« ピアノ・トリオの代表的名盤・90 | トップページ | パーカーの非凡な才能・その2 »

2021年4月 6日 (火曜日)

パーカーの非凡な才能・その1

なんだかんだと言っても、ジャズの基本を学ぶ上で、チャーリー・パーカーは避けて通れないと思うのだ。ジャズの真髄は「即興演奏」とするところで、パーカーのアルト・サックスの即興演奏、つまりアドリブ・プレイは、そのアーティステックなフレーズ、その高度な演奏テクニック、どれをとっても、現代ジャズにおいても最高峰に位置づけられると思うのだ。

ただ、パーカーの残した音源は意外と雑然としている。ダイアル・セッション、サボイ・セッションが最高とする向きもあるが、マスターテイク、別テイク、同一曲の演奏が混然と収録されていて、しかも、失敗した演奏もそのまま収録されていたりで、ジャズ者初心者からすると判り難い。パーカーを聴き、理解するには、まずはマスターテイクのみを聴くべきかと思う。

そういう点からすると、僕は、パーカーについては、ヴァーヴ・レーベルの「The Genius Of Charlie Parker(パーカーの非凡な才能)」シリーズをお勧めすることにしている。別テイクも入ってはいるが、マスターテイクと遜色ない内容のものばかりだし、失敗テイクは一切収録されていない。#1〜#8まであって、どれもがパーカーの素晴らしさを体感できる内容になっている。
 

The-genius-of-charlie-parker-1

 
『The Genius Of Charlie Parker #1 : Night And Day』(写真左)。1950年7月、1952年1月、1952年3月の3つのセッションの寄せ集め。別名『Charlie Parker - Big Band』(写真右)としてもリリースされている。ジョー・リップマンの素晴らしいアレンジによる、弦も入った「ビッグバンドもの」。お馴染みのスタンダード曲がズラリと並ぶ。

硬派なビ・バップでは無く、ポピュラー・ミュージック風の作りになっている。それでも、弦入りビッグバンドの演奏をバックに、パーカーの甘くもクールで切れ味の良いアルト・サックスが鳴り響く。テーマ部では、テーマの持つ美しいフレーズをクッキリ浮き立たせ、アドリブ部に入ると、短くはあるがハッと目が覚めるような、切れ味の良い流麗なアドリブ・フレーズが湧き出るが如く次々と出てくる。思わず「ふへ〜っ」と溜息をつく。

CDによっては、ボートラとして、アルトテイク、失敗テイクが追加収録されているものもあるが、パーカーのアルト・サックスを愛でるには、マスターテイクのみの鑑賞で留めて頂きたい。このマスターテイクのパーカーのアドリブ・プレイを次々と聴くことによって、ジャズにおける即興演奏の一端が体感出来るのだ。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« ピアノ・トリオの代表的名盤・90 | トップページ | パーカーの非凡な才能・その2 »

コメント

よく拝見しています。

わたしは自称、大のパーカー中毒にして、孤高のアマチュアパーカー研究者です。
高じて、
「チャーリー・パーカーの生涯 研究ノート」をアマゾンからオンデマンドで個人出版しました。
ご興味ありましたら、アマゾンを覗いてみてくださると幸甚です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ピアノ・トリオの代表的名盤・90 | トップページ | パーカーの非凡な才能・その2 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー