« パーカーの非凡な才能・その4 | トップページ | 9日ぶりのブログになります。 »

2021年4月10日 (土曜日)

パーカーの非凡な才能・その5

ビ・パップと聞くと、ビ・バップが流行した頃、一般の音楽マニアから「うるさくて、騒々しい、ジャズのどんちゃん騒ぎ」に感じた、今の耳にはメリハリの効いた、テクニック優秀な、切れ味抜群な即興演奏を思い浮かべる。丁々発止としたアクロバティックなアドリブ合戦のイメージが強いが、ビ・バップの祖の一人、チャーリー・パーカーのアルト・サックスは歌心も満点なのだ。

『The Genius of Charlie Parker #5 : Charlie Parker Plays Cole Porter』(写真左)。1954年3月31日と12月10日の2セッションで成る。ちなみにパーソネルは、Charlie Parker (as), Roy Haynes, Arthur Taylor (ds), Jerome Darr, Billy Bauer (g), Teddy Kotick (b), Walter Bishop Jr. (p)。

パーカーのアルト・サックスが1管フロントの、ギター入りクインテット編成。メンバーは何れも、ビ・バップで鳴らした、ビ・バップ演奏の「手練」の名手がズラリ。タイトル通り、コール・ポーター楽曲を演奏した「コール・ポーター・ソングブック」である。ビ・バップには珍しく「歌もの」をメインとした企画盤的内容である。
 

The-genius-of-charlie-parker-5

 
ビ・バップ特有の丁々発止としたアクロバティックなアドリブ合戦がメインでは無く、メンバー的にも、ビ・バップの演奏フォーマットで、コール・ポーターの歌心溢れる楽曲の数々を唄い上げることをメインにした内容。いわゆる「聴かせるビ・バップ」盤である。

コール・ポーターの楽曲をパーカーは唄うが如く、吹き上げていく。ビ・バップの演奏フォーマットなので、明朗に流麗にアドリブ展開がなされると思いきや、抑制が効いていて、少し気怠いアーバンな吹きっぷりは特徴的。それでも、パーカーのアドリブ展開部の歌心満点な吹き回しには惚れ惚れする。

実はこの盤のセカンド録音は、パーカーの最晩年に行われたもので、このセカンド録音の約3ヶ月後、本盤のリリース前に逝去してしまう。いわゆるパーカーの正式録音としての「ラスト・レコーディング」を収めたものして貴重な音源である。

こうやって聴いていると、パーカーは自らの私生活の状態がどうであれ、アルト・サックスを手に録音する時は、最後まで素晴らしいパフォーマンスを発揮した、ということが良く判る。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« パーカーの非凡な才能・その4 | トップページ | 9日ぶりのブログになります。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パーカーの非凡な才能・その4 | トップページ | 9日ぶりのブログになります。 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー