« 「進取の気性」のマクリーン | トップページ | パウエル派ピアノの現代深化型 »

2021年7月18日 (日曜日)

ジャズ喫茶で流したい・213

ティナ・ブルックス(Tina Brooks)の少し気怠い感じのファンクネス溢れるテナー・サックスの音は、録音当時はそういう意識は無かったのだろうが、正に「ブルーノート・レーベル」らしい音がする。哀愁とファンクネスが色濃く漂うティナのテナー・サックスは一度「填まる」と病みつきになる。

Tina Brooks『Back to the Tracks』(写真左)。1960年9月1日と10月20日の録音。しかし、録音当時はリリースされず、1998年1月にようやくリリースされた、ブルーノート・レーベルお得意の「何故か判らないお蔵入り音源」。一応、カタログ番号は与えられてて、ブルーノートの4052番になる。ちなみにパーソネルは、Tina Brooks (ts), Jackie McLean (as, track 2 only),Blue Mitchell (tp), Kenny Drew (p), Paul Chambers (b), Art Taylor (ds)。

基本編成は、リーダーのティナ・ブルックスのテナー・サックスとブルー・ミッチェルのトランペットの2管フロントのクインテット編成。2曲目の「Street Singer」のみ、マクリーンのアルト・サックスが入る3管フロント。この2曲目だけが「1960年9月1日」の録音になる。2曲目の「Street Singer」の存在と曲順がちょっと中途半端でセッションの統一感が少し崩れていて、それがこの何故か判らないお蔵入り音源」のお蔵入りの理由かもしれない。
 

Back-to-the-tracks

 
録音当時、お蔵入りになった音源とは言え、まず、リーダーのティナ・ブルックスのテナー・サックスについては申し分無い。哀愁とファンクネスが色濃く漂う「個性」をどの曲でも色濃く出しつつ、ブルージーでジャジーなフレーズを吹き上げている。1960年の録音とは言え、ブルックスのテナー・サックスは明らかに「正統派なハードバップ」。安心して聴くことが出来る。

サイドマンに目を転じると、ブルー・ミッチェルのトランペットが絶好調。ブルックスの哀愁とファンクネスが色濃く漂うテナー・サックスに呼応するように、負けずに哀愁感漂うファンキーなトランペットを吹き上げていく。ドリューのピアノのバッキングについてもブルージーなマイナーな響きが堪らない。メンバー全員、息の合った好演を展開していて、聴いていて気持ちが良い。

この盤、発掘リリースされて良かった。ジャズの歴史に名を残す「名盤」では無いが、いかにもハードバップらしい、いかにもブルーノートらしい、ブルージーでジャジーな演奏の数々は「愛聴盤」の類として、しっかりと聴き込まれている。ジャズ者初心者の方々に是非とも、という盤では無いが、ジャズが好きになって、ブルーノート4000番台が好きになったジャズ者の方々には是非聴いて頂きたい「隠れ優秀盤」である。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》

 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・Santana『Inner Secrets』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・イエスの原点となるアルバム

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・この熱い魂を伝えたいんや

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年4ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« 「進取の気性」のマクリーン | トップページ | パウエル派ピアノの現代深化型 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「進取の気性」のマクリーン | トップページ | パウエル派ピアノの現代深化型 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー