« 1974年のトミフラのソロ盤です | トップページ | 優れた内容のフリー・ジャズ »

2021年8月13日 (金曜日)

デイヴ・ホランドのエレベが凄い

この新盤を聴いた時、「この人、幾つになったんだっけ」と思った。1946年10月、英国生まれなので今年で75歳になる。75歳と言えば、もはや「ジャズ・レジェンド」である。僕がジャズを聴き始めた1970年代後半には、ECMレーベルをメインに先鋭的なフリー・ジャズやコンテンポラリーな純ジャズを展開していた。なんだか、強面のベーシスト、というイメージが強かった。それは今でもその印象が強い。

Dave Holland『Another Land』。2019年9月10-11日、NYでの録音。つい先月のリリース。ちなみにパーソネルは、Dave Holland (b), Kevin Eubanks (g), Obed Calvaire (ds)。音が分厚い演奏であるが、なんとギター、ベース、ドラムのいわゆる「ギター・トリオ」である。リーダーのデイブ・ホランドは、アコースティック、エレクトリック、両方のベースをガンガンに弾きまくっている。

演奏は、全て非4ビートのいわゆる「コンテンポラリーな純ジャズ」。1970年代後半から1980年代前半の、ECMレーベルお得意の「ニュー・ジャズ」な雰囲気が満載。しっかりと切れ味の良いファンクネスが入っているところから、エレ・マイルスの延長線上にある「エレ・ジャズ・ファンク」な雰囲気も濃厚。ただ音作りはスマートでシンプルなので、ファンクネスが耳にもたれることは無い。
 

Another-land-1

 
さすが、リーダーのホランドのベースが凄い。アコースティック・ベースは、いつもの、ホランドならではの重力感と鋼性溢れる骨太なものだが、この盤では、とりわけ、エレクトリック・ベースの弾きっぷりが凄い。ソリッドで切れ味の良いエレクトリック・ベースは、その重力感がホランドならではのもの。他のエレベには、この丸く固まった様な鋼性溢れるエレベの重量感は無い。

ケヴィン・ユーバンクスのエレギも「ワン・アンド・オンリー」な弾きっぷりが素敵で、過去のジャズ・エレギ、例えば、マクラフリンやディメオラあたりを引用して良さそうなものだが、ユーバンクスはそれを絶対にやらない。それと、この新盤を聴いて思ったのは、ホランドのベースとの相性の良さ。ギター・トリオというシンプルな編成で、これだけの厚みをある音を出すのだから脱帽である。

ドラムのカルヴェールも、アイデア豊富でアグレッシブなドラミングが魅力的。ホランドのベースとユーバンクスのギターに押されていないところが立派。円熟の非4ビートのエレトリックな「コンテンポラリーな純ジャズ」。何となく1970年代後半から1980年代前半のニュー・ジャズの雰囲気が漂うが、決して音やビートは古くない。その辺りは、このギター・トリオは良く心得たもので、今の「聴く耳」を飽きさせないところはさすがである。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》 更新しました!
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【New】 2021.08.11 更新。

  ・The Brothers Johnson『Light Up the Night』&『Winners』

 ★ まだまだロックキッズ     【New】 2021.08.11 更新。

  ・『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【New】 2021.08.11 更新。

  ・伝説の和製プログレ『四人囃子』

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年5ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« 1974年のトミフラのソロ盤です | トップページ | 優れた内容のフリー・ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1974年のトミフラのソロ盤です | トップページ | 優れた内容のフリー・ジャズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー