« マルのソロ盤『All Alone』です | トップページ | 1981年の硬派な純ジャズ »

2021年6月15日 (火曜日)

オルガン・ジャズの新しい融合

う〜ん、実に雰囲気のあるジャケットだなあ。タイポグラフィーも秀逸。まるで往年のブルーノート・レーベルのアルバムのよう。ジャズ者であれば、パッと見ただけで「ああ、これはジャズ盤のジャケやなあ」と思う。ジャケの文字をたどると「ジャズ・オルガン」がメインのアルバムだと判る。思わず「ジャケ買い」風にポチッである(笑)。

Delvon Lamarr Organ Trio『I Told You So』(写真左)。2021年1月のリリース。シアトルで活動するオルガン・ジャズ・ファンク・トリオの3枚目のアルバム。Delvon Lamarr (key), Jimmy James (gt), David McGraw (ds) の3人によって2015年にシアトルにて結成、ローカルシーンから全米に名を馳せていった実力派トリオのヴィンテージでポップなジャズ・ファンク。

全8曲、オルガン・ジャズを収録したインスト・アルバム。まず、グルーヴ感が半端ない。オルガン・ジャズは抑揚を付けるにはコツがあって、下手すると単調ポップで平凡な演奏になるのだが、この盤はそうはならない。アルバム全体がグルーヴの塊の様で、冒頭の「Hole In One」から、ラストの「I Don't Know」まで、ファンクネス滴る、こってこてのグルーヴ感が満載。
 

I-told-you-so

 
旧来のオルガン・ジャズを踏襲していない。基本はあくまで「オルガン・ジャズ」。しかし、リズム&ビートが今までに無い響き。フレーズやビートの展開にはヒップホップの要素を融合していて、独特の「ループ感」が漂っているところなど、今までの「オルガン・ジャズ」には無かった音の要素が耳に刺さって、ついつい引き込まれてしまう。

とにかく、オルガンがユニーク。伝統的なジャズ・オルガンの音なのですが、濁りが軽くて切れ味良く軽快、そして、反復が執拗なのと、ちょっと捻れたフレーズが癖になる。このオルガンは唯一無二。過去にこの音は無かった。エレギは、これも面白くて「こってこての従来のジャズ・ファンク」なギター。これが、ユニークなオルガンと絡んで、独特のグルーヴ感を生み出しているのだ。

オルガン・ジャズって、我が国ではあまり人気が無かった様に思う。オルガン・ジャズ独特のグルーヴ感が「俗っぽい」とされ、ちょっと横に置かれてきた様に思う。しかし、ジャズは「融合」の音楽である。この盤の様に「ヒップホップ」と融合して独特のグルーヴ感を生み出し、今までに無い新しい「オルガン・ジャズ」を創造する。いやはや、ジャズはまだまだ深化しているなあ、と思わず感心した次第。好盤です。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館 の更新状況》

 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・Santana『Inner Secrets』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・イエスの原点となるアルバム

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.06.10 更新。

  ・この熱い魂を伝えたいんや

 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年3ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« マルのソロ盤『All Alone』です | トップページ | 1981年の硬派な純ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マルのソロ盤『All Alone』です | トップページ | 1981年の硬派な純ジャズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー