« ECMお抱えベーシストの秀作 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・213 »

2021年7月17日 (土曜日)

「進取の気性」のマクリーン

ブルーノートの1500番台から、4000〜4300番台については、ハードバップ期からメインストリーム・ジャズの衰退期まで、カタログに挙がったアルバムを聴き進めるだけで、ジャズの歴史、ジャズの演奏スタイルの変遷が良く判る、と言われる。確かに、ブルーノートのアルバムは「売り上げ」よりも、売り上げを度外視した「ジャズの芸術としての側面」を記録し続けている。

Jackie Mclean『Jackie's Bag』(写真左)。ブルーノートの4051番。1959年1月18日、1960年9月1日の録音。ちなみにパーソネルは、1959年1月18日の録音、Track1-3について、Jackie McLean (as), Donald Byrd (tp), Sonny Clark (p), Paul Chambers (b), Philly Joe Jones (ds)。1960年9月1日の録音、Track4-6について、Jackie McLean (as), Tina Brooks (ts), Blue Mitchell (tp), Kenny Drew (p), Paul Chambers (b), Art Taylor (ds)。

マクリーンのプレステッジからブルーノートに移籍した初リーダー・セッションの記録。全く異なる編成で、LP時代のA面とB面を分け合っている。しかし、それぞれのパーソネルを見ると、とりわけハードバップ期と変わった、新しいトレンドを担うメンバーが入っている訳では無い。この異なる編成の、異なる録音時期のセッションをひとつのアルバムに収録した、アルフレッド・ライオンの意図が最初は全く判らなかった。


Jackies-bag
 

 
1959年1月18日の録音、冒頭の「Quadrangle」を聴くと面白い。マクリーンは、既に、当時の新しいジャズの演奏トレンドに対峙した、フリー・ジャズ的なフレーズにチャレンジしている様子が窺えるが、他のメンバーについては、従来のハードバップな演奏に終始している。マクリーンのチャレンジなどには無関心。ちょっとバランスの悪いセッションになっているのだが、マクリーンの先取性を感じ取る事が出来る。

1960年9月1日の録音もメンバーは異なるが(ベースのポルチェンだけ一緒)、マクリーンの先取性が耳に残る。従来のハードバップな吹き方とはちょっと工夫して、新しい響きにチャレンジしている様に聴こえる。「Appointment in Ghana」など、テーマが意外と先進的。といっても、他のメンバーは1959年1月18日の録音と同様、従来のハードバップな演奏に終始しているが、皆、絶好調。演奏内容として上質の出来。

この盤を聴くと、マクリーンは「進歩するジャズマン」だったことが良く判る。それが、アルフレッド・ライオンの狙いだったのかもしれない。当時の新しいジャズの演奏トレンドにいち早く対峙して、自分なりに工夫して、新しい響きを獲得しようと努力する。そんなマクリーンの先取性がこの盤から聴いて取れる。この後、マクリーンは、ブルーノート・レーベルの録音の中で、新しいジャズの演奏トレンドに積極果敢に挑戦していくのだ。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》

 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・Santana『Inner Secrets』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・イエスの原点となるアルバム

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・この熱い魂を伝えたいんや

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年4ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« ECMお抱えベーシストの秀作 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・213 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ECMお抱えベーシストの秀作 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・213 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー