« 「アフロ・キューバン」の先駆け | トップページ | やはりズートのテナーは良い »

2021年6月 1日 (火曜日)

「今」のフュージョン・ジャズ

1970年代後半から1980年代前半は「フュージョン・ジャズ」の時代。「フュージョン・ジャズ」はジャズの派生ジャンルの1つで、
ジャズを基調にロックやラテン音楽、R&B、電子音楽、時にはクラシック音楽などを融合(フューズ)させたもの(Wikipediaより)。ビートの基本は「8ビート」。ロックよりも演奏テクニックが高く、音楽性が豊かで、聴き応えがある。

純ジャズ者の方々からは忌み嫌われる「フュージョン・ジャズ」であるが、演奏テクニック、音楽性、どれをとっても純ジャズと比べて遜色ない。ジャズの派生ジャンルの1つなのだから、ならではの「個性と優秀性」があって然るべきで、どうして感情的になって忌み嫌われるかが判らない。まあ、僕にとっては、フュージョン・ジャズはフリー・ジャズやファンキー・ジャズ、ソウル・ジャズ、モード・ジャズと同じレベルのものなので、あまり気にしていない。

Brian Bromberg『A Little Driving Music』(写真左)。2021年5月のリリース。ちなみにパーソネルは、Brian Bromberg (b), Dave Koz, Everette Harp,Marion Meadows, Darren Rahn, Elan Trotman (sax), Nick Colionne (g),Jerry Cortez (g, Tower of Power), Charlie Bisharat (vln), Lenny Castro (per), Mitch Forman (key), Mitch Forman (acc), Andrew Neu (cl) 等々。フュージョン〜スムース・ジャズ畑の強者の面々が顔を連ねている。
 

A-little-driving-music_brian-bromberg

 
さらには、ドミニカ共和国の国立オーケストラのセレクト・メンバーによるストリングス・セクションも加わっている。パーソネルを見て想像出来るのだが、この盤は典型的な「現代のフュージョン・ジャズ」盤である。リズム&ビート、アレンジ、フレーズ、どれをとっても、1970年代後半から1980年代前半の「フュージョン・ジャズ」の音である。

冒頭の「Froggy's」を聴くだけでワクワク。タワー・オブ・パワーばりの力強いホーン・セクションのユニゾン&ハーモニー、1970年代のR&Bを彷彿とさせるファンク・グルーヴ。そう、ホーン・セクションのアレンジも、リズム&ビートのアレンジも皆、フュージョン・ジャズの志向を踏襲している。他にも「タンゴ」あり、「ブルーグラス」あり、実にバラエティーに富んだフュージョン・ジャズである。聴いていてとても楽しい。

そんなフュージョン・ジャズ志向の音世界野中で、ブロンバーグはハイテクニックなベースを弾きまくる。エレギとユニゾン&ハーモニーするエレベ。ジャコやマーカス・ミラーと比肩する「唄う様に」速いフレーズを、さり気なく、バンバン弾きまくるブロンバーグは凄い。フュージョン者の方々は必聴の好盤です。今の耳にも十分訴求する「フュージョン・ジャズ」。やっぱり、これもジャズですね。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年2ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« 「アフロ・キューバン」の先駆け | トップページ | やはりズートのテナーは良い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アフロ・キューバン」の先駆け | トップページ | やはりズートのテナーは良い »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー