« 優れた内容のフリー・ジャズ | トップページ | 僕なりのジャズ超名盤研究・2 »

2021年8月15日 (日曜日)

僕なりのジャズ超名盤研究・1

全3巻の3巻目が刊行されて、小川隆夫さん著の『ジャズ超名盤研究』が完結した。僕はスイング・ジャーナルに掲載されている時代から、小川隆夫さんのジャズ評論や文筆が大好きで、内容の重複が無い限り、ほぼ全部の著作物を所有している。特に、この『ジャズ超名盤研究』は読み応えのあるジャズ盤紹介本で、ジャズ歴45年の僕でも、この本で、いわゆる「超名盤」について、復習させてもらっているくらいである。

ということで、この小川隆夫さん著の『ジャズ超名盤研究』の超名盤を参考にさせていただきつつ、「僕なりのジャズ超名盤研究」をまとめてみようと思い立った。この歳になると、なかなか「超名盤」について聴き直す機会が無いだけに、楽しみながらの聴き直しになっている。

Billie Holiday『Twelve Of Her Greatest Interpretations - Strange Fruit』(写真)。1939年4月20日、1944年3月25日、4月1, 8日の録音。1959年のリリース。邦題『奇妙な果実』。伝説の女性ジャズ・ボーカリスト、ビリー・ホリデイの最高傑作にしてジャズヴォーカル屈指の名盤。僕がビリー・ホリディに関するアルバムの中で一番最初に入手した盤である。

実は、ジャズ者初心者の頃、ビリー・ホリディの歌唱について、全く響くところが無かった。ただ、彼女の唄う曲の中に「Strange Fruit(奇妙な果実)」があって、この曲の内容、この曲の持つ意味から、ジャズの本質の一部を感じ取る事が出来ると思ったからだ。
 

Strange-fruit

 
当時、僕は大学生で歴史を学んでいた。そして、自分の専門分野の中に米国南北戦争史があった。その延長線上に「ジャズ」あって、人種差別問題は僕の中で、ジャズとは切っても切れない関係にあった。

ビリー・ホリディの歌唱はジャズ・ボーカルの王道をいくものである。が、彼女の歌唱の良さが理解出来る様なるまでに10年程度を要した。今回、聴き直してみて、他のレジェンド級の女性ボーカリストと比較すると、癖が無く、意外とシンプルな歌唱なのに改めて気が付いた。感情をコントロールした、シンプルな唄いっぷりには凄みを感じる。情念がこもった歌唱とでも言ったら良いのか、説得力が半端ない。

古い録音なので音は良くない。この録音の悪さに慣れれば、ビリー・ホリディの歌唱の良さが心に響いてくる。ただ、ジャズ者初心者の頃は、この録音の悪さが気になって、この盤の持つ良さに気が付くことが難しい。ジャズ者初心者にして、この録音の悪さが心地良く感じれば問題ないんだけど。

ということで、この盤はジャズを聴き始めて、ジャズを聴くことが楽しくなって、ジャズの歴史なども学んでみたいと思う、ジャズ者中堅以降の方々に、改めて聴き直して貰いたい「超名盤」である。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年5ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« 優れた内容のフリー・ジャズ | トップページ | 僕なりのジャズ超名盤研究・2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 優れた内容のフリー・ジャズ | トップページ | 僕なりのジャズ超名盤研究・2 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー