« ワトソンのネオ・ハードバップ | トップページ | こんなアルバムあったんや・137 »

2021年3月25日 (木曜日)

凄いエレベ奏者を見つけた。

ジャズ・ベースについては、アコースティック・ベース(略して「アコベ」)については「Niels-Henning Ørsted Pedersen」、デンマーク出身の純ジャズ・ベースが最初のお気に入りだった。エレクトリック・ベース(略して「エレベ」)については「Jaco Pastorius」。このジャコのベースの出現には驚いた。以降、ジャズ・ベースについては、どうしてもエレベに耳が行く。

Michael Olatuja『Lagos Pepper Soup』(写真左)。2020年6月のリリース。ちなみにパーソネルは、と何時もの様に参加ミュージシャンを挙げたいのだが、収録曲12曲で、総勢20名以上の参加ミュージシャンがいるので、ここで挙げるのは割愛する。これだけの人数のミュージシャンを集めて、自らの音世界を実現する。かなりのプロデュース力が必要になるがどうだろう。

リーダーのマイケル・オラトゥヤの担当楽器だけ挙げると、Michael Olatuja (producer, arr, composer, el-b, synth-b, perc)。セルフ・プロデュースでアレンジ&作曲をこなし、そして、演奏については、ベースとパーカッションを担当する。いわゆるベーシストのリーダー作の中の「自らの音の志向をグループに反映して具現化する」タイプの代表例である。
 

Lagos-pepper-soup-1

 
マイケル・オラトゥヤは、ロンドンで生まれ、ラゴスで育ち、N.Y.で活動するジャズ・ベーシストである。この『Lagos Pepper Soup』は、2009年の『Speak』以来、約10年ぶりとなるセカンド・ソロ・アルバム。ベーシストのリーダー作なので、なかなか数は稼げないが、約10年振りというのは、ちょっと間が開きすぎたかな、という感が無きにしも非ず。

しかし、聴けば、この盤、素晴らしい内容のジャズ盤だということがすぐに判る。一言で言うと「ワールド・ミュージック志向の硬派なエレクトリック・クロスオーバー・ジャズ」である。音の要素が多岐に渡る。真の意味での「クロスオーバーな」ジャズである。そして、このオラトゥヤのエレベのテクニックたるや、思わず、ジャコ・パストリアス、もしくは、マーカス・ミラーの再来かと思った。

音の志向が「ワールド・ミュージック系の志向」という点では、ジャコの再来がしっくり来る。それほど、凄まじいエレベなのだ。速弾きのテクニックばかりでなく、ブルースチックなフレーズ、スインギーなビート感、R&B的なグルーヴ感、どれをとってもジャコに肉薄するもので、聴いていて唖然とし、惚れ惚れする。「マイケル・オラトゥヤ」というベーシストは押さえておかなければ、心底、そう思った。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« ワトソンのネオ・ハードバップ | トップページ | こんなアルバムあったんや・137 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワトソンのネオ・ハードバップ | トップページ | こんなアルバムあったんや・137 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー