズム&ビートがジャジーなので、演奏全体の雰囲気はジャズに留まっているが、ほとんど「ロック」と言っても良いユニークな内容が面白い。一方、ラストの「Odessa」は、フリー・ジャズの要素が濃いが、個々のソロは充実の内容。

ジャジーでコンテンポラリーなリズム&ビートと、それに乗った魅力的なアドリブ展開で、この盤は、とても素敵な「コンテンポラリーなジャズ・ファンク」満載。チューバの低音とギターの妖しげなコードがファンクネスに拍車をかける。ジャズ・ファンクが基調のエレクトリック・ジャズと評価しても良い内容。とにかく「コンテンポラリーな純ジャズ者」にとっては、とっても聴いて楽しい「ブライス盤」である。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年5ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« バリバリ弾きまくるトリオ盤 | トップページ | ゲイリー・バーツの異色盤です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バリバリ弾きまくるトリオ盤 | トップページ | ゲイリー・バーツの異色盤です »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー