« デューク・ジョーダンを愛でる | トップページ | ストイックで真摯なマクリーン »

2021年6月23日 (水曜日)

ジャズ喫茶で流したい・209

このアルバムのジャケットは素晴らしい。ブルーノート・レーベルらしさが溢れている。大胆なタイポグラフィー、大胆なレイアウト。しかも、このジャケットにはリーダーのジャズマンの顔写真が無い。恐らく、当時、必要が無かったんだろう。それだけ、この盤のリーダーはジャズ・ファンの間では顔なじみだったのかもしれない。

Lou Donaldson『Sunny Side Up』(写真左)。ブルーノートの4036番。1960年2月の録音。ちなみにパーソネルは、Lou Donaldson (as), Bill Hardman (tp), Horace Parlan (p), Laymon Jackson (b), Sam Jones (b), Al Harewood (ds)。リーダーのルーさんのアルト・サックス、ビル・ハードマンのトランペットのフロント2管。ピアノに新進気鋭のホレス・パーランが座る、新しい響きのリズム隊。クインテットの編成である。

この盤の録音時、ルーさんは34歳。ハードマンは27歳。ホレス・パーランは29歳、サム・ジョーンズは36歳、ヘアウッドは37歳。ルーさんは30歳台メンバーで最若手。ハードマンとパーランはまだ20歳台。ジャズマンの年代レベルからすると「若手中堅」。そんな若手中堅が、「ジャズの多様化」が始まった1960年という時代に、従来からの「ハードバップ」を奏でている。
 

Sonny-sideup

 
が、その「ハードバップ」な響きは、新しい雰囲気を宿している。別にモードをやってる訳じゃ無いし、ファンクネス濃厚でポップな「ファンキー・ジャズ」をやっている訳でも無い。それでも、この盤には当時の「ハードバップの新しい響き」が詰まっているし、この盤の演奏の全体的な雰囲気や響きはどこまでも「ブルーノート・レーベルらしい」のだ。

この盤、シュッとしたブルース・フィーリングが横溢していて、結構、硬派でダンディズム溢れる「ハードバップ」な演奏である。ルーさんのアルトは心地良く唄い、ハードマンのペットはマイナー・ムードでリリカルに響く。パーランのピアノは伴奏上手。アーシーな左手のブロックコードが「合いの手」の様に響き、右手の右手のリズム・タッチのドライヴ感は、フロント楽器をサポートし鼓舞する。実に良い感じのクインテットである。

そう、この盤はジャジーとかファンキーというよりは、ブルージーな盤。溢れんばかりのブルース感覚が、意外と「ハードバップ」の演奏フォーマットの中で新しい感覚で響くのだ。単純な「ハードバップ」な演奏では無い。この盤での濃厚なファンクネスは、この「ブルージー」な感覚を増幅させる為にある。もっともっと評価されるべき「ブルーノート」らしい、ルーさんのリーダー作である。
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・Santana『Inner Secrets』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・イエスの原点となるアルバム

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・この熱い魂を伝えたいんや

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年3ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« デューク・ジョーダンを愛でる | トップページ | ストイックで真摯なマクリーン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« デューク・ジョーダンを愛でる | トップページ | ストイックで真摯なマクリーン »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー