« 現代の米国西海岸ジャズです。 | トップページ | 現在進行形ジャズの最先端 »

2021年3月17日 (水曜日)

「ジャズ・ピアノの神様」のソロ

21世紀に入った今でも、LP時代にジャズ喫茶などで聴いたことはあるんだが、CDの時代になって、久しく聴くことは無かった「これはこれは」と感心する様な歴史的名盤を発見することがある。特にジャズの音源が幅広くサブスクのサイトなどに音源がアップされる様になった2015年辺り以降、そんな「チャンス」に出くわすことが多くなった。

Art Tatum『Piano Starts Here』(写真左)。ジャズ・ピアノの神様と呼ばれたアート・テイタムのソロ集。1933年と1949年の2時代の、テイタムのまさに神の技としか考えられないプレイを納めたアルバムである。イラストをあしらったジャケットも懐かしい。日本盤のLPは所有していたが、CDの時代になって以来、聴くことは無かった名盤である。

このアルバムに収録されている時期のテイテムのパフォーマンスは、クラシックの名ピアニスト達とも並ぶ評価を受け、クラシック・ピアノの名匠ホロビッツさえ絶賛したという逸話が残っているほどだ。テイタムと同世代のファッツ・ウォーラーは、テイタムを「神」と呼び、カウント・ベイシーは「世界の8番目の不思議」と賞賛した。

 
Piano-starts-here-art-tatum

 
先天的な白内障のため、片目は全盲で、もう片方もわずかな視力しかなかったというが、このテイタムのプレイは凄まじい。圧倒的テクニックを駆使して弾きまくるのだが、しっかりと歌心も備わっている。音楽として聴いていて、凄まじいテクニックが耳触りになることは無く、逆に聴いていてとても心地良いから不思議。

高速アドリブの凄さ、カデンツァの小粋さ、どこまでもスインギーなビート感、現代でも十分通用して余りある、非常に優れた即興演奏である。「ジャズ・ピアノの神様」と尊敬される理由がとても良く判るパフォーマンスがこの盤に記録されている。とにかく凄い。聴いていて惚れ惚れする。あっと言う間に聴き終えてしまう。

現代ジャズピアノ奏法の原型がここにある。アート・テイタムのピアノ・ソロに触れるには、この盤は好適だろう。1933年と1949年の録音なので音は良くないが、ピアノのソロ演奏なので、そのプレイのひとつひとつは良く聴き取れる。臆せず一度は聴いていただきたい、素晴らしい歴史的パフォーマンスである。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« 現代の米国西海岸ジャズです。 | トップページ | 現在進行形ジャズの最先端 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 現代の米国西海岸ジャズです。 | トップページ | 現在進行形ジャズの最先端 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー