« ブレーメンのミンガス 1975年 | トップページ | 春を感じてECMのタウナーを聴く »

2021年2月28日 (日曜日)

フレディ・レッドはまだまだ健在

2021年2月24日のブログで、フレディ・レッド(Freddie Redd)のリーダー作をご紹介して以来、フレディ・レッドが気になってきた。そんな時に、ネットでジャズ盤の情報を見ていたら、偶然、フレディ・レッドの名前を久し振りに見つけた。それも最近の録音みたいなのだ。即ゲットし、即リスニングである。

Freddie Redd『With Due Respect』(写真左)。2014年11月と2015年2月の録音。スティープルチェイス・レーベルからのリリース。ちなみにパーソネルは、Freddie Redd (p), Chris Byars (as, fl, arr), John Mosca (tb), Stefano Doglioni (bcl), Jay Anderson (b), Billy Drummomd (ds), James Byars (oboe on track 2)。基本はセクステット(6重奏団)編成。2曲目だけオーボエが参加。

フレディ・レッドは1928年5月生まれなので、今年で93歳。この録音は2014〜15年の録音なので、86歳での録音になる。86歳にしては、フレディ・レッドのピアノは溌剌としていて切れ味もなかなかのもの。高速フレーズでは少し右手が上滑りするところもあるが、ミスタッチも殆ど無く、変に「ヨレる」ところも無い。高年齢にも拘わらず、堂々とした弾きっぷり。
 
With-due-respect-freddie-redd  
 
全曲、フレディ・レッドの作曲。演奏はセクステットが基本。ユニゾン&ハーモニーが厚みはあるが軽快で、聴き心地の良い響きが素敵である。昔のフレディ・レッドのアレンジとはちょっと雰囲気が違うな、と思ってパーソネルをよく見たら、アレンジはアルト・サックスのクリス・バイヤーズが担当している。

フレディ・レッドの作なる収録曲はどれもが明るく印象的なフレーズが基調で、とても聴いていて楽しいハードバップ風の演奏になっている。そんな中、フレディ・レッドのピアノは好調で、要所要所で「若々しい」弾きっぷりが見事。総合力で勝負するタイプの端正でアーバン・ジャジーなピアノは聴いていた心地良い。

フレディ・レッドは録音当時、86歳。他のメンバーは「息子」と呼んで良い年齢と「孫」と呼んで良い年齢の、かなりの年齢差があるメンバー構成だが、そんなことは全く感じられない。一丸となって、ネオ・ハードバップな演奏を繰り広げている。う〜ん、こういうところも、年齢を重ねる毎に成熟していくジャズならではの良いところですね。
 
 
 
《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        
【更新しました】 2021.02.09 更新。

  ・『TOTO』(宇宙の騎士) 1977

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2021.02.09 更新

  ・Yes Songs Side A & Side B

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2021.02.09 更新。

  ・そしてタツローはメジャーになる
 
  
Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年11ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« ブレーメンのミンガス 1975年 | トップページ | 春を感じてECMのタウナーを聴く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブレーメンのミンガス 1975年 | トップページ | 春を感じてECMのタウナーを聴く »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー