« パーカーの非凡な才能・その2 | トップページ | パーカーの非凡な才能・その4 »

2021年4月 8日 (木曜日)

パーカーの非凡な才能・その3

「The Genius Of Charlie Parker」の#1と#2は「ウィズ・ストリングス」。パーカーの考案した、パーカーお気に入りの演奏フォーマットだった。この「ウィズ・ストリングス」はパーカーのアルト・サックスの優秀性、音色の素晴らしさ、アドリブ・フレーズの芸術性を愛でるのに最適なのだが、ビ・バップという演奏フォーマットの中でのパーカーについては良く判らない。

『The Genius Of Charlie Parker #3 : Now’s The Time』(写真左)。1952年から53年にかけての録音。ちなみにパーソネルは、Charlie Parker (as), Al Haig (p), Percy Heath (b), Max Roach (ds)。チャーリー・パーカーのアルト・サックス1管がフロントの「ワン・ホーン・カルテット」編成。

1952年から53年の頃って、パーカーの生活の状態が最悪の時期で、生涯最後の奥さんとの間に生まれたパーカーが可愛いがりまくった女の子が肺炎で亡くなり、ここからパーカーは人が変わったみたいになる。ステージに行くと言って家を出たままステージに来ない、楽器は無くす、ステージ上で泥酔し演奏出来ず、果ては自殺未遂 等々、ボロボロである。そして、この盤の録音の2年後、1955年に心不全で逝去する。
 

The-genius-of-charlie-parker-3

 
僕がジャズを聴き始めた頃のジャズ盤紹介本では、そんなこんなで「1950年代のパーカーは駄目」と断言されていた。が、大学近くの「秘密の喫茶店」でこの盤を聴かされて以来、そんなことは一切無い、という思いが強い。それほど、この盤でのパーカーのアルト・サックスは素晴らしい。アルト・サックスの音自体、ブリリアントでブラスがキュインと鳴っているし、アドリブ・フレーズの独創性とテクニックは見事という他ない。

そして、収録曲が良い。「Kim」「 Cosmic Rays」「Chi-Chi」「Now's The Time」「Confirmation」といった、パーカー作のビ・バップの名曲がズラリと並ぶ。その名曲を、1952年から53年という、ハードバップ初期に差し掛かる時期の「充実し成熟した演奏テクニック」を基にした流麗で熱い演奏で唄い上げていく。パーカーの私生活が不調だったなんてとても思えない、素晴らしいパーカーのパフォーマンスである。

ジャケットも雰囲気があるし、録音も1952年から53年にかけての録音としては良好。パーカーだけで無く、ヘイグ〜ヒース〜ローチのリズム・セクションの演奏も優れていて、グループ・サウンドとしても、ビ・バップの演奏ではあるが、「ハードバップっぽく」充実してところが、この盤を聴きやすくしている。パーカーのビ・バップなアルト・サックスを愛でる入門盤として最適な盤です。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« パーカーの非凡な才能・その2 | トップページ | パーカーの非凡な才能・その4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パーカーの非凡な才能・その2 | トップページ | パーカーの非凡な才能・その4 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー