« 現代の4ビートなピアノ・トリオ | トップページ | サザンロックとフュージョンと »

2021年5月27日 (木曜日)

ジャズ喫茶で流したい・205

ジャキー・マクリーンはいかにも「ジャズらしい」アルト・サックス奏者である。マクリーンのアルトはピッチが「少しフラット」している。クラシックの世界からすると「論外」。しかし、ジャズの世界ではこれが「味」になり「個性」になる。これがジャズの面白いところ。聴いた時の感覚と雰囲気がジャジーであれば、それは「ジャズ」である。

Jackie McLean『Swing Swang Swingin'』(写真左)。1959年10月20日の録音。ブルーノートの4024番。ちなみにパーソネルは、Jackie McLean (as), Walter Bishop Jr. (p), Jimmy Garrison (b), Art Taylor (ds)。なかなか玄人ごのみのリズム・セクションをバックに、マクリーンのアルト・サックス1管のカルテット編成。ブルーノート盤らしく、しっかりリハーサルを積んだようで、演奏について破綻が全く無い。充実のハードバップである。

マクリーンのワンホーン・カルテット。マクリーンの癖のある、ピッチが「少しフラット」したアルト・サックスが心ゆくまで楽しめる。まず、これがこの盤の一番の「売り」ポイント。加えて、収録曲全7曲中、マクリーンの自作曲は1曲のみ。残りの6曲は全てスタンダード曲で、マクリーンのスタンダード曲の解釈が良く判り、個性的なアルトの音色が上手く活かされているのに感心する。
 

Swing-swang-swingin
 

冒頭の「What's New?」を聴けば、それが良く判る。このバラード曲のテーマを朗々とユッタリ情感豊かに吹くと、マクリーンのピッチが「少しフラット」したアルトが「良く無い方向」に目立つ。短くストレートに硬派に吹き上がることにより、マクリーンの個性あるアルトが「良い方向」に作用する。勢いがついて、このスタンダード曲の持つ印象的なフレーズがダイレクトに耳に残る。マクリーンは自分のアルトの音色の長所ち短所を良く把握している。

バックにリズム・セクションも実に良い雰囲気を醸し出す。マクリーンはピッチが「少しフラット」する。吹くだけで「マイナー調」。バックのピアノはハッピー・スインガーが良い。明朗で楽しく元気の良いピアノの方がバランスが良い。そして、ギャリソンの骨太ベースがしっかりと演奏のベースラインを支えていて、安心してアドリブを吹きまくれる。テイラーのドラムは変幻自在、硬軟自在、様々なパターンのリズム対する要求に柔軟に応える。

良きリズム・セクションに恵まれ、好調のマクリーンのアルトは無敵だ。ジャケットのデザインもブルーノートらしく、アーティスティックで実に雰囲気が良い。選曲良し、内容良し、ジャケット良しの「揃いも揃った三拍子」。とてもブルーノートらしい好盤である。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年2ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« 現代の4ビートなピアノ・トリオ | トップページ | サザンロックとフュージョンと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 現代の4ビートなピアノ・トリオ | トップページ | サザンロックとフュージョンと »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー