« この盤のジミー・スミス、大好き | トップページ | 天気関連がタイトルのジャズ盤 »

2021年5月20日 (木曜日)

和ジャズの新しい才能の登場

和ジャズの新しい才能の登場である。またまた女性ピアニストである。梅井美咲。ネットの紹介文を引用させてもらうと「音大に通う19歳。子供の頃からピアノと作曲を学び、数々のコンクールに入賞。16歳でブルーノート東京に出演して上原ひろみと共演したという天才肌のミュージシャン」とある。

梅井美咲トリオ『humoresque』(写真左)。2021年1月のリリース。ちなみにパーソネルは、梅井美咲 (p), 熊代崇人 (b), 橋本現輝 (ds)。収録された全8曲、全て、梅井美咲の自作曲で固めた初リーダー作。作曲の才能も去ることながら、ジャジーなピアノ・トリオ演奏を前提にしたアレンジの才能も素晴らしい好盤である。

クラッシックの作曲を学ぶ傍ら、ポピュラーからジャズまで幅広いジャンルの作曲と演奏に取り組んでいる、とある通り、ピアノのタッチと弾きっぷりが、スケールの広いクラシック・ピアノの様でもあり、ファンクネス希薄なニュー・ジャズっぽくもあり。リズム隊のダイナミズムと併せて、在りし日の「Chick Corea Akoustic Band」のパフォーマンスを思い出した。
 

Humoresque_umei
 

従来のジャジーなピアノでは全く無い。というか「ジャズ・ピアノ」の弾き方では無い。広いスケールでダイナミックでリリカル、ファンクネス希薄で切れ味の良いオフビート。まず、今までのジャズ・ピアノには無い弾きっぷり。雰囲気的には、クラシック風に傾いた時の「チック・コリア」を彷彿とさせる。テクニックはかなり高いものがあって、聴き終えた時に清々しい「爽快感」が残る。

この盤は、ピアニストとしての個性を楽しむよりは、リーダーの梅井の作曲・アレンジを含めた「ピアノ・トリオ演奏」の作品を楽しむ盤だと思う。僕は、梅井のピアニストとしての個性より、コンポーザー&アレンジャーとしての個性に感じ入った。この梅井の作品を聴いていて、ふと、カーラ・ブレイや挾間美帆の名が頭に浮かんだ。

このピアノ・トリオについても、まだまだポテンシャルは大いにあると思う。このピアノ・トリオを前提とした、梅井のコンポーザー&アレンジャーの手腕を振るった作品をもっと聴きたい気持ちにさせられる、それほど、聴いていて面白く、聴いていて気持ちが良い、ピアノ・トリオの演奏が詰まっている。早くも次作を心待ちにしている。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年2ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« この盤のジミー・スミス、大好き | トップページ | 天気関連がタイトルのジャズ盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この盤のジミー・スミス、大好き | トップページ | 天気関連がタイトルのジャズ盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー