« 「モンク者」の必聴アルバム | トップページ | 現代のエレ・ファンク・ジャズ »

2021年5月 1日 (土曜日)

コロナ禍を捉えたソロ・ピアノ

コロナ禍が始まってから、既に1年以上が経過している。特に昨年の3月中旬から5月中旬まで、不安と緊張の日々の記憶がありありと甦ってくる。以降、「凝りもせず、思慮も無く」第2波、第3波とやって来て、今年も昨年に引き続き、緊急事態宣言下のGWとなってしまった。

コロナ禍については、世界中、各国の音楽活動が大幅に制限され、ジャズについても、普段の活動であった「クラブ」での演奏は基本的に禁止された。とにかくミュージシャンが集まってセッションをすること自体を否定されていたので、どうしようもない日々が続いた。今でも、まだまだ音楽活動の諸制限は撤廃されていない。

Brad Mehldau『Suite: April 2020』(写真左)。2020年6月のリリース。ちなみにパーソネルは、Brad Mehldau (p) のみ。現代ジャズ・ピアノの代表的存在、ブラッド・メルドーのソロ・ピアノ盤である。収録曲のタイトル「keeping distance」などを見ると「なるほど」と思う。このソロ・ピアノのテーマは「コロナ禍」である。

本作についてメルドーは次のようにコメントしている。「この盤は、先月世界中の誰もが経験したであろうことを捉えた音楽的スナップショットだ。多くの人々が共通して、また新たに体験し、感じたことをピアノで描こうとした」。
 

Suite-april-2020_1

 
メルドーは新型コロナウイルスのパンデミック下、オランダで家族とともに自粛生活を送っていたのだ。そして、自らが体験していることを基に12の楽曲を書き上げ演奏したものが、この『Suite: April 2020』になる。

切々と内省的にメルドーの自作曲が演奏されていく。限りなく優しいタッチとビートで、様々なスナップショットが語られる。そして、象徴的なカヴァー曲が2曲。ニール・ヤングの「Don't Let It Bring You Down」とビリー・ジョエルの「New York State Of Mind」。

ニール・ヤングの「Don't Let It Bring You Down」は、コロナ禍の中、自らを鼓舞するソロ・パフォーマンス。この歌の歌詞が「気落ちしてはダメだ/ただ城が燃え落ちているだけじゃないか/変えていこうとする人を見つけるんだ/そうすればきっと、道が開けるから」。

ビリー・ジョエルの「New York State Of Mind」は、コロナ禍で悲惨な状況に追い込まれていたニューヨークへの想いを託したものである。その故郷から今は遠く離れているが、故郷と呼んでいる街へのメルドーの想いである。

この盤は、ジャズライフ誌の「Disc Grand Prix:Album Of The Year 2020」に輝いた。ジャズ・ピアノとして表現した「コロナ禍の中での様々な想い」。2020年度の「Disc Grand Prix」は、他の年度にはない、特別なものとなった。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年1ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« 「モンク者」の必聴アルバム | トップページ | 現代のエレ・ファンク・ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「モンク者」の必聴アルバム | トップページ | 現代のエレ・ファンク・ジャズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー