« パブロのホーキンス晩年の優秀盤 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・215 »

2021年7月30日 (金曜日)

カルデラッツォの優れたトリオ作

1965年生まれで今年56歳。1980年代後半に彗星のごとく登場、はやベテランの域に達したジョーイ・カルデラッツォ。セカンド・ネームだけ見ると、イタリアン・ジャズ系のピアニストかと思うのだが、ジョーイ・カルデラッツォは、米国のニューヨーク州ニューロシェル生まれ。生粋の米国人である。

Joey Calderazzo『Going Home』(写真左)。2015年のリリース。ちなみにパーソネルは、Joey Calderazzo (p), Orlando le Fleming (b), Adam Cruz (ds), Branford Marsalis (ts, track2 only)。2曲目の「I never Knew」のみ、ブランフォード・マルサリスのテナー・サックスが入ってクインテット編成になるが、他は基本的にピアノ・トリオ。

カルデラッツォのピアノはどこか欧州の香りがする。言い換えると、ECMレーベルの香り。米国出身ながら、出てくる音にはファンクネスは希薄、タッチは明確でリリカル、フレーズは耽美的でモーダル。チック・コリアとキース・ジャレットとミシェル・ペトルチアーニを足して3で割った様な、いわゆるコンテンポラリーでスタイリッシュなフレーズが「ピアノの個性」。
 

Going-home-joey-calderazzo

 
この2015年作の『Going Home』には、そんなカルデラッツォのピアノの個性が満載。ファンクネスは希薄だが、モーダルでリリカルな弾き回し、どこかアーシーで印象的なフレーズを繰り出し、高速で耽美的なアドリブ展開。

4曲目のスタンダード曲「Stars Fell on Alabama(アラバマに陽が落ちて)」が印象的。ゆったりとしたテンポの中、モーダルで耽美的なアドリブ・フレーズが実に美しい。8曲目の「Mike’s Song」がちょっとユニーク。少し速いテンポの中で、ところどころ、仄かにアーシーでモーダルなメロディが紡ぎだされる。

ラストの「Going Home」は、カルデラッツォのソロ・ピアノ。フォーキーで美しい、郷愁感溢れるフレーズに、思わずセンチメンタルになる。このソロ・ピアノは絶品。カルデラッツォのピアノの本質を強く感じる。

アルバム・ジャケットがシンプル過ぎて平凡で、どこか「パチモン」っぽくて、ちょっと損をしているが、優秀作だと思います。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》

 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・Santana『Inner Secrets』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・イエスの原点となるアルバム

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・この熱い魂を伝えたいんや

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年4ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« パブロのホーキンス晩年の優秀盤 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・215 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パブロのホーキンス晩年の優秀盤 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・215 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー