« 正統なオールスター・セッション | トップページ | バーツとメイシャとの化学反応 »

2021年3月11日 (木曜日)

ジャズ喫茶で流したい・201

ジャズを聴き続けてきて、ずっと長年、気になっているピアニストが幾人かいる。そんな中の1人が「John Taylor(ジョン・テイラー)」。ジョン・テイラーは英国出身。ジャズとしてはマイナーな出身地となる。英国ジャズは「ビ・バップ」至上主義が長年、蔓延していたんだが、ジョン・テイラーは耽美的でリリカルな、とても欧州的なピアノを旨とする、英国ジャズからすると「変わり種」な存在。

Peter Erskine, Palle Danielsson & John Taylor『You Never Know』(写真左)。1992年7月の録音。ECMレーベルからのリリース。ちなみにパーソネルは、John Taylor (p), Palle Danielsson (b), eter Erskine (ds)。

英国出身のピアニスト、ジョン・テイラーと、北欧ジャズを代表するベーシストの1人、パレ・ダニエルソン、そして、コンテンポラリーなジャズ・ドラマー、ピーター・アースキン、以上、トリオを編成する3人が並列の共同リーダーの作品。ではあるが、リードしているのは、ドラマーのアースキンと思われる。

ジョン・テイラーのピアノは、耽美的でリリカル、モーダルで時々フリー。思わずキース・ジャレットに似ているな、と思うが、キースほど情緒的ではなく、大掛かりな展開は無い。ほど良くコンパクトにまとまった、聴き易いアドリブ展開と端正で硬調なタッチがジョン・テイラーのピアノの個性。英国出身ということで、基本的な音は「欧州的」。当然、ファンクネスは皆無。

 
You-never-know-1

 
それでもリズム&ビートは4ビート、若しくは8ビート。モーダルな展開が主なので、リズム&ビートは変幻自在。そんな柔軟度の高いリズム&ビートを、事も無げに、ダニエルソンのベースとアースキンのドラムは叩き出していく。これだけ優れたモードなリズム&ビートの供給を受けるのだ、ピアノを弾くテイラーは、実力をほぼ100%発揮しているであろう、自らのパフォーマンスに集中している。

ピーター・アースキンのドラムが凄い。僕はアースキンについては、ウェザー・リポートの全盛期のドラマーという印象があって、コンテンポラリーなエレ・ジャズの中で8ビートを叩きまくる、そんな印象が強かったのだが、どうしてどうして、コンテンポラリーな純ジャズの展開の中で、とっても硬派で硬軟自在なドラミングは見事。純ジャズでこそ、その実力を遺憾なく発揮するタイプなのでは、と思ったりする。

ダニエルソンのベースは、テイラーのピアノと相性が良い。演奏全体のベースラインが、ベースとピアノで重なったり衝突したりしない。ダニエルソンの柔軟度の高い演奏能力が大いに貢献しているのだが、振り返って見ると、ピアノにテイラー、ベースにダニエルソンを引っ張ってきてこのトリオ演奏を実現した、実質リーダー格のアースキンの慧眼恐るべし、である。

ECMレーベルらしい音世界。英国出身のピアニスト、スウェーデン出身のベーシスト、米国出身のドラマーという「多国籍」なトリオ演奏というところもECMレーベルらしい。ジョン・テイラーのピアノはECMレーベルに良く似合う。
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 

« 正統なオールスター・セッション | トップページ | バーツとメイシャとの化学反応 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 正統なオールスター・セッション | トップページ | バーツとメイシャとの化学反応 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー