« パーカーの非凡な才能・その1 | トップページ | パーカーの非凡な才能・その3 »

2021年4月 7日 (水曜日)

パーカーの非凡な才能・その2

今から70年ほど前のジャズの演奏トレンド「ビ・バップ」。そのビ・バップの祖の一人、アルト・サックスのチャーリー・パーカー。パーカーの好盤を聴けば、その「ビ・バップ」が判る。僕は「パーカーを最初に体感するアルバム」については、ヴァーヴ・レーベルの「The Genius Of Charlie Parker(パーカーの非凡な才能)」シリーズをお勧めすることにしている。

『The Genius of Charlie Parker #2 : April In Paris』(写真左)。1949年11月30日、1950年7月5日、1952年1月22日、NYでの録音。ちなみにパーソネルは、Charlie Parker (as), Stan Freeman (p), Ray Brown (b), Buddy Rich (ds), Mitch Miller(oboe, English Horn) に with Strings。アレンジはジミー・キャロル。

パーカーは「ウィズ・ストリングス」がお気に入りだったとみえる。この盤でも、パーカーは喜々として、切なさと優雅さを併せ持った流麗かつエモーショナルなブロウを繰り広げている。ちなみに、この「ウィズ・ストリングス」を積極的に録音したのは、パーカー自身で、パーカーのアイデアだったそうである。なるほど合点がいった。喜々として気合いを入れて吹く訳である。
 

The-genius-of-charlie-parker-2

 
しかし、パーカーのアルト・サックスは良く鳴る。ブリリアントでブラスの音の輝きがダイレクトに伝わってくる。しかも、パーカーの演奏テクニックは超優秀。頭の中に閃いたアドリブ・フレーズを、いともたやすく音にしていく。加えて、ここまでバリエーション豊かなアドリブ・フレーズが閃くもんだなあ、と感心する。とにかく彩り豊かなパーカーのアルト・サックスである。

この『#2 : April In Paris』はバックのリズム・セクションも優秀。骨太な職人ベーシスト、レイ・ブラウンと、明快なバップなドラマー、バディ・リッチのプレイが突出している。この2人の叩き出すリズム&ビートがあってこそ、この「ウィズ・ストリングス」盤を、甘さ控えめ、クールでビターでビ・バップな純ジャズとして成立させているのだ。

「ウィズ・ストリングス」は、カルテットやクインテットな演奏に比べて、演奏の自由度が飛躍的高く、アドリブ・ソロを取るのが基本的にパーカーだけなので、パーカーのアルト・サックスだけが目立つことこの上無い。パーカーが「ウィズ・ストリングス」をお気に入りだったのは、昨日ご紹介した『#1 : Night And Day』や、この『#2 : April In Paris』を聴けばその理由が良く判る。
  
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« パーカーの非凡な才能・その1 | トップページ | パーカーの非凡な才能・その3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パーカーの非凡な才能・その1 | トップページ | パーカーの非凡な才能・その3 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー