« 天気関連がタイトルのジャズ盤 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・91 »

2021年5月22日 (土曜日)

西海岸ジャズらしいベーシスト

ウエストコースト・ジャズ、いわゆる「米国西海岸ジャズ」は1960年代後半から1980年代半ばまで、我が国では「忘れ去られたジャズ」化していた。つまりは、我が国は「米国東海岸ジャズ」偏重だったのだが、21世紀になった今では、もうそういう偏った傾向は無い。

Don Bagley『Basically Bagley』(写真左)。ちなみにパーソネルは、Don Baglay (b), Jimmy Rowles (p), Shelly Mane (ds)。ベーシスト、ドン・バグレーをリーダーとしたピアノ・トリオ編成。リーダーのベーシストのテクニックと西海岸ジャズならではの「聴かせる」ピアノ・トリオ演奏の両方が楽しめる好盤である。

僕はこの「ドン・バグレー」というベーシストを21世紀に入るまで知らなかった。ネットの時代になって、ダウンロードで、我が国ではあまり知られていない米国西海岸ジャズの好盤の数々を聴くことが出来る様になって、初めて知った次第である。この盤は和訳すると「要はバグレー」。
 

Basically-bagley
 

この盤でのバグレーはひたむきにジャズ・ベースを弾いていて、これがこのピアノ・トリオ演奏における好サポートにつながっている。この盤のピアノ・トリオ演奏を内容の濃いものにしているのは、このバグレーのベースなのだ。バグレーのベースが演奏の底のビートをしっかり押さえているので、ドラムのシェリー・マンは丁々発止と変幻自在な技を披露できるのだし、ロウルズのピアノは歌心溢れるフレーズを一糸乱れず弾き切るのだ。

バグレーはベーシストだけに、リーダー作は数作しかない。しかし、スタン・ケントン楽団から始まって、リー・コニッツ、ショーティー・ロジャース、ベン・ウエブスターなどのバックを担当した、サイドマン志向のベーシストであったことが窺える。いわゆる「演奏の底のビートをしっかり押さえる」のに長けているベーシストなのだ。

21世紀なった今でも、西海岸ジャズを聴き進めて行くと、聴いたことの無いジャズマンに出くわして、ちょっと「あたふた」するのだ。今回、このバグレーもそんなジャズマンの1人。しかし、この人のベースを聴くと、とにかくひたむきにベースを弾いていて、音も歯切れが良くて清々しい。米国西海岸ジャズらしいベーシストと言えるのではないだろうか。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年2ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« 天気関連がタイトルのジャズ盤 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・91 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天気関連がタイトルのジャズ盤 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・91 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー