« 聴けば聴くほど味わい深い | トップページ | 凄いエレベ奏者を見つけた。 »

2021年3月24日 (水曜日)

ワトソンのネオ・ハードバップ

Bobby Watson(ボビー・ワトソン)。1977〜81年、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズに在籍し、ファンキーではあるがメロディアスで小粋なアルト・サックス奏者。フュージョン・ジャズ全盛期だったので、その存在をリアルタイムで体感した訳では無いが、CDリイシューで耳にして以来、僕の中で記憶に残るアルト・サックス奏者の1人だった。

Bobby Watson『Keepin' It Real』(写真左)。2020年の作品。Smoke Sessions Records からのリリース。ちなみにパーソネルは、Bobby Watson (as), Josh Evans (tp), Giveton Gelin(tp 2, 4 & 5), Victor Gould (p), Curtis Lundy (b), Victor Jones (ds)。アルト・サックス1本、トランペット1本のフロント2管のクインテット編成を基本に、3曲だけ、トランペットがもう1本増えたセクステット編成。

改めて、ボビー・ワトソンは、1953年、カンザス州生まれ。パット・メセニー、ジャコ・パストリアス、ブルース・ホーンズビー、そして、カーティス・ランディと同時期にマイアミ大学に在籍したいたというから「縁」というのは恐ろしい。1980年半ば以降は、ベーシストのカーティス・ランディとドラマーのヴィクター・ルイスと一緒にバンド「Bobby Watson&Horizo​​n」を結成し、新伝承派の1人として、ネオ・ハードバップ畑で活動。 
 

Keepin-it-real-bobby-watson

 
本作『Keepin' It Real』は、メンバーを刷新しての新バンド「New Horizon」としての作品。この「New Horizon」、マイアミ大学時代からの長い付き合いのベーシスト、カーティス・ランディを筆頭に、ベテラン・ドラマーのヴィクター・ジョーンズ、ジョシュ・ エヴァンスとギブトン・ジェリンの二人の若手トランペッター、人気急上昇中の若手ピアニスト、ビクター・グールドと、なかなかイケてるジャズマンが集っているのだ。

これだけイケてるメンバーである。その演奏内容が悪い訳が無い。冒頭のジャッキー・マクリーン作の「Condition Blue」から、極上のネオ・ハードバップが展開される。ワトソンのアルト・サックスが相変わらず良い音を出している。ファンキーではあるがメロディアスで小粋なフレーズは健在である。ワトソンのメロディアスなオリジナル曲がこれまた良い雰囲気で、とっても聴き心地の良いネオ・ハードバップ盤に仕上がっています。

現在はミズーリ大学カンザス・シティ音楽院のジャズ研究のディレクターとして教鞭も執っているとのこと。ジャケット写真見たら、確かに教鞭を執っている先生と言っても違和感はありませんね(笑)。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« 聴けば聴くほど味わい深い | トップページ | 凄いエレベ奏者を見つけた。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 聴けば聴くほど味わい深い | トップページ | 凄いエレベ奏者を見つけた。 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー