« 現代のエレ・ファンク・ジャズ | トップページ | 名盤請負人の凄まじい適応力 »

2021年5月 3日 (月曜日)

真面目一直線なハードバップ

ブルーノート・レーベルは、ジャズ界での最重要なレーベル。ブルーノート・レーベルのカタログに載っているアルバムを全て押さえるだけで、ジャズの奏法やトレンドの歴史が理解出来、歴史に名を残したレジェンド級ジャズマンの若かりし頃のパフォーマンスを確認出来たりする。とにかく録音されたセッションの音源は、どれもが真摯でどれもが優れた内容で「捨て盤」が無い。

Jackie McLean『New Soil』(写真左)。1959年5月の録音。ブルーノートの4013番。ちなみにパーソネルは、Jackie McLean (as), Donald Byrd (tp), Walter Davis Jr. (p), Paul Chambers (b), Pete LaRoca (ds)。リーダーのマクリーンのアルト・サックス、ドナルド・バードのトランペットの2管がフロントのクインテット編成。ハードバップの王道な編成である。

とても硬派で真面目一直線なハードバップ盤である。リーダーのマクリーンが溌剌と自信満々にアルト・サックスを吹きまくっている。溌剌とテクニック良く吹きまくるマクリーンは無敵である。もともとマクリーンのブロウって、思いっ切り「癖」があって、ピッチがちょっと外れているのだ。クラシックではあり得ない、ちょっとフラットしたアルト・サックスの音色。
 

New-soil

 
この盤に詰まっている、溌剌とした自信満々なマクリーンのブロウは、そんなフラットにちょっと外れたアルト・サックスのフレーズが、全く気にならない。どころか、ジャズにおける「好ましい個性」として響いてくるから不思議だ。そんなマクリーンが、真摯に堅実にハードバップなフレーズを吹き上げていく。

フロントのパートナー、ドナルド・バードのトランペットも硬調。バカテクでは無いが、堅実でブリリアントなトランペットはマクリーンのアルト・サックスと相性が良い。良い響きのユニゾン&ハーモニーは、ハードバップの良いところをしっかりと聴かせてくれる。

ピアノのウォルター・ビショップJr.のバッキングもハッピーにスイングしていて良好。このフロント2管とバッキングのピアノ、いかにもハードバップらしい、ハードバップの良いところをクローズアップして聴かせてくれるようだ。このフロント2管+バッキングのピアノは、ブルーノートの4018番のハードバップ好盤、ウォルターのリーダー作『Davis Cup』に繋がっていく。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年1ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« 現代のエレ・ファンク・ジャズ | トップページ | 名盤請負人の凄まじい適応力 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 現代のエレ・ファンク・ジャズ | トップページ | 名盤請負人の凄まじい適応力 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー