« カルデラッツォの優れたトリオ作 | トップページ | ミンガス・バンドを聴き直す。 »

2021年7月31日 (土曜日)

ジャズ喫茶で流したい・215

1970年代は、前半はジャズとロックの融合が主流のクロスオーバー・ジャズが流行、後半はクロスオーバー・ジャズに、ソフト&メロウなAORの要素とソウル・ミュージックからR&Bの要素を加えた、フュージョン・ジャズが流行した。しかし、その傍らで、欧州を中心に、純ジャズは脈々と深化を続け、根強い人気を維持した。米国においても欧州ほどではないにしろ、同様だった記憶がある。

L.A.4『Going Home(家路)』(写真)。1977年9月29, 30日の録音。日本のEast Windレーベルからのリリース。ちなみにパーソネルは、Ray Brown (b), Shelly Manne (ds), Laurindo Almeida (g), Bud Shank (as, fl)。バド・シャンクのアルト・サックス&フルートが1管フロント、ピアノレス、代わりにブラジルのギタリスト、ローリンド・アルメイダが参加している。

L.A.4は、1974年から1982年にかけて、ロサンゼルスを拠点に定期的に活動したカルテット。米国西海岸のレジェンド級のジャズマンが参加。とても優れた演奏テクニックと内容で聴く者を魅了した。活動時期が、ちょうどクロスオーバー・ジャズ〜フュージョン・ジャズの全盛期に被っていたので、かなり損をしているが、玄人好みの小粋でポップな純ジャズは今の耳にも十分に訴求する。
 

Going-home
 

4人のジャズマンの個性が明確で、アレンジも良好、小粋で聴かせるアドリブ・パフォーマンスに、旧来の米国西海岸ジャズらしさをヒシヒシと感じる。レイ・ブラウンのベースは骨太で旋律弾きのテクニックは抜群、シェリー・マンのドラムは卓越したテクニックが凄い。アルメイダのギターは独特の哀愁感を湛え、シャンクのアルト&フルートはブリリアントで流麗で聴き心地満点。

収録曲がバリバリの「どスタンダード曲」ばかりだが、気にすることは無い。アレンジ&演奏テクニックが途方も無く良好なので、陳腐で俗っぽいところは全く無い。冒頭のタイトル曲「Going Home(家路)」など、皆が良く知っている俗っぽいメロディーだけに、平凡で陳腐な演奏になりがちだが、この盤での「家路」はそんなところは全く無い。曲の持つ哀愁感をしっかりとジャジーにポップに聴かせてくれる。

5曲目の「Recipe of Love(恋の料理法)」は、これだけの実績あるメンバーを揃えながら、4人の演奏について、とてもバランスが取れた秀逸な内容。プロデュースがバッチリ填まっている。ラストの有名曲「Django」も良好なアレンジで、俗っぽいところは微塵も無い。LPでのリリース時は、録音当時に流行していた「ダイレクトカッティング盤」である。とにかく音が良い。米国西海岸ジャズの良いところが反映された秀作です。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》

 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・Santana『Inner Secrets』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・イエスの原点となるアルバム

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・この熱い魂を伝えたいんや

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年4ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« カルデラッツォの優れたトリオ作 | トップページ | ミンガス・バンドを聴き直す。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カルデラッツォの優れたトリオ作 | トップページ | ミンガス・バンドを聴き直す。 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー