« ニューオリンズでの他流試合 | トップページ | コードからモードへの変化。 »

2021年8月 3日 (火曜日)

90年代のブレイのソロ・ピアノ

Paul Bley(ポール・ブレイ)。久しく、このピアニストの名前を忘れていた。基本は「余白」を活かしたリリカルで耽美的なピアノであるが、アドリブ部は突如フリーキーに展開し、アブストラクトにブレイクダウンする。この「落差」が堪らない。このダイナミックな展開が「即興演奏の魅力」であり、ジャズの「創造力の魅力」であると思うのだ。

Paul Bley『Sweet Time』(写真左)。1993年8月19日の録音。ちなみにパーソネルは、Paul Bley (p)。ポール・ブレイのソロ・ピアノ盤になる。ポール・ブレイのソロ・ピアノ盤と言えば『Open, to Love』(ECM・1972)が頭に浮かぶが、基本的な部分は変わっていないが、ECM盤に漂う「小難しさ」は無く、ブレイの個性がシンプルに判り易いソロ・ピアノになっている。

ポール・ブレイは、カナダ・モントリオール出身のピアニスト。1960年代はフリー・ジャズがメイン。高いテクニックで、フリーキーにアブストラクトに展開するパフォーマンスは圧巻。ではあるが、とにかく「難解」。フリー・ジャズの好きなジャズ者の方々には必須アイテムではあるが、通常のジャズ者の方々にはかなりの「重荷」になる音世界である。
 

Sweet-time-1

 
さて、このライブ盤『Sweet Time』であるが、ECM時代の「気難しい」ところは全く無く、どこか「スッキリ」していて、ブレイのピアノの特徴である「美しくリリカルな」ものと、その合間に「激しいアブストラクトなブレイクダウン」と「思索的で静的なフリー・ジャズ」の交錯がとても良く判る。1980年代くらいまでの「強い毒気や静的な熱気」は影を潜めてはいるが、「美しくリリカル、突然フリーキー」という唐突さ、不思議な雰囲気はしっかり維持されている。

優れたバラード演奏がてんこ盛りなのもこの盤の魅力で、冒頭の「Never Again」、3曲目「Turnham Bay」、5曲目「Lost Love」、8曲目の「Started」、続く9曲目の「As Beautiful As the Moon」など、クールな浮遊感を伴ったリリカルで耽美的な、そして、時々フリーキーなバラード演奏は筆舌に尽くしがたい。崩れそうで崩れないが、時々ブレイクダウンして唐突に疾走するブレイのバラード演奏。即興演奏の極みである。

ブレイのソロ・ピアノって、基本的な部分は、1972年の初ソロ・ピアノ盤『Open, to Love』と変わっていない。この『Open, to Love』から「気難しい」表現を差し引いて、リリカルで耽美的な表現を前面に押し出したものが、この『Sweet Time』になるのかな。フリーな表現も結構入るので、単なる「美しい」ピアノ・ソロ盤では無い。ジャズ者初心者の方は気をつけていただきたい。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・Santana『Inner Secrets』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・イエスの原点となるアルバム

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・この熱い魂を伝えたいんや

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年4ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« ニューオリンズでの他流試合 | トップページ | コードからモードへの変化。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニューオリンズでの他流試合 | トップページ | コードからモードへの変化。 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー