« 「ジャズ・ピアノの神様」のソロ | トップページ | 静的な天才パウエルを押さえる »

2021年3月18日 (木曜日)

現在進行形ジャズの最先端

ブルーノート・レーベルは、創立当初からずっとそうなんだが、それぞれの時代時代のジャズの最先端の音を捉えてアルバム化している。創立当初から活動中断までは、やはり創立者のアルフレッド・ライオンの慧眼のなせる技であり、復活後については、前社長のブルース・ランドヴァル、そして、現社長のドン・ウォズの慧眼の成せる技であろう。

Derrick Hodge『Color of Noize』(写真左)。2020年6月のリリース。ちなみにパーソネルは、Derrick Hodge (b, key, g, vo), Jahari Stampley (org, p), Justin Tyson (ds), Michael Aaberg (key, synth), Michael Mitchell (ds), DJ Jahi Sundance (turntable)。パーソネルからして穏やかでは無い。ターンテーブル担当のDJが入っていたりする。

パーソネルを見渡してワクワクしながら、このアルバムを聴き始めると、絵に描いた様な「融合音楽」なジャズがブワッと拡がる。コンテンポラリーなジャズを基本としつつ、ヒップホップのグルーヴ感、深みのあるソウル感、重厚なスピリチュアル・ジャズな音が融合して渾然一体となった音世界。

 
Color-of-noize

 
この演奏をジャズと定義付ける「即興演奏」と「ファンキーなリズム&ビート」。規律と自由、そして混沌。エレクトリックな揺らぐビート感、幽玄な音と響きの拡がり、そして多様性。ジャズの行き着く先の1つを示すような「流動的で融合的な音世界」。現在進行形ジャズの最先端の1つがここにある。

ロバート・グラスパーのベーシストとしても知られるデレク・ホッジ。ベーシストのリーダー作として、自らの音の志向をバンド演奏に反映させ、リードする。そのリード手段は「唄う様なベース」。ヴォーカリストが唄う様にベース・ラインが練り歩く。明確にバンド・サウンドの方向性を指し示す、唯一無二なベース・ライン。

この盤の音世界は、マイルス・ディヴィスに端を発し、ウェザー・リポート、RTF、マハヴィシュヌ・オーケストラ、ビリー・コブバム、トニー・ウィリアムズ・ライフタイムなど、エレクトリックな「融合音楽」志向の、その延長線上にある。プロデュースは、ブルーノートの社長でもある重鎮ドン・ウォズ。ブルーノート・レーベルの面目躍如である。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« 「ジャズ・ピアノの神様」のソロ | トップページ | 静的な天才パウエルを押さえる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ジャズ・ピアノの神様」のソロ | トップページ | 静的な天才パウエルを押さえる »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー