« イブラヒムのピアノの近況。 | トップページ | 変わった素性のピアノ・ソロ盤 »

2021年8月10日 (火曜日)

ケニー・ワーナーのソロ・ピアノ

このところ、酷暑の日が続くわ、台風は来るわ、で、エアコンの効いた部屋の中で、大人しく、シンプルで聴き心地の良いソロ・ピアノ盤を好んで聴いている。ソロ・ピアノというのは、そのジャズ・ピアニストの個性と志向がとても良く判る。そのピアニストの持つテクニックのレベルも判るし、今までに体験してきた音楽のトレンドも良く判る。

ケニー・ワーナー(Kenny Wener)。1951年11月、米ブルックリン生まれのジャズ・ピアニスト&コンポーザー。高校在学中からマンハッタン音楽大学のコースに参加、クラシックへの思いを深める。その後、ジャズへ転向。1970年にバークレー音楽大学へ編入。以降、多数の一流ミュージシャンと共演。また、盟友ジョー・ロヴァーノとのアルバムでも好演が聴ける。現在、NY在住で活動中。

Kenny Werner『Solo In Stuttgart』(写真左)。1992年6月10日、独シュトゥットガルトのSDR(Süddeutscher Rundfunk)のスタジオホールでの録音。ケニー・ワーナーのソロ・ピアノ盤。ケニー・ワーナーがシュトゥットガルト公演に臨んだ1992年は、ソロ・ピアノのパフォーマンスを追求し始めた頃。恐らく、ワーナーの初ソロ・ピアノ盤だと思う。
 

Solo-in-stuttgart

 
収録曲は「Dolphin Dance」「Lorraine My Sweet」「Blue in Green」「All the Things You Are」「Anniversary Waltz」「In Your Own Sweet Way」と、「グレイト・アメリカン・ソングブック(アメリカン・スタンダーズ)」をベースにしたもの。ソロ・パフォーマンスと相まって、ワーナーのピアノの個性と志向がとても良く判る。

テクニックはとびきり優秀。高速パッセージも難なくこなす。破綻や揺らぎは全く無い。リズム&ビートは仄かにアーシーではあるが、ファンクネスは希薄。欧州ジャズ系のピアノの響きである。タッチがやや骨太ではあるが、耽美的でリリカルな表現も上々で、エレガンス漂う洗練されたもの。尖った繊細さは無い。アブストラクトな表現も控えめではあるが素性確かなもの。

我が国ではあまり馴染みの無いピアニストではあるが、このソロ盤を聴く限り、本場NYで評価が高く、多くのジャズマンからの共演オファーを受けているのも頷ける。特にアメリカン・スタンダーズ曲における、その親しみやすいメロディに乗せたクリエイティヴなパフォーマンスは素晴らしいの一言。このケニー・ワーナーというピアニスト、もっと他のリーダー作を聴いてみたくなった。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・Santana『Inner Secrets』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・イエスの原点となるアルバム

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・この熱い魂を伝えたいんや

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年4ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« イブラヒムのピアノの近況。 | トップページ | 変わった素性のピアノ・ソロ盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イブラヒムのピアノの近況。 | トップページ | 変わった素性のピアノ・ソロ盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー