« ランディとイリアーヌの「娘よ」 | トップページ | スリー・サウンズの好盤の一枚 »

2021年6月20日 (日曜日)

近年のロイドの「屈指の好盤」

ジャズの最重要な老舗レーベルである「ブルーノート・レーベル」。1950年代〜1960年代のカタログ番号、1500番台、4000番台、4100番台、4200番台はジャズの進化の歴史が体感できる「モダン・ジャズの宝庫」なんだが、現代の「ブルーノート・レーベル」も、先進的で個性的なジャズをリリースし続ける、ジャズの最重要なレーベルである。

Charles Lloyd & The Marvels『Tone Poem』。2021年のリリース。ちなみにパーソネルは、Charles Lloyd (ts, fl), Bill Frisell (g), Greg Leisz (steel-g), Reuben Rogers (b), Eric Harland (ds)。ピアノレス、チャールズ・ロイドのテナー・サックスが1管フロントのクインテット編成。ギターが通常のギターと、ジャズでは珍しいスチール・ギターが参加している。

不思議な響きが詰まったジャズ盤である。1970年代のECMレーベルがお得意の「ニュー・ジャズ」の雰囲気でもあり、現代の静的なスピリチュアル・ジャズの雰囲気もあり、米国ルーツ・ミュージックをベースとした「ネイチャー・ジャズ」の雰囲気もあり、とにかく、今までに無い、ネオ・ハードバップとは全く対極の、クールでスピリチュアルな雰囲気が満載である。
 

Tone-poem

 
この不思議な音の雰囲気に貢献しているのが「選曲」で、オーネット・コールマン作の「Peace」「Ramblin'」(1〜2曲目)、レナード・コーエン作の「Anthem」(3曲目)、セロニアス・モンク作の「Monk's Mood」(6曲目)、ガボール・サボ作の「Lady Gabor」(8曲目)など、一癖も二癖もある「素敵に捻れた楽曲」が選曲されている。これが「ミソ」なのだ。

これらの「素敵に捻れた楽曲」が、ロイドのテナー、フルート、そして、フリゼールの捻れギター、そして、レイズのスチール・ギターのクールでスピリチュアルな音とぴったりマッチして、ニュー・ジャズの様な、スピリチュアル・ジャズの様な、ネイチャー・ジャズの様な、適度に緩い、不思議な雰囲気の響きが充満している。

近年のロイドのリーダー作、充実している。ロイドのテナーは激しく吹きまくる訳でも無く、淡々として落ち着いた語り口だが説得力は抜群。フリーゼルとレイズのギターも全編に渡って効いていて、思いっ切り印象に残る。ロジャースのベースとハーランドのドラムのリズム隊は、そんな自由度溢れるインプロビゼーションを、変幻自在にサポートしている。これ、ロイドのリーダー作として、屈指の好盤ではないかしら。とにかく現代のモダン・ジャズとして一聴すべき好盤だと思います。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・Santana『Inner Secrets』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・イエスの原点となるアルバム

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・この熱い魂を伝えたいんや

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年3ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« ランディとイリアーヌの「娘よ」 | トップページ | スリー・サウンズの好盤の一枚 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ランディとイリアーヌの「娘よ」 | トップページ | スリー・サウンズの好盤の一枚 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー