« 素晴らしいテクの連弾ジャズ | トップページ | ドラムが省かれた変則トリオ »

2021年3月29日 (月曜日)

小粋な「現代のハードバップ」

ドラマーのリーダー作の狙いは、ドラマーのジャズの志向をバンド・サウンドで具現化する、この1点に集約される。ドラマーのドラミングは、演奏するジャズの志向、トレンドによって変化する。その志向、トレンドに一番相応しいリズム&ビートを供給するのだ。そして、自らのリーダー作の場合は、自らのジャズの志向、トレンドをベースに、バンド・サウンドをプロデュースする。

Joe Farnsworth『Time to Swing』(写真左)。2019年12月、NYでの録音。ちなみにパーソネルは、Joe Farnsworth (ds), Kenny Barron (p), Peter Washington (b), Wynton Marsalis (tp)。人気白人ドラマーのジョー・ファンズワースの、Smoke Sessions Recordsからの初リーダー作になる。

ジャズの情報サイトでは、ファンズワースは人気白人ドラマーというが、僕はつい最近まで、ファンズワースの名前を知らなかった。ファンズワースは、1968年マサチューセッツ州生まれ。このリーダー作の録音当時は51歳。油の乗りきったベテラン・ドラマーである。

数々の共演歴があり、その共演歴の資料を見て、該当するアルバムのパーソネルをみれば、ファンズワースの名前を見つけることが出来る。う〜ん、長い間、ファンズワースのこと、知らなかったなあ。

  
Time-to-swing_joe-farnsworth

 
音のエッジが立って、見通しの良い音は現代の「今」の音なんだが、出てくるジャズは「ハードバップ」。奏法の基本はモードだが、難しいことは一切やっていない。判り易く聴き易いネオ・ハードバップと評しても良い。聴いていて、どこかホッとして、どこか懐かしい「あの頃のハードバップ」の演奏を「今」の音で「今」の楽器でやっている。それだけでも良い雰囲気のアルバムである。これがファンズワーズのジャズの音の志向のひとつなのだろう。

ファンズワーズのドラミングは切れ味良くエッジが立って、響きがタイトでスインギー。緩んだところがない、シュッとキビキビしたドラミング。そんなリズム&ビートに「純正ハードバップ」な演奏が乗ってくるのだから堪らない。

収録曲は全11曲、前半4曲がトランペット1管のワンホーン・カルテット演奏、後半の6曲目からはピアノ・トリオ演奏。トンランペットについては「どこかで聴いたことがある」音で、小難しいことをやっていないので、最初は判らなかったが、ウィントン・マルサリスがトランペットを吹いている。

小難しいことをせず、素直に判り易く聴き易いモーダルなトランペットを吹きまくるウィントンは「無敵」である。ピアノは聴いていると何と無く判る。「総合力勝負」のジャズ・ピアニストの代表格、ケニー・バロンのピアノである。端正で明快なタッチでの弾きっぷりは誠に見事。小粋でスインギーな内容の「現代のハードバップ」。好盤です。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・Journey『Infinity』1978

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.03.06 更新

  ・Yes Songs Side C & Side D
      ・Yes Songs Side E & Side F

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.03.06 更新。

  ・浪花ロック『ぼちぼちいこか』
 
 
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から10年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« 素晴らしいテクの連弾ジャズ | トップページ | ドラムが省かれた変則トリオ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 素晴らしいテクの連弾ジャズ | トップページ | ドラムが省かれた変則トリオ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー