« ケイブルスのソロ・ピアノ盤 | トップページ | 「アフロ・キューバン」の先駆け »

2021年5月30日 (日曜日)

21世紀のアーマッド・ジャマル

アーマッド・ジャマルは「年代によって異なる顔を持つ」ジャズ・ピアニスト。1950年代は、「間」を活かし、弾く音を限りなく厳選し、シンプルな右手のフレーズと合いの手の様に入る左手のブロックコードが特徴のジャマルのピアノ。ビ・バップのピアノの真逆を行く、ハードバップ時代ならではの個性とアプローチ。マイルスが名指しで共演を望んだとか、レッド・ガーランドに彼の様に弾けと言ったとか、逸話にも事欠かない。

1960年代終わり〜1970年代の作品は「アーシーで豪快なメリハリのあるサウンド」が、1980年代になって、アーシーさがすっかり抜けきって、豪快でメリハリのある力強いタッチが特徴に変化。左手の叩き付けるようなガーン、ゴーンという骨太な音はマッコイ・タイナーばり。右手の早弾きテクニックがフィーチャーされる。しかし、劇的な変化は、この1980年代で一旦の終息をみる。

1990年代のジャマルは、豪快でメリハリのある力強いタッチが特徴。テクニックの素晴らしさは相変わらず。煌びやかなピアノの音が実に魅力的である。右手のフレーズがとてもシンプルで判り易い。カクテル・ピアノっぽくなりそうなんだが、左手の骨太なタッチがジャジーなので、極上のジャズ・ピアノとしてのトリオ演奏が成立している。
 

Blue-moon-ahmad-jamal
 

Ahmad Jamal『Blue Moon』(写真左)。2011年10月、NYの「Avatar Studio」での録音。ちなみにパーソネルは、Ahmad Jamal (p), Reginald Veal (b), Herlin Riley (ds), Manolo Badrena (perc)。ジャズ・ピアノのレジェンド、ジャマルがリーダーのピアノ・トリオ盤。21世紀のジャマルの個性が良く判る好盤。パーカッションのマノロ・バドレナの参加が効いている。

テクニック素晴らしく、豪快でメリハリのある力強いタッチは変わらないが、「間」を活かしたモーダルな弾きっぷりが、21世紀のジャマルの個性だろう。ネオ・ハードバップでは無い、ちょっとエキゾチックなモードの響きが特徴。加えて、リズム&ビートもパーカッションを入れて、ポリリズミックで、どこかアフリカン・ネイティヴなワールド・ミュージック風のアーシーなリズム&ビートが印象的。

20世紀のジャマルの印象は全く継承していない、21世紀に入って、これまた個性的なピアノ・トリオ演奏を聴かせてくれる。少しフリーに少し傾くところも今までのジャマルには無い「新境地」。20世紀のECMの様な、21世紀の「ニュー・ジャズ」の響きと形容しても良いかもしれない。録音当時、既に81歳。しかし、この盤でのパフォーマンスはとても新鮮。レジェンド=ジャマル、恐るべし、である。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年2ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« ケイブルスのソロ・ピアノ盤 | トップページ | 「アフロ・キューバン」の先駆け »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ケイブルスのソロ・ピアノ盤 | トップページ | 「アフロ・キューバン」の先駆け »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー