« 音は悪いが質の高いライヴ盤 | トップページ | 近年のロイドの「屈指の好盤」 »

2021年6月19日 (土曜日)

ランディとイリアーヌの「娘よ」

ジャズ盤のリイシューには目が離せない。CDの時代になって、既に35年が過ぎて、LPでリリースされていたアルバムのCDfーマットでのリイシューは随分進んだ。しかし、リイシューして売れるアルバムは複数回リイシューされているが、売れそうも無いマニアックなアルバムは未リイシューのままだった。

しかし、ネットのサーバーに音源をアップした「音源ダウンロード」の時代になると、LP時代の音源(ほとんどが磁気テープ)をデジタル音源化してハードディスクにアップする作業が進み、そのデジタル化した音源をネットのサーバーにそのままアップして、ダウンロードして聴くことが出来る様になった。その動きの中で、売れそうも無いマニアックなアルバムもリイシューされることが多くなった。

Randy Brecker & Eliane Elias『Amanda』(写真)。1985年の録音。ちなみにパーソネルは、Randy Brecker (tp), Eliane Elias (p, vo), Will Lee (b), Jeff Mironov (g), Chris Parker (ds), Mark Egan (b), Danny Gottlieb (ds), Michael Brecker (ts, afl), Barry Finnerty (g), Dave Weckl (ds), Manolo Badrena (per), Cyro Badrena (per), Sadao Watanabe (as) 。
 

Amanda_1

 
パーソネルを見渡すと、ブームが過ぎ去ったフュージョン・ジャズの「名手」達が大集合。我が国から「渡辺貞夫」さんの参加もある。音の雰囲気としては「ブレッカー・ブラザース」。イリアーヌの参加によって「ブラジル」色の強い音もそこかしこにある。1985年の録音なんだが、音的には「フュージョン・ジャズ」のブーム真っ只中の典型的なフュージョン・ジャズが展開されている。

特に、ランディ・ブレッカーのトランペットは「はっちゃけて」いる。喜び爆発という感じでトランペットを吹きまくる。イリアーヌもピアノを弾きつつ、唄いまくる。特にイリアーヌのボーカルが良い感じ。気合いが入っている。ランディの弟、マイケル・ブレッカーのサックスも唄っていて、そう、この盤は、ブラジリアン・フュージョン志向のブレッカー・ブラザースだ。

アルバム・タイトルの「Amanda(アマンダ)」は、この盤の録音の前年、1984年に生まれたランディとイリアーヌの間に生まれた娘の名前。そう、ランディとイリアーヌって以前は夫婦だったんですね。なるほど、そういう背景から、娘の「アマンダ」に捧げられたこの盤、ランディとイリアーヌの気合いの入り具合が突出しているんですね。なんだか微笑ましいエピソードです。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・Santana『Inner Secrets』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・イエスの原点となるアルバム

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・この熱い魂を伝えたいんや

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年3ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« 音は悪いが質の高いライヴ盤 | トップページ | 近年のロイドの「屈指の好盤」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 音は悪いが質の高いライヴ盤 | トップページ | 近年のロイドの「屈指の好盤」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー